FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城崎旅行3

2018.05.23 (Wed)


oppai_5297-077s.jpg

「じゃ、こっちは、先にあがるから」

そう言うと、主人、奥様の肩にちょっと触れると、申し合わせていたかのようにして、
二人揃って、立ち上がったのでした。

えっ、そう思って慌てましたが、

「僕たちは、もう暫くいいじゃなか」

主人たちの後姿が、湯殿のドアの先に見えなくなると、
それまでにも増して、身体を近づけたNさん、
そっと、私の肩を抱き寄せると、
髪を分けるようにしたくちびる、首筋に触れてきたんです。

cf148b24-s.jpg

「君のこと、思い出す度に堪らなかったよ、この肌、この胸」

そう言いながら、彼の広い手のひら、私の身体を這い回りだしたのでした。

「駄目ですよ」

そう絶え入るように微かに言った私、
けれど、女って弱いですよね。
一度身体を許してしまっていた、もう、他人ではないNさんのこと、
しっかり拒むこと、出来なかったのでした。

尖った乳首を指の間で挟まれ、
その鋭い甘い快感に首筋を仰け反ったのを見計らったように、
巧みにくちびるを奪われると、
ぞろりと滑り込んできたNさんの太く長い舌先。
そして、どろりと懐かしい匂いのする唾液、注がれ飲まされたのです。

deep_kiss_6511-020s.jpg


桃色のものが頭を多い、恥ずかしい喘ぎ声を漏らしていました。
既に、私の最も女らしい溝を知っている彼の指先が、
上手に柔芽を探しだし、緩やかに摩り始めました。

思わず、彼の首に顔を埋めた私、
彼の指の誘いのままに、甘い声、漏らしてしまっていたのです。

彼の太い二本の指が身体の中に入り込み、そして、広がりながら動き出すと、
驚くほど僅かな時間で、身体を強い麻痺が襲い、
そんな私の姿笑みを浮かべ見下ろす彼の望むままに、
悦びに昇り詰めることを告げながらも、
その強い快感に恥ずかしい声を出してしまうことが怖くて、
私の方から彼のくちびるに、吸い付いてしまっていたのでした。

deep_kiss_6511-021s.jpg

荒い息の治まらないまま、舌を絡ませながら、
引かれるままに、彼の男の人のものに、指を絡めていました。
それは、地中海の船の中で、街のホテルの部屋の中で、
幾度となく、私を狂わせた、あの逞しい男の人のものに他なりませんでした。

台湾で、心配したこともあったけど、
あぁ、この街で、自分の身体が、もう一度、彼のもの、受け入れること、
息を弾ませながら、観念させられたように思ったのです。


「さぁ、あの時みたいに、可愛い声聞かせるんだよ。すぐに済ませるから」

そう言うと、Nさんに抱きあげられ、
湯殿から立ち上がった私の片足を湯船の淵に付かせると、
下から嫌らしく、腰を摩り上げようとしたんです。

今しがたまで、彼の指を迎えていた秘唇には、
そんな彼のものを、迎えるための、透明な蜜液、滲んでいたのかもしれませんね。

furo_agari_4991-169s.jpg



関連記事
16:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

のぼせませんでしたか?

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
UPありがとうございます。
ハワイから帰国されてから気管支炎は快癒されましたか?季節の変わり目なんでご自愛くださいね。
さて、城崎温泉のこのお宿は「私の記憶に間違いなければ~」のフレーズで一番高いお宿かなと思いましたが、如何でしょうか?貸切風呂は利用したことなかったのですが、あちらのお湯は結構熱く、イヤらしいことをしなくてものぼせそうになったので、N部長の次の展開が大丈夫かな?と心配しながら読ませていただきました(笑)
果たして順子さんの悩ましい喘ぎを聞くのか?はたまたN部長の憂鬱な声になってしまうのか?興味津々です。
楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.05.23(水) 16:38 | URL |  【編集】

順子さま
更新ありがとうございます。

Nさんと二人きりになったお風呂でのつかの間の時間。何もないわけがありませんよね。

逞しいNさんのものを目にされて、肌の感触や味わった身体の熱くなる反応を思い出されたのではないでしょうか。

お風呂での時間以上に、鳴かされるような行為が待っているのか、続きが待ち遠しいです。
柚葉 |  2018.05.23(水) 20:36 | URL |  【編集】

う~~ん、湯船、湯殿・・

順子様
”元祖”更新有難うございます。

さて、湯船での・・?
ありました、ありました。

寅之助さんとの「弘前の雪景色」以来ですかね?

それに城崎温泉といえば、以前ご家族みんなで行かれた時も「気絶するほど愛されましたよね・・」楽しみです。

城崎温泉は、順子さまにとってハードセックスの聖地のようですね。

伊集院 |  2018.05.23(水) 23:09 | URL |  【編集】

悩ましい喘ぎ

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、結構皆様ご存じのホテルですよ。
山に向かって左側の、
ここには、もしかしたら不釣り合いのホテルかもしれません。

そんなホテルで、何度悩ましい喘ぎ声、漏らしてしまったのでしょうか。
主人以外には聞かせてはいけないそんな声、
それも、主人のすぐそばだっていうのに。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.05.24(木) 15:58 | URL |  【編集】

肌の感触や味わった身体の熱くなる反応

椎葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

最近は、椎葉さんと、
コメントを書いてもらっている男性とのお話ないですね。
まさか、私の知らないうちに、誰かと逢われているんじゃないですか。
ふふ、
それは、それで、素敵ですけど。

Nさんとは、本当に思いもかけない出会いから、
そして、ご一緒した旅行。
いろいろなことが、思い出として、
身体に残っています。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.05.24(木) 16:02 | URL |  【編集】

ハードセックスの聖地

伊集院さん、こんにちは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

まぁ、随分と昔に書いた、城崎温泉でのお話、
思い出していただいて、
ありがとうございます。
えぇ、くっきりとしたキスマークの付いた胸元を、
子どもたちに見られないようにって、
困ったときもありましたね。

懐かしい寅之助さんとの雪景色も、
素敵だってです。

コメント、ありがとうございました。
姪っ子のところに毎日のように出かけて、
お手伝いしてます。
赤ちゃんが可愛くて、可愛くて、
やっぱり女ですね。
赤ちゃんつくる時が、一番幸せだったのかもしれません。

順子 |  2018.05.24(木) 16:07 | URL |  【編集】

順子さん

お久しぶりです。

とても柔らかで美しい文章が順子さんの魅力ですね。それでいて、淫らで官能的な女性の内側が伝わってきます。

これからも更新を楽しみにしています
無理せず、マイペースで構いませんから。


ゆきひと |  2018.05.28(月) 23:13 | URL |  【編集】

ゆきひとさん

順子さま

ゆきひとさん。再開ほんとによかったですね。ご同慶の至りです。

ここへのコメントでしりましたよ。
すでに順子さまもコメントされてましたね。

大好きな二大ブログ体制がまた整いまして望外の喜びです。

順子さまもゆきひとさん。に負けじと更新お願いいたします‼️
伊集院 |  2018.05.29(火) 19:09 | URL |  【編集】

順子さま

ゆきひとさまがブログでコメントされてあると、うぢさまと順子さまのコメントでのお話しで知りました。
バージン★ママにゆきひとさまからのコメントもあり、お元気そうでよかったです。
やはり、何かあったのではないかと、皆さま心配されてましたよね。

ブログの再開も、ファンの皆さまも本当に喜んでるでしょうね。
私も、そのひとりです。
あの繊細で深い、胸が締め付けられる文章の世界を味わうことができるなんて…
順子さまの、しっとりとした柔らかい流れるように引き込む言葉といい、お二人とも読者の心をぎゅっとさせてくれます。

更新を楽しみしていますが、無理はしないでくださいね。
こっそり応援しています。
柚葉 |  2018.05.30(水) 01:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/490-14daaa89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |