FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

一条戻り橋6

2018.02.26 (Mon)


揺すられる身体の揺れで、ぼんやりと目を開きましたが、
それは、シーツの上に伏した自分の身体に、さっきと同じように、
あの恐ろしい男の人のもので、後ろからしっかりと繋がっていた彼の、
私の肉襞を味わうような、緩やかな動きだったのでした。

back_5252-035s.jpg

幾らもしないうちに、また、襲い掛かってきた、恐ろしいような快感。
これ以上はない力でシーツを握り締めると、
動物のような声を漏らしながら、悦びの頂に昇り詰めようとしていました。

主人のことは、こころにありませんでした。
ただ、自分の熟れ始めた女体が求めるがままに、
正直に、身体とこころを、その瞬間に委ねていたのです。

「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

24135-690x900.jpg

女将さんが言った事は嘘ではありませんでした。
彼のものを、自分の身体が、そして、こころが、
間違いなく忘れることができないように、しっかりと染め上げられたこと、
ただ、正直に納得すると、
差し迫ったような、曇った彼の声を聞かせられながら、
まっしろな頂に、昇り詰めて行ったのでした。

43aedd7b.jpg

何かしら恥ずかしいこと、叫んでいたようにも思え、
気が付くと、初夏だと言うのに、幾らか冷たく感じる清潔なシーツの上に、
横たわっていました。
けれど、軽い夏布団の掛けられた身体からは、
さっきまで身に着けていた、薄いワンピースが脱がされ、
ベッドの傍らの椅子の背もたれに、だらしなく掛けられていること、
潤んだ視線の先に見て取れました。
そして、胸元に当てた手が、恥ずかしい下着姿であることを教えてくれたのです。

部屋の隅にあったモダンなデザインの行燈から漏れる、
茜色の淡い光が、高い天井をほんのりと染め上げていました。

ゆっくりと身体を起こすと、夏布団が滑り落ちて、
下着姿の胸元に、思わず手を当てたのです。

497ccfd7.jpg

その時、音もなく敷居を滑るモダンなデザインの襖が開くと、
寛いだ部屋着の彼が、顔を覗かせました。

「あぁ、目が覚めたようだね。ちょっと、びっくりしたよ。
ソファーに寄り掛かったまま、何も言わなくなっちゃって、
そんなに飲ませてないんだけどね。どうする、泊まってく?」

滑り落ちようとした夏布団を手繰り寄せ、
夫ではない男の人に家に、泊まれることなどできないはずの人妻なのに、
私、すぐに断ることできないでいました。
それは、今しがた見た、恥ずかしい夢のせいだったのかもしれませんね。

それに、夫が京都に来るのは来週、
叔父さんは今夜と明日は、いつものように大学の宿舎だし、
大好きな夫いる人妻であるはずなのに、
そんなこと、僅かの間に巡らせている自分に驚いてもいたのです。

その夜、彼との間で、どんな時間が流れてしまったのか。
それは、ごめんなさい。
ひ・み・つ です。
ふふ。

mig.jpg

関連記事
14:37  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(16)

Comment

この人を抱きたい

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

雪も随分と消えて、街が明るくなってきましたよ。

この人を抱きたいって思った人、
夫のいる人妻でありながら、いろいろな人、に身体を開いてきましたが、
殆どから、男の人の方から求められたことで、私の方からってないって、
思いたいんですけど、
カテゴリーにある「よし君のこと」に出てくる彼とのお付き合いの中では、
そんな気持ちがあったのだろうと、そう思います。

伊集院さん、実は、柚葉さんの近くにお住まいですよ。
お花のフェアがあっている、ハウステンボスでデートされるのって、
素敵かもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.02.26(月) 14:49 | URL |  【編集】

たっぷり注ぎ込んで

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
お仕事、お忙しかったみたいですね。

あぁ、九州にいらっしゃるって、告白されましたね。
お二人、どうなっても、私のせいではありませんよ。
ふふ。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.02.26(月) 14:52 | URL |  【編集】

2股?

順子さん、この前は私をそそのかし、今度は近くにすんでるって伊集院さんをけしかけ、男達を手のひらの中で転がしてますね~
その夜は、ふふ 秘密といいながら
夢と同じ、いやそれ以上たっぷりとかわいがられ、袋の中に直接注がれたことでしょう。この情景はやっぱりかけなくても、誰もが想像してますよ~
わんぱく |  2018.02.26(月) 15:28 | URL |  【編集】

蕩ける時間

順子さま、こんばんは。
更新、ありがとうございます。
 
もしかしたら、夢のなかをただよっていた
時間だったのかな?そんな想いも実はありました。
前回のお話から、すでに牧田さんと肌を合わせられていましたが、順子さまがそんな時間を過ごされるなら、きっと、お洋服や下着、手の動きや、息づかいを表現されるんじゃないかなぁ…なんて…
順子さまと、わんぱくさまの先読みをまねてしまいました。
すてきな表現、さすがです。
いやらしすぎない、そして、じわっと身体がほてる感じ。
一度でも、肌を重ねた牧田さんとすごされた時間は、蕩ける快感を味あわれたのでしょう。
本当にすごされた大切な時間の流れを、二人だけの秘密にされたい気持ち、情景は、想像せずにはいられません。

順子さまの、最後に、ふふ、ひ・み・つ
です。ふくみがあって好きですよ。

質問にお答えいただいて、ありがとうございます。
「よし君とのこと」読ませてもらって、
やはり、思い入れのある男性であったとは感じていました。
後日談の、電車の中で、通り過ぎて行く彼の背中を見送る順子さまの姿を思った時に、ギュウっと胸にくるものがありました。


わんぱくさまと屋台でお酒に、
伊集院さまとハウステンボスでデート
楽しそうですね。
楽太郎さまを呼んで、みなさんと集合して、「バージン★ママ」の話に夢中で語らいをしてそう。
順子さまのことを、どう昂ぶらせて執筆
の励ましにするか、勉強会になるかも…?

早く街も明るくなって、すごしやすくなるといいですね。
最近、福岡も暖かくなってきました。

長くなってごめんなさい。
執筆、楽しみに待ってます。
柚葉 |  2018.02.27(火) 01:58 | URL |  【編集】

幽玄の世界に誘われてかな?

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
今回は最終的には「ふふ。」ですね。
ご主人を忘却の彼方へと置き、淫蕩にふけるいけない人妻「順子」。牧田さんの紳士的な振る舞いが順子さんにとってはある意味もどかしくなり、ご自身を淫夢へと貶めてかもですね。
「立てば芍薬 、座れば牡丹 、歩く姿は百合の花」の表現はきっと順子さんそのものであり、楚々とした優美な振る舞いが牧田さんをもどかしく思わせ、牧田さんがが渇望するひと時の空虚を彷徨う時には、彼を狂わせ、艶めかしい姿態が牧田さんの理性を奥深く沈める罪深き女性となり、幽玄の世界へと互いを誘なったのでしょうね。
式神は全てを見通して、順子さんと牧田さんの逢瀬は阿鼻叫喚ではなく玲瓏たる笛の音のように古民家の中で奏でられたですね。
最後の「ふふ」とお二人だけの秘密にしたいという惚れた女心の表れでしょう。

皆さん同様順子さんの執筆活動に心より応援しております。

楽太郎 |  2018.02.27(火) 11:43 | URL |  【編集】

愛妻倶楽部

順子さま みなさま
こんにちは、柚葉です。

先日、わんぱくさまから教えてもらった
愛妻倶楽部に掲載されている
「DELETE」読ませてもらいました。

男性目線と女性目線の違いがやはり違いますね。
旦那さんの願望から始まったこのお話し。
しかけたはずなのに、奥さんの動向や、
声のトーンの違いが気になったりして、
奥さんの相手の男性に対する揺れる心を感じながらも、こうあって欲しいという、わずかな期待感。
奥さんの見た目からは読めない、
でも、相手の男性と、どうなっているのか知っているだけに、奥さんの変化に対する嫉妬みたいな素の感情、取り戻したくなる気持ちが伝わってきます。

見た目は、ごく普通の女性のようですが、遊び慣れた男性しか気づかないのか、
奥さんの肌に惹かれる男性たち。
手を握っただけで見抜く。
「しっとりと肌がぬれて、身体が融けていく感じ」と、初体験から600人女性を抱いた男性が言う言葉。
旦那さんは、その男を魅了する肌のことは気づいていなかった…
いつもあたりまえに触れてたからなのか…
他に女性経験がなかったからなのか…

この小説読ませてもらって、
順子さまの身体が、自分から求めている場合と求められる場合の裏付けがわかったように感じました。
やはり、触れたい、触れられたい、手から伝わる感触を味わうことから、身体の関係は始まっていくような…
なんだか、うまく伝えられませんが、
読ませてもらってよかったなぁと思いました。
この作者さん、頭がいい方だと思います。
そんな印象を持ったのは、読みやすい、
背景がしっかり浮かぶ、登場人物がしっかり表されてるってところです。
実体験のお話しみたいですね。
海外赴任されるようで、もうすぐ完結されるみたいです。
つぎは、順子さまも身体を熱くされた
「愛妻ストーカー」読ませてもらいます。
読書感想文、やっぱり長くなりました。
いつも、ごめんなさい。
寝取られの世界に、思考だけどっぷりつかってすごしてきますね。
柚葉 |  2018.02.27(火) 13:37 | URL |  【編集】

指の感触

しっとりと伝わる肌の感触と同じように、男の指の感触も様々で、私自身のことですが、指の感触がとっても柔らかなのです。このことに気づいてくれる女性が時たまお見えで、そこに気づく女性とは相性がとってもよいのです。やはり多くの男を知った方は違いに気づかれるのかな…
柚葉さんにお聞きしたいことが、本来この場でなく内緒で意見を伺いたいのですが、方策がないので…
DELITEで妊娠できない陽子さんは当然そのまま男の液を受け入れると思いますが…その後、女性は漏れ出すこと承知でそのまますてきな下着つけるものでしょうか?
やはり小説で旦那様が痕跡を見つける設定の為でしょうか?
旦那様が下着を確認するとは思ってなくても…身だしなみの点でどうなんでしょう~
やはり男性目線のストーリーと思えてしまえて…
詰まらぬことで失礼しました。
わんぱく |  2018.02.27(火) 16:14 | URL |  【編集】

そのまますてきな下着つけるもの

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、たくさん、ありがとうございます。

それは、あくまでも、ひ・み・つ です。
ふふ。
読んでいただいている皆様の、ご想像にお任せしますね。

しっかりと後始末をしたつもりでも、
ふいに、流れ出すものを感じることってありますね。
下着、汚れてしまいますけど、
それ、仕方のないことだって、諦めます。
帰宅した後、主人が私の下着、
調べることってないだろうって思っていますけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。



身体の相性って、絶対にありますよね。
前に書いている、血のつながりの濃い、いとことのことで、そのこと気づきました。
自分の身体のために、彼の身体があるみたいで、悦びも深いんですよね。
わんぱくさんのご意見に賛成です。
順子 |  2018.02.27(火) 17:41 | URL |  【編集】

DELETE

順子さま みなさま こんばんは。

わんぱくさまの気にされていた、下着のことは、順子さまのお話しされていた通りだと思います。
大丈夫と思っても、ふいに流れてくる感覚。人によっては、汚したくないというより、あふれる感覚を心配されて、ティッシュや、パンティライナーなんかで対応してる女性もいます。

小説の中の陽子さんは、確かに、妊娠しない身体ということもあり、男性の精液をそのまま受け入れることに問題はないかと思いますし、女性としては、自分の身体で気持ちよくなってくれてると思うと嬉しいでしょう。
陽子さんの境遇としては、旦那さんに内緒の他の男性たちとの逢瀬なので、シャワー浴びたり、気をつけた結果だと思います。
旦那さんが、陽子さんの様子から、実際はどうであったのかが判断できなくて、下着を見ることで痕跡をつかみたかったのでしょうね。
男性の嗅覚とか本能みたいなものでしょうか。視覚で興奮するというか…

わんぱくさまの指は、すてきなのですね。
手は、その人の人柄を表してるような気がします。
男性の手は、ゴツゴツして硬くて、
爪をチェックしたり…女性はけっこう見てます。
手を見て、人によっては触れられたくないとか言う女性もいたりします。
見抜く女性に出逢えたなんて、よかったですね。
肌が合うって、大切な要素だと思います。
順子さまと、いとこさんのお話しも読ませてもらった時に、単純に、ただ素直に
気持ちよさそうって感じました。
みんなが、もち肌だったらある意味大変。
特別な出逢いになったんじゃないでしょうか。私も、ボディクリーム塗り込んでみようかな?


柚葉 |  2018.02.28(水) 01:38 | URL |  【編集】

肌が合うって、大切な要素

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「DELITE」、まだ読んだことないんですけど、
これから、見てみますね。
きっと、素敵な作品だと思います。

赤ちゃんのこと、心配しなくていい身体って、
それは、それで、都合がいいのかもしれませんけど、
でも、やっぱり女として、悲しい気がします。
大好きな人との赤ちゃん産めたこと、
私の場合は、堪らなく幸せなことでした。
それに、危ない日、夫ではない男の人に出されてしまうことって、
変だけど、悦びも強いような気がします。

抱かれたくないような指先の男の人と、お逢いしたこと、
幸いになかった気がします。
私にとって、これも、幸せなことなんでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
今夜は回鍋肉、
美味しいって言って食べてくれる夫の笑顔思い出しながら、
せっせと作りますよ。
天気がまた悪くなりそうですね。
やだなぁ、カラって晴れた青空、見たいです。

順子 |  2018.02.28(水) 16:43 | URL |  【編集】

官能小説 他人に抱かれる妻

順子様
更新有難うございます。

さて、こちら小生のおすすめです。 http://norinori2009.blog81.fc2.com/
どれも秀作です。基本NTR(ネトラレ)です。人妻がいろんなことがフックとなって、他人に絡め取られ
順子様同様、背徳の証を膣奥に迎えます・・

バージン★ママの中で、他のブログをご紹介するのも少し気が引けますが、皆さんでいろんなブログを共有できたら素敵だと思います。

順子様御赦しください。

PS.柚葉さまの中出し処理話、なんだか生々しくてとっても興奮しました!(^^)!
伊集院 |  2018.02.28(水) 20:50 | URL |  【編集】

小生のおすすめ

伊集院さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

興味深いサイトのご紹介、ありがとうございました。
早速、読んでみましたが、なかなかやめられないほど、
どきどきのお話なんですね。
勉強になります。
もちろん、フィクションなのでしょうけど、
主人公が、勝手に動き出すのって、
「幸せの行方」で、経験しています。

えぇ、柚葉さん、きっとそんな経験多いから、
生々しく書かれたんでしょうね。
ふふ。

コメント、ありがとうございました。
風が強くて、たいへんです。
皆さんのところ、大丈夫かなぁ。
順子 |  2018.03.01(木) 10:17 | URL |  【編集】

伊集院のリクエストシリーズ

順子様

いずれもお応えいたいておりますリクエストシリーズ。

今回、また色々遡ってコメントを読んだなかに・・。

わんぱくさん宛のレスでこんなのがありました。

「複数の男性に、同時に愛されたこと、実は、何回かあります。いつか書いてみますね。 」

出典は「白馬のスキー場5
2015.03.24 (Tue)」

バージン★ママでは、別荘などでの部屋を分けての広義の複数Pはありますが、順子さまに群がる形の複数Pはまだありまんよね。

筆下しに続く、リクエストよろしくお願い申し上げます。

PS.もしかして城崎温泉で・・?


伊集院 |  2018.03.03(土) 13:38 | URL |  【編集】

愛妻倶楽部

順子さま みなさま
こんばんは 柚葉です。

順子さまも読まれたとお話しされていた
愛妻倶楽部掲載の「愛妻ストーカー」
読ませてもらいました。

作者が旦那さま「やっさん」さん 
   奥さんの裕子さん
スタイル抜群の美人妻
夫婦でお店をされていて、お洋服を扱うお仕事をされてあるだけあって、下着からお洋服に至るまで、お二人でコーディネートされたりして楽しそうな一面もありながら
裕子さんの持つ素材の良さを存分に発揮させる旦那さんのセレクトがすばらしいです。他の男の人をその気にさせるために、ミニをはくことが多く、身体の線のすばらしさも読んでて妄想できるほどです。
旦那さんの癖のために、最初は嫌がっていたことを受け入れてスパイスになってて、
仕事絡みで出逢ったF氏の登場で、裕子さんは旦那さんから離れてしまうんじゃないかって、不安に感じましたが、
F氏が、旦那さんの前で裕子さんを抱きながら、誘導するように語りかける感じで、裕子さんの心にあったことを旦那さんが知り、F氏から取り戻した結末に安心しました。裕子さんは旦那さんの子どもが欲しかったようです。
旦那さんは、そんな気持ちを知らず、他人に抱かれる裕子さんを見て興奮してたし…
裕子さん承知でカメラしかけて見てたり。
F氏の話を聞いていて旦那さんが思い出したのは、F氏とは別の男の人から、中に出されてしまった時に、裕子さんの表情が曇ったことの理由がわかり、身体は他人に抱かれても、心の底には旦那さんがいたことを感じられたんでしょうね。
悟った感じがせつなかったです。

「DELETE」の陽子さんは、したたかさを
「愛妻ストーカー」の裕子さんは、従順さをふたりの女性は、女の人なら持ち合わせる
ものを、ようやく表に出せたのかな?なんて思いました。
裕子さんが旦那さんに話されていた
「あなたは、大事なものが、見られたり、触られちゃうことに興奮するのよ」
男の人の狩りをする本能的なものなのか
興奮して、取り返したくなるのでしょうか。自分のものって確かめたくなるというか…。旦那さんにうながされつつも、楽しまれてるところもあり、でも、やっぱり旦那さんのそばから離れたくないのが本心なのかな…
快楽だけで繋がった関係に深い愛は存在せず、そもそも、求めていない?
追求したら夫婦はお別れしかないのかな?
独身の身としては読み取れないものがあります。夫婦の形はそれぞれと想像はしても…
順子さまといい、わんぱくさまといい、
おすすめされるだけありますね。
お二人ともさすがです。
伊集院さまも教えてくださったお話し。
また、考えさせられる内容なんでしょうね。読書感想文いりますか…?なんて…
また長くなりそうですよね。
いつもごめんなさい。

順子さまの更新を待ちわびている間に、
読ませてもらい、妄想のトレーニングしてきますね。
柚葉 |  2018.03.04(日) 01:40 | URL |  【編集】

読書感想文

柚葉さま

順子様の執筆ブランクを繋いでいただき感謝申し上げます。

「DELETE」と「愛妻ストーカー」、まだ読んでおりません。いつか読んでみます。

小生がご紹介した分は、ブログ全体を推薦しましたし、大量にコンテンツがございますので、感想は結構ですよ。お気になさらないでください。

感想書くのって大変ですよね。
わざわざ、小生の名前まで出していただき柚葉さまのお心遣い感謝申し上げます。


伊集院 |  2018.03.04(日) 10:56 | URL |  【編集】

文章の好み

順子さま みなさま
こんにたは、柚葉です。

伊集院さまから教えてもらったお話し、
大量コンテンツなんですね。
順子さまの書かれる文章が好きな方たちからのおすすめだけあって、順子さまも読んだことがある作品だったりして、気持ちが入り込みやすいです。
好みが似ているのでしょうね。

順子さまも、よく勉強になりますって、
おっしゃってますものね。
執筆にあたり、いい影響があるのは、
私たちファンにも喜ばしいことですしね。


順子さまが、ストレスなく、心の赴くままに表現される時を楽しみにしています。
柚葉 |  2018.03.04(日) 12:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/487-130d11cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |