FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

一条戻り橋4

2018.02.18 (Sun)


1485744443.jpg

「ここなんだよ、仕舞屋造りなんだ」
そう言って、懐かしささえ感じる優しい音とともに、
誘われるがままに格子戸を潜り抜けると、
出窓格子からのうっすらとした光が、建物の中の向こうまで射し込んでいました。

mainimg-18.jpg

あぁ、前に書いたことがある、留学生のボブのところも、
ここよりはずっと狭かったけど、
町家と呼ばれている、こんな建物だったこと、思い出していました。

「子どもたちも独立して、独りだからね。でも、リフォームには随分かかったんだよ。
 ちょっとしたマンション、買った方が安いくらいさ」

昔からの、京都の町家の間取りを活かしながらも、
床も壁も、吹き抜けの天井もモダンな設えで、裏庭の苔庭の可愛らしい木々なども、
本当に素敵に出来ていました。

nana1.jpg

外見からは、きっと、想像できない洋風なフローリングの部屋、
興味深げに見ていた私の視線の先に、
あらっ!これ、さっき、清明神社でみた、あの、五光星の置物が、
微かな光を放ちながら、光っていたのを見つけました。
「あぁ、それ、清明の力が、少しでももらえるかなぁって。
 ちょっと待っててくれる、飲みもの持ってくるから」」

mig.jpg

そう言って部屋を出ていった、まぎれもない彼の声だったのに、
レストランで重ねてしまったお酒の酔いのせいでしょうか、
それとも、その五光星から放たれた怪しげな光のせいだったのでしょうか、
急に、めまいのようなものを感じ、
身体にまとわりついた何本の手に引き下ろされるようにして、
ふらふらと、傍らの趣味の良いソファーに、座り込んでしまった私。

そんな私の身体を包み込むように、
どこからか、彼のものではない、低い響くような声が聞こえてきたのでした。

「あなたとの契りを求める男の祈りをかなえるために、
戻り橋の下で、式神たちと逢わせたのです」

えっ! 式神って、あの陰陽師が使う妖怪? 
あぁ、もしかして、戻り橋の濃い影の中で擦れ違った、あの人たちのこと。

肌触りの良いソファーに寄り掛かるしかなかった私、
その言葉さえ、虚ろな頭の中では、
蕩けるようにしか、聞くことしか出来なかったのでした。


「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

sex_5165-158s.jpg



関連記事
11:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

Comment

男性陣は、なぜ僕たちじゃないんだ

柚葉さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

また、雪がひどくなってきました。
鉛色の空で、お出かけももちろん無理。
家で、ごろごろしています。

えぇ、由香里さんたちとお逢いすること、
楽しみにしています。
きっと、いろいろなお話、できるかなぁって思っています。

ふふ、これまで、コメントを書いていただいた男の人とは、
実は、何人かの人とは、実際お会いしたことがあります。
まだの方とも、いつかお逢いすることができること、
楽しみにしてるんですよ。
その時は、優しくしてくれるかなぁって。

文章お上手だから、書いてみられると、
私なんかよりも、素敵な小説ができると思いますよ。
あぁ、私も機械音痴です。
このブログも、PCのことは全部主人任せなんです。
写真の貼り付けも、頼んでるんですよ。

お話の背景や情景、できるだけ詳しく書くようにしてます。
その時のこと思い出せないときは、
いろいろ、調べて書いてるんですよ。

今夜は寒いから、カニ鍋の予定です。
今季節ですからね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。



順子 |  2018.02.18(日) 11:44 | URL |  【編集】

あれを知ってしまったら

この言葉、とても好きですね~
私自身も自分の竿で交歓する女性に対して、身体に覚え込ましたいと思っています。
この前、4人で楽しんだ時に、相手のカップルさんの女性から初めて交歓したとき気持ちよかったから、楽しみにしてたといわれたのでよれしかったです。
やっぱり身体が覚えているような行為になればと思ってます。
順子さんも2度目以降も会われる方達は、きっとすてきな刻印を身体に押されたからでしょうね~
わんぱく |  2018.02.18(日) 12:11 | URL |  【編集】

すてきな刻印を身体に押されたから

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございました。

日曜日、いかがお過ごしでしょうか。
雪はどうですか。
こちらは、また、降ってきて、
どこにも出られないでいます。
お昼は、手作りピザにして、ワインも飲んじゃいました。

あぁ、相手の女性の方が言われこと、
私も分かります。
やっぱり、初めて身体を繋げて、
他人ではなくなった時の印象って、本当に大切だと思います。

コメント、ありがとうございました。
楽しい日曜日、お過ごしください。
順子 |  2018.02.18(日) 12:31 | URL |  【編集】

順子さま こんにちは。
昨日、仕事の休憩が終わる頃にのぞいたら、更新されてて、テンションあがっちゃいました。
ありがとうございます。 

牧田さん、順子さまのことが忘れられずに過ごされていたんですね。
さらっと、強引な感じもした牧田さんも
晴明の力を借りて、順子さまを誘う勇気をもてたの、なんだか好感がもてました。
ご自宅に案内されたことも、大切に思う女性だったからだと思います。
 
今、旦那さまのもとに、しっかり戻られていることは、もちろんわかっていますが
戻れないかもしれなくなる危うさもどこかあり、胸が苦しくなります。
私が思うのは、旦那さましか、順子さまを
ここまで輝かせる男性はいないんじゃないかということです。
妻フェチで妻自慢のようなものも、要素としてあるのかもしれないし、自分のところに必ず戻ってくるという安心感も含まれるのかな?とも…
旦那さまに抱かれている順子さまが一番
しっとりしているように感じるからかもしれません。
私は、順子さまファンでもありながら、
旦那さまの隠れファンでもあるようです。
 
順子さまみたいに、文章書かれる方から
ほめられたりして、くすぐったい感じがします。
季節の移ろいとか、想いとか、自分の伝えたい言葉にのせて伝えるのは難しいと思いますが、ふわっと、引き込ませる順子さまの世界に、コメントさせてもらえるだけで
楽しいです。
あまり物事を深く考えたりしなかったのが、ブログを読ませてもらうようになって
変わってきた自分がいるので、ありがたく思っています。
エロトークの才能がないので、私にはできませんが、皆さまのお話を楽しみにさせてもらってます。

お天気悪くて、気が滅入ることもあると思いますが、執筆、頑張ってください。
楽しみにしています。
柚葉 |  2018.02.19(月) 11:32 | URL |  【編集】

柚葉さんの気持ち

柚葉さんのコメントから、きっと順子さんの旦那様への憧れが、つまり自分に対してご自分の旦那様が、素敵な寝取られだったらと空想し、その世界でさまよう自分をみてみたいような…うまく表現できませんが、そんな気持ちの願望があるように思えてくるのです。つまり、非現実的世界でのヒロインのように~
勝手な思いでかき、失礼しました。
わんぱく |  2018.02.19(月) 12:58 | URL |  【編集】

自分のところに必ず戻ってくるという安心感

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

牧田さん、素敵な男性です。
柚葉さんも、一度逢ってみればわかります。
きっと、ふらふらっと、してしまいますよ。

「戻れないかもしれなくなる危うさもどこ あり、胸が苦しくなります。」
主人に抱かれているときも、こころは違う男性に思いをはせる瞬間があります。
主人の大切な液、身体の奥に注がれるその瞬間に、
別の男の人のことを思っているときがあります。
お互いのところに、お互いが戻ること、
分かっているからだろうと、そうは思っているのですが。

主人の隠れファンなんて言ったら、
主人喜んで柚葉さんに逢いにいっちゃいますよ。
素敵な女性だから、私、きっと、許してあげるって思います。

ものごと、深く考えたりしません。
だから、その時の流れに任せて、身体のもとめるがまま、
恥ずかしい時間過ごしてしまうのだろうと、そう、思っています。

簡単なブログ、始められたらいいのに。
もちろん、私みたいに呆れられるようなHなお話、
書かなくていいんだから。

歩道の歩けないほどだった雪、随分と溶けてはきましたが、
相変わらず、鉛色の空です。
あぁ、お勤めに行かれているんですね。
ごめんなさい、こっちは専業主婦で、楽させてもらっています。
勤めると「よし君とのこと」(カテゴリーからどうぞ)みたいなこと、
また、あったら困るから。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.02.19(月) 15:52 | URL |  【編集】

素敵な寝取られだったらと空想

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、わんぱくさん、そんなこと思われていたんですね。
柚葉さんが、自分のだんな様にそんなことおもっているなんて、
でも、それって、
柚葉さんが、だんな様以外の男の人に抱かれることに他ならないんだから、
たいへん。
でも、もしかしたら、わんぱくさんが言われるように、
柚葉さんも、どこかに、そんな願望、
だんな様以外の男性に抱かれること、思われているのかもしれませんね。
知りませんよ、
わんぱくさんがそんなこと言って、本当にそんなことになったら。

ありがとうございました。
いつも、楽しいコメント、ありがとうございます。

順子 |  2018.02.19(月) 15:59 | URL |  【編集】

順子さま わんぱくさま
コメント、ありがとうございます。

順子さまファンすぎて、憧れの気持ちが表れてしまって…

ちゃんとお話ししておきますね。
私は独身です。
年齢的にも行き遅れですが、実年齢と見た目が一致しない感じです。
それは特なんでしょうけど…
なんだか、そっけなく見られているよう。
経験が皆さまのようにはないです。
それはそれで、いいのかなぁとも思っていたりもします。
もし、旦那さまがいたとして、相手が望むことなら、受け入れる自分がいることも
感じています。
だから、余計に順子さまのお話しに魅了されているんだと思います。
皆さま、私の話、妄想違いをさせてしまってごめんなさい。

順子さま、お仕事出られたら、確かに危険な気がしますね。
旦那さまの興奮の材料になってしまいます。今以上にスパイスが増えて大変。


わんぱくさま、男性目線でいかがですか?
経験がたくさんおありなのは、コメントで読ませてもらっていますが、奥様がお仕事されてて、他の男性と、わからないところで、接触される不安感とか感じられますか?
兼業主婦の方は多いから、そんなこと心配してたらおかしいかな?
何かのきっかけで、レスが、フルになったなんてご夫婦もいるようですもんね。
魅力の再確認みたいなことでしょうか。

雪は、きれいで神秘的ですが、今年は本当に大変でしたね。
少しは、落ち着かれたみたいでよかったです。
続き、楽しみです。
柚葉 |  2018.02.19(月) 16:55 | URL |  【編集】

失礼いたしました。

柚葉さん、私の思い違いであらぬこと申し上げすみませんでした。お詫びいたします。
愛妻倶楽部というサイトの小説として掲載されている「DELITE」という作品は、男視線であるため、すこし違和感がある部分もありますが、興味深い部分もあるのでよろしければと思いまして~
わんぱく |  2018.02.20(火) 12:49 | URL |  【編集】

相手が望むことなら、受け入れる自分

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、華の独身なんですね。
いいですね、いろいろと自由ができて。
「相手が望むことなら、受け入れる自分」
これも、どきどきしますよ、自分のことは、棚に上げて。
そうでしょ、いろいろな男性に囲まれるお仕事場って、
私みたいな女性には、危険な場所でもあるんです。
それは、昔の経験からよくわかるんですよ。

わんぱくさん、そうなったら、どうなんでしょうね。
私たちの場合は、むしろ、主人の方から、
そそのかしたって言っていいって思います。
詳しくはカテゴリーから「よし君のこと」読んでみてくださいね。

雪は殆ど見えなくなりました。
このまま、暖かくなってくれればいいんですけど。
まぁ、そんなわけには、いかないんでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.02.21(水) 16:31 | URL |  【編集】

愛妻倶楽部というサイト

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「愛妻倶楽部」は、長く読ませていただいたサイトで、
「幸せの行方」も暫く載せていました。
わんぱくさんの言われている作品は、読んでいませんが、
「愛妻ストーカー」には、こころも身体も熱くさせられたの、覚えています。

柚葉さん、わんぱくさんと仲良くなりそうですね。
気を付けて、お付き合いされてください。
こんなことかくと、このサイトが、出会いサイトになってしまいそう、ふふ。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.02.21(水) 16:37 | URL |  【編集】

ご心配いりません

私は前にも伝えたとおり名古屋で柚葉さんは九州博多?なので、距離という大きな壁が…順子さんが京都にいる間でも無理だったくらいなのでご安心を
でもメールかラインくらいしたいですけど~
仲を取り持っていただきありがとうございます。
わんぱく |  2018.02.21(水) 16:59 | URL |  【編集】

ラインくらいしたい

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

でも、名古屋と博多って、新幹線ですぐですよね。
柚葉さん、気を付けてくださいね。
わんぱくさん、私のお話の先読み、見事にしてくれるし、
きっと、本当は、怖い人なのかもしれませんよ。ふふ。

今週末、博多の屋台で、わんぱくさんと柚子さん、
もつ鍋食べながら、お酒飲んでるかもしれませんね。
ふふ、先読みしちゃいました。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2018.02.21(水) 20:05 | URL |  【編集】

賑やかな会話楽しいですね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
女性コメンテーターが参加され、読みながら様々なことを妄想し楽しませて頂いております。柚葉さんの独身女性目線は新鮮ですね。ありがとうございます。

さて、金沢はまだまだ鉛色の空に支配されているご様子で大変ですね。快晴になることをてるてる坊主と共に祈っております。

牧田さんのご自宅は町家を改装してなんですね。瀟洒な街並みのはずれにたたずむ大人が愉しむ隠れ家で、わびさびを感じつつ、深い愉悦を愉しまれるんですね。

いつもながら順子さんの写真と文章にて、ひと時の旅路に踏み入り、楽しませてもらっております。ありがとうございます。
では、式神に支配された順子さんの続編を楽しみにしております。
あ、式神は妖怪ではないですね(笑)
楽太郎 |  2018.02.22(木) 19:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/485-c2d2a986

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |