FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

城崎旅行4

2018.05.30 (Wed)


ccc1d9c5-s.jpg

主人一人だと思っていた部屋に戻り、襖を開けると、窓際の縁側に、
主人と奥様の姿がありました。

「早かったんだね」

濡れた唇で、そう、奥様の身体を自分の後ろに隠すようにして言った主人、
何かしら慌てているようにも感じたし、
奥さまの後ろ姿、浴衣の重ねを直しているようにも見えたんですよ。



slider2.jpg

随分と陽が落ちた夕暮れの淡い光微かになり、
川面を、そして、温泉街の街並みを、少しづつ薄墨色に染め始めていて、
そこに、茜色の電灯が浮かんでいました。

志賀先生が何度も滞在されたことで有名な「三木屋」さんの角から、
細い路地にを通り抜けると、
細くなった大谿川に、所々に小さな石橋の掛る細道に出ましたが、
自動車の行き交う本通りよりも、こちらの方が、更に風情があって素敵でしたよ。

温泉で温まった身体を包む浴衣姿に、夕暮れの涼風が吹き抜け、
満たされた気持ちを感じていました。

00232.jpg

散歩を終えると、さぁ、楽しみしてたお夕食、メインはもちろん、紅ズワイ蟹。
香住魚港から直送の紅ズワイ蟹を、特に香住蟹って言うんですね。
浜茹・しゃぶしゃぶ・焼き蟹・甲羅焼の他にも、雑炊とか、お肉とか、
美味しく、食べ切れないほどでしたよ。

s_img_139310_1-600x399.jpg

お酒は、地酒の「香住鶴」、独特の風味があって、えぇ、とっても、美味しかったですけど、
隣のNさんから勧められて、駄目、飲みすぎちゃったみたい。
そんな私の膝に手のひらを這わせて、Nさん、嬉しそうに笑っていたのです。

kasumitsuru.jpg

「お飲み物はいかがですか」
夕食を済ませた後、温泉街の散策を終えて戻ってくると、
綺麗な女将さんが迎えてくれ、フロントの横にあるソファーに案内していただきました。

footprints.jpg

「ロープウェイに乗られた後は、『城崎にて』で書かれたイモリの場所を尋ねられたらいいですよ。ちょっと、歩きますけどね」
なんて、次の日の散策の、相談にのってもらってたら、
「お飲み物、お持ちしました」
って、ハンサムな青年が、冷たいカクテル、持って来てくれました。

「ほらっ、駄目でしょ、そんな突っ立ったまま、それに、片手でなんて」
そんな女将さんの言い方に、ちょっと、びっくりすると、
「次男坊なんですよ」って。

img_134614_1.jpg

跡取りの長男さんは、大阪で料理の修行中、次男の彼は、京都の大学でお勉強中、
時折、帰省した時は、
こんなして家の手伝いをしてくれてるとのことでした。

「旅館の息子が法律勉強したってしょうがないって言ったんですけどね」
そう言った女将さんでしたが、笑みがこぼれて、本当は嬉しそうでしたよ。
幼さが残るような端正な顔立ち、背の高い、清潔そうな男の子でした。

SHOUTA3.png


男の人にしては、細いパパの指先が、
私の最も女らしいひだを、ゆっくりと開くと、
しとどに濡れそぼった柔芽に、ぞろりと舌が触れてきました。
その舌先をもっと欲しくて、白い太もも、自分から開くと、
やるせない甘い声を漏らしながら、腰、うねらせていたんです。

溢れるほどの愛液を啜る音を聞かせられながら、
幾らもしないうちに、腰が跳ね上がり、身体を震わせ、悦びの頂に昇り詰めたんですよ。

kn233_201406181556207a2s.jpg

身体の麻痺が治まらないうちに、もう一度、太ももの付け根に顔を埋めようとしたパパに、
私、潤んだ目で見上げると、すぐに欲しいこと、微かな声で告げていました。

堪らなく欲しかったパパの大好きなもの、溢れるほど滴らせた愛液の中で、
私の身体の奥に届いたことを感じると、それだけで、鋭い悦びを感じた私、
パパの背中を抱きしめ、嫌らしく腰、擦り上げ,
幾らもしないうちに、二度、悦びを告げました。

berochu_5205-052s.jpg

尊敬する志賀直哉先生のゆかりの素敵な街を散策し、美味しい蟹を頂いて、
そして、大好きなパパのもの、身体に奥に迎えて、
やっぱり、これ以上なく、こころも身体も、満たされていたんでしょうね。

「出されたのか」
それは、先ほど、パパたちが居なくなった後の家族風呂での、
Nさんと私の間で流れた時間を尋ねたことに他なりませんでしたが、
大丈夫ではない日なのに、夫ではない男の人の印、
身体の奥に迎え入れたのかもしれない妻。


何も応えないで、パパの首筋に顔を埋めたままのそんな私に、
もしかしたら、パパ、感じてしまったのでしょうか。
急に息を荒げ、それまで以上に激しく腰、突き入れてきたんです。

02291.jpg

「あぁん、パパ、今日は駄目。お口にお願い」

私、大きな柔らかな枕ふたつうしろ髪に当てると、慌ててその時の用意をしました。
月の内、パパの大切な液、身体に迎えられない数日は、
そうして、満足したもらってるんです。

「あぁ、もう」

焦ったような曇った声が聞こえると、
私の身体に跨ったパパ、
慌てるようにして抜き出した愛液にまみれたそれ、近づけてくると、
私、頬ずりもしないままに、お口に含みました。

それと同時に、塊のような、驚くほどたくさんの大切なパパの液、
膨れ上がり脈を打つものの先から、音を立てるようにして、打ち出されてきたのです。

12c92dea.jpg

一滴も零すことは妻である自分にとって、ひどく耐えられないことです。
お口の中に溜まった大切な液、喉を伝って、
そして、身体の中に浸み込んでいくのでしょうか。

大好きなパパに染め上げれることって、こんなことだと思うし、
妻である私にとって、ひどく、幸せな気がするんです。

喘ぎながら、大好きなものの中に残っているかもしれない、
大切な名残の液、音を立てて、吸いたてていました。
パパ、そんな私と目を合わせながら、ゆっくりと髪、撫ぜてくれていたんです。

fellatio_4759-024s.jpg




関連記事
14:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(16)

Comment

柔らかで美しい文章

ゆきひとさん、こんにちは。
コメントのお返事、ありがとうございました。
感激しました。

ゆきひとさんと由香里さんとのお話、
読めなかった時間、でも、その永い時間が、
お二人のことを考えること、
実際に読んでいるいる時間以上に、
育んでいたのかもしれません。

「妻の膣口から垂れ落ちる他人の精を目に浮かべ、…」(妻を想う夜07)
を何度も読み返しながら、
その度に、身体を熱くして息を弾ませていたこと、
恥ずかしいけど、本当のことなんです。

文章のこと、褒めていただいて、ありがとうございました。
ゆきひとさんのようには書けませんが、
これからも、勉強させていただきたいと思っています。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いしますね。
いつか、お二人にお会いできること、
主人と二人で、楽しみに待っていたいと思います。


順子 |  2018.05.30(水) 14:47 | URL |  【編集】

二大ブログ体制

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

二大ブログ体制だなんて、
ゆきひとさんと、私のブログを一緒にしていただいたこと、
とんでもないことだと、恥ずかしく思っています。
やっぱり、内容の重さや、こころの中の表現とか、
とても、かなわないって思っています。

更新、ちょっと、間が空きがちですいません。
お教えしたような理由から、
週に一度が精いっぱいのような状態なんですよ。
ごめんなさい。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.05.30(水) 14:52 | URL |  【編集】

胸が締め付けられる文章

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですよね、柚葉さんや私などと同じように、
ゆきひとさんの再開、
心配しながらも楽しみにしていたファンの方、多いって思うから、
皆、きっと、喜んでいることだって思います。

コメント、ありがとうございました。
随分と前の出来事だった城崎温泉でのこと、
自分の文章を読んで、思い出して、
なんだか、たそがれている、
そんな午後です。

順子 |  2018.05.30(水) 14:57 | URL |  【編集】

白い液の行方

旦那様はNさんの白い液のことが気になると同時に順子さんが危ない日であることを承知でお風呂に二人を残し、奥様との情事と寝取られの両方を得るのと、順子さんへの嫉妬から逝きそうになってしまわれた状況はとても深い描写だと思います。
寝取られやswの描写だとコメントに意欲がわきます。
さて、このあと、順子さんが受け入れた後は
お部屋にお二人が訪ねてこられて、4人で楽しまれるのかな…
これまでにない経験の予告があったような気がして、先読みしました。
わんぱく |  2018.05.30(水) 15:21 | URL |  【編集】

やっぱりNさんは…

読み返してみて、気づいたのですが、
旦那様のクンニより竿がほしいとはじめはさらっと読んでいたのですが、読み返すと、旦那様の「出されたの」という言葉に反応しなかったことをあわせると、旦那様の舌に順子さんの液と混ざった味を感じさせないためだったのでは、という新たな疑惑がな浮かんできました。もちろん竿で貫いてほしいという気持ちもあったでしょうが、禁断の危険な日に出されてしまったのではないかとも思えてしまったのです。
わんぱく |  2018.05.30(水) 17:19 | URL |  【編集】

ざわめく気持ち

順子さま
コメントに更新、ありがとうございます。


襖を開けると…
旦那さまとN奥さまが一緒にいたなんて…
もしかしたらと思っていても、目にしてしまうと、とまどってしまいますよね。
旦那さまの後ろで、さりげなくN奥さまを見せないようにする仕草も、胸がざわめく感じがしました。


順子さまが旦那さまの大切なものを早く欲しくなったのも、隠されたふたりの時間へのわずかな嫉妬のような、旦那さまを取り返したい独占欲のようなものが表れていたのかなと思いました。
旦那さまの言葉にお返事はされませんでしたが、お風呂でのことが、お二人とも興奮する起爆剤になったのでしょうか。
旦那さまとの幸せな時間がすぎると、次はNさんとの時間になってしまうのかもしれない、身体の熱が冷めることがないまま、夜を過ごすことになるのでしょうか。
朝を迎える時、二組の夫婦のパートナーが代わっているのか、満たされた四人で迎えてしまうのか…
続き楽しみにしています。
柚葉 |  2018.05.30(水) 21:26 | URL |  【編集】

一滴たりとも・・

順子様 
更新有難うございます。

今回、「出されたのか」もよろしいですが、「一滴も零すことは妻である自分にとって、ひどく耐えられないことです。」は痺れました。

今は昔、まだ、愛があって小生の雫を口内で受け止めてくれていた家内を思い出しました。少し切ないです。
伊集院 |  2018.06.01(金) 00:00 | URL |  【編集】

禁断の危険な日

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

危ない日に、身体の一番奥に注がれるって、
女にとって、やっぱり、一番悦びの深い瞬間かもしれませんね。
それが、主人でも、そして、そうではなくても、
身体がその温かさに反応して、
いつもとは違う、深い悦びを感じてしまうような気がします。

幸い、今まで、
とんでもないことになったことはありませんでしたが、
先のことを考えることもできないで、
悦びのままに、身体反らせてしまったこと、
何度かあったと思います。

コメント、ありがとうございました。
いろいろなことがあった城崎旅行、続き読んでみてくださいね。

順子 |  2018.06.01(金) 16:04 | URL |  【編集】

次はNさんとの時間

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

今日は、午後から日差しが遮られて、
それに、気温も下がって、過ごしやすい午後です。
柚葉さんはいかがお過ごしですか、
あぁ、お勤めだったですね、ごめんなさい。
でも、金曜日の夜、
まさか、伊集院さんと、中洲でお約束ではないですよね。
ふふ。

いろいろと想像していただいて、
ありがとうございます。
奥さまとの時間がいたたまれなくて、
早く夫に抱かれたかったこと、
確かにそうだったのかもしれません。
そうでなくても、
旅先では、夫、可愛がってくれるんですよ。

コメント、ありがとうございました。
続き、お楽しみにお待ちくださいね。
順子 |  2018.06.01(金) 16:13 | URL |  【編集】

口内で受け止めてくれていた家内

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「まだ、愛があって」だなんて、
そんな寂しいこと、言わないでくださいね。
大好きな人の、大切な男の人の印、
女は身体の中に注がれるのと同じくらい、
飲まされるのも、好きなはずですよ。

匂いがきつくて、青臭い味で、
私も、初めて飲み下すこと経験したころは、
咳込んだり、むせたり、
大変でしたけど、
恥ずかしいけど、今は、
自分の方から、おねだりしちゃうこともあるように、
なってしまいました。
ふと、そんな匂いを思い出してしまうと(栗の花などの匂い)、
身体が熱くなってしまいます。

奥さまも、待っておられるかもしれませんよ。
伊集院さんの印、
今夜は、昔みたいに、飲んでみたいって。

コメント、ありがとうございました。
どうだったか、いつか、教えてくださいね。
ふふ。
順子 |  2018.06.01(金) 16:25 | URL |  【編集】

伊集院さま、順子さまがおっしゃるとおり、奥さま待ってあるかもですよ。
お誘いしてみては?
愛を再確認するチャンス。
けしかけるようで、ごめんなさい。

いいお話しが聞けるのを待ってます。
柚葉 |  2018.06.01(金) 20:00 | URL |  【編集】

家内より・・

柚葉さま

家内より柚葉さまにお願いしたいです・・ふふ・・福岡で・・。
伊集院 |  2018.06.01(金) 21:26 | URL |  【編集】

浮気?

伊集院さんは、順子さんのお口や秘口に入れたいのではなく、柚葉さんに飲ませたくなったのですか?
清純な柚葉さんに味わえさせるのはずるいですよ~
わたしも加えて3pなら許せますけど…上下のお口に差し込んで
このあと順子さんがされるみたいに(ふふ)
わんぱく |  2018.06.02(土) 04:12 | URL |  【編集】

矛先変えちゃダメ

伊集院さまと奥さま、どうすごされたか、
お話しされてるかもと思って、のぞいてみたら…
わんぱくさままで、そんなこと…
さては、お二人とも、順子さまを口説き落とせないから矛先を変えてきましたね。
ダメですよ~
もし、お二人の願いが叶ったら、順子さまの魅力とテクニックに抜け出せなくなる男の人多いと思うから、骨抜きにされちゃいますよ~

翻弄されるのは、順子さまなのか、伊集院さま、わんぱくさまなのか…そんなお話しは、いつか聞かせてもらえる日が来るのかな?
今日、明日、お仕事お休みなら、奥さまお誘いして、順子さまご夫婦のように仲良くすごされて、たくさん愛してあげてください。内側から出る艶めかしいものを感じ取ってくださいね。
柚葉 |  2018.06.02(土) 13:19 | URL |  【編集】

ご夫婦の営み

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
仕事が立て込んでおり、ようやく落ち着いたところで、覗いてみると城崎温泉の夜の帳を美しく表現され、少しの疑念(笑)N奥様への嫉妬心からご夫婦の営みはいつも以上に盛り上がったご様子ですね。
はて?ご主人が「早かったんだね」のコメントが意味深ですね。
少し慌てたご主人のご様子以上にN部長の豪棒が今回も不発だったのでは?
続き楽しみにしておりますね。

PS,伊集院さん、わんぱくさん、責めますねぇ。
柚葉さんの落ち着いたコメントに癒されます。
楽太郎 |  2018.06.04(月) 13:29 | URL |  【編集】

伊集院さま、週末どうおすごしになったのか、いつか聞かせてくださいね。
楽太郎さま、お忙しかったんですね。
いつもみなさまのコメントが鋭くて、順子さまの文章を、そう読み解くのかと楽しみなんです。
柚葉 |  2018.06.04(月) 16:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/491-f954f592

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |