FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

一条戻り橋3

2018.02.14 (Wed)


1274549630.jpg


「ここも、面白いよね。知ってる?」

幾らもしないうちに着いたのは、あらっ、ここ、晴明神社。
平安時代に活躍した陰陽師、陰陽寮で占いや祭祀を司った人ですよね。
鳥居をくぐると、清明縁の五光星がデザインされた井戸がありました。
洋の東西を問わず使われている、あの魔術の記号、
ペンタグラムとかデビルスターとも言われるものです。

240px-Seimei_Shrine-3500.jpg

学生時代、有職故実の授業の時に、幾らかお勉強をしたことがありましたし、
最近は、夢枕獏先生の作品で、映画にもなってましたよね。

「あなたの専門かもしれないけど、当時の人たちって、占いって大事だったんだね」
「そうですね。方違えなんかも、大切なことだったみたいだし」
「方違えか、今日、あたなとこうして向かう方向って、吉なんだろうか、凶なんだろうか」

二人の向かう方向っていう言葉に、ちょっと、どきってしました。
奥様を亡くした彼と、
そして、夫ではない人と、
こうして寄り添う合う時間を過ごす人妻であるはずの私。
いったい、どこに、向かおうとしていたのでしょうか。
そして、それは、吉なのでしょうか、それとも、凶なのでしょうか。
境内の奥の本殿で手を合わせながら、そんなことを思っていたのでした。

yaku-kyoto-769-01.jpg


北山駅の直ぐ近くの洋食レストラン、京都にお住まいなら、
ご存知の方、多いでしょうね。
私も、叔父さんたちに何度か連れて行っていただいて、
美味しい料理を楽しんだことがありました。

9cf0b760-b6a1-4065-88e2-bbdfe44997b2.jpg

でも、今夜は、予約していただいていたもったいないような個室での、
おまかせのコース料理みたいです。

photo0jpg.jpg

トマトのコンフィのアミューズ ブーシェから始まり、
食前酒はキールをお願いしましたが、美味しかったです。
リキュールとワインのカクテルで、ちょっと、強かったんですけど、
今は、いろいろなこと、忘れたかったのかもしれませんね、
ちょっと、飲み過ぎたみたい。

オードブルは、バプールとコンソメジュレって、よく覚えてるでしょ。
テーブルに置かれていたコース料理のメニュー持って帰ってきて、
今、ここにあるんです。ふふ。

DQzsqZEVAAEY9HI.jpg

食事を終えると、彼、タクシーを呼び、
私、背中を押されるがまま、車中の人になりました。
「すぐ近くなんだ」
どこが?って、そうも思いましたが、
その時には、もう、両側に町家の続く細い石畳の路地に、降り立っていました。

1485744443.jpg





関連記事
08:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

Comment

スピリチュアルなもの

伊集院さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

スピリチュアルなもの、そう言っていただいたこと、適切な表現だったと思います。
不思議な出来事って、何度もあります。
登山のテントの中で、怖い山のお話など沢山聞いたせいでしょうか。

柚葉さまのことは、後に彼女自身がコメントされたことで、分かりました。
伊集院さんが言われているように、女性からのコメント、初めてかもしれませんね。
そして、私にとっては、とっても嬉しいことなんですよ。

コメント、ありがとうございました。
雪がたいへんで、お買い物行くのも苦労してます。
今朝は、ちょっと、陽が出て少しだけほっとしてます。

続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.02.14(水) 08:46 | URL |  【編集】

福岡でお会いできることがあればいいですね。

柚葉さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

川島ゆきひとさまのブログのこと、書かれていてびっくりしました。
楽しみにしていた作品でしたのに、今休憩されているの残念ですね。

「川島さん、もちろん判っています
 でも、もし由香里さんが中に欲しいと
 言っつたら  どうしましょうか」
(妻を想う夜 1)

岩崎さんからのメールに、川島さん以上に身体を熱くしてしまったのは、
それを読んでいた、私自身でした。
それは、私たち夫婦の営みにも、その後、暫くの間、深く影響したんですよ。

女性だと教えていただいて、ありがとうございました。
私のブログ読んでいただいて、沢山のコメントいただいていますが、女性からって、なかったような気がします。
男性の方からの視点からではなく、女性の方からのコメントいただけること、これから楽しみにしています。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いしますね。

順子 |  2018.02.14(水) 08:59 | URL |  【編集】

たっぷり注がれた白い液

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

またぁ、わんぱくさん得意の、先読みが始まりましたね。
ふふ、さぁ、どうなったのでしょうか。

お分かりなると思いますが、
これって、昨年の初夏のことのできごとで、
書き終えたのも、晩秋のころです。
だから、わんぱくさんの言われている内容に影響されて、
書いているわけじゃないんですよ。

コメント、ありがとうございました。
日曜日に、パパと一緒にお買い物行きましたが、
雪がすごくてもたいへんです。
幸いパパの自動車大きくて、タイヤが四つとも動くし、
冬タイヤなのでなんとか行けました。

続き、読んでみてくださいね。


順子 |  2018.02.14(水) 09:09 | URL |  【編集】

一条戻り橋を彷徨

楽太郎さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

式神が、今回読んでいただきたかったことだったのに、
楽太郎さんから、早くも見破られてしまいました。
そうかもしれませんね。あの日、彼に誘われるがままに、
私のこころも身体も、行ったり来たりしていたのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.02.14(水) 09:16 | URL |  【編集】

寝取られの主役

川島さんのサイトの話題になってますね~
このサイト私もよく読んでいましたが、今は休眠?みたいですね…
他人に妻が抱かれる心境、とても順子さんご夫婦に似てますが、彼の奥様も順子さんもどのような心境なのでしょうか?順子さんの場合、旦那様が知らない時に交歓されたりしてますよね…
すてきな方だと本性のままに身体が疼くのでしょうか?
私は妻でない女性と他のカップルさんとスワップすることはありますが、これだと寝取り寝取られが同時進行で、された後に取り戻し感に燃えますけど…
主役の女性方はどういう心境なのでしょうか?
わんぱく |  2018.02.15(木) 09:56 | URL |  【編集】

身体が疼く

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

雪の方は一段落した様子ですが、
鉛色の空で、春はまだまだの様子です。

夫以外の男の人に抱かれたこと、
その都度、お話ししてるし、
抱かれるかもしれない時は、事前に夫に話してます。
わんぱくさんも、書かれているように、
その後の夫、日頃とは全く違う激しさで、
愛してくれますし、私もやっぱり燃えますね。
ただ、夫には話していない出会いも、実はあるんですよ。ふふ。

ふしだらな妻だと、自分でも思っています。
夫に許されているからって、夫以外の男の人に求められたからといって、
自分の身体の疼きのままに、身体を開いてしまうんだから。

コメント、ありがとうございました。
わんぱくさんも、失敗がないこと、お祈りしています。
順子 |  2018.02.15(木) 10:20 | URL |  【編集】

順子さま
おはようございます。
更新、ありがとうございます。

川島ゆきひとさんのブログは、男性が書かれてるのに、繊細で胸が締め付けられるような感じがします。
ゆきひとさんの願望から始まったことが、
由香里さんは、岩崎さんに対しても、少なからずも好意があったのではないかと、読ませてもらって感じました。
由香里さんにしても、差し出された扉のようなものだったのかもしれませんね。

順子さまは、身体の思うままにTさんNさんと過ごされた時間がおありですが、
そこに、奥様方公認ということもあってか、愛や恋は存在してない、快楽の共有みたいな感覚で、すごされてるのかな?と思っていますが、
牧田さんの時は、旦那さまを忘れてしまうほどの魅力を感じ、惹かれるものがある様子から、一緒に過ごすわずかな時間で、恋をされてるのかな?なんて思ってしまいます。
旦那さまは、牧田さんと逢えば、順子さまは抱かれることを許されておありのようですが、牧田さんは、そのことご存じないですよね…?
知らないままでいて欲しいと思うのは、
私だけじゃないかもしれません…
順子さまが、旦那さまのもとに戻れなくなるようなのは、せつないです。

ようやく、いつものような日常に戻りつつあると思いますので、無理はなさらないでくださいね。
続き、楽しみに待っています。
柚葉 |  2018.02.16(金) 07:56 | URL |  【編集】

旦那さまのもとに戻れなくなる

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

ゆきひとさんのブログ、読み応えありますよね。
なにかしら、お勉強になるところがあるかもって思っていても、
読み進めているうちに、身体が熱くなってしまいます。
私と、なにかしら、重なり合うことがあるからかもしれません。
前に書いたことがありますが、
機会があったら、ゆきひとさんたちに逢ってみたいって思っているんですよ。
逢ったらどうなってしまうのか、
分かりませんけど。

牧田さんへの恋心、そうなのかもしれませんね。
系列大学の先輩、同じようなサークル活動、端正な顔立ち、低い声、
やっぱり、こころ、揺らぎます。

主人の胸に、戻れなくなってしまう心配、
そんなこと、絶対にないって思ってはいますが、
先のことって、分からないって、そうも思ってはいます。

文章お上手ですね。
お勉強になります。ブログか読み物、書かれているんでしょう。
教えていただければ幸いです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。。
順子 |  2018.02.16(金) 16:35 | URL |  【編集】

先読みしてすみません

順子さん、こんばんわ、楽太郎です。
大雪も少しは和らいできたみたいですね。

何気ない日々を過ごす日常に戻れることのありがたさは、非日常を体験し、良きも悪きも経験して初めてわかるものですね。
順子さんの女磨きの旅はご主人にとっても日常のありがたさを感じ入る為に非日常を甘受することが大切なのかもしれませんね。

ただ、順子さんの言葉にある「先のことはわからない?」戻り橋から戻れないかもしれない危さを暗示されているようで、同じ男性としては胸が締め付けられますね。でも、やはり人は先のことがわからない、倫理を言うタガを外し、ひと時を大切にすることも順子さんの人生ですもんね。

そこで、この「方達え」深い意味がありますよね。
あ、式神ではもう少し暗示めいたことをお考えでしたか、先読みしてすみません。

次はお二人の豊艶な場面ですね。楽しみです。
楽太郎 |  2018.02.16(金) 18:33 | URL |  【編集】

戻り橋から戻れない

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

あぁ、戻り橋から、戻れなくなってしまう私。
いいですね、そんな風に、
書いてみたら良かったなぁって、そう、思いました。
楽太郎さん、お上手ですね。

でも、今は、夫のもとに、しっかりと戻ってきています。
後30分ほどで帰ってくる夫のために、
今夜は、パエリア。エビやイカをたくさん入れてます。
そして、大好きなパパとのために、
さっき、ゆっくりとお風呂入って、
綺麗にしてきました。

楽太郎さんの思われている次回になるか、楽しみにしておいてくださいね。
コメント、ありがとうございました。

順子 |  2018.02.16(金) 19:20 | URL |  【編集】

ありがとうございます

順子さま
コメント、ありがとうございます。

順子さまと旦那さま、ゆきひとさんと
由香里さんがお逢いされるこがあればいいですね。
作品への影響や、夫婦生活においては、
潤いが増しそう。
順子さまファンの男性陣は、なぜ僕たちじゃないんだって、言われるかもしれませんね。
男性の魅力、確かに、順子さまも話されていたように、低い声はすてきですよね。
男性は意外と気にしてないかもしれませんが、色気を感じるものだったりします。
文章、ほめていただいてありがとうございます。
中学時代に、友達が、中高生が読みそうな小説をよく読んでいて、私たちも書いてみる?みたいなことから、遊び半分で書いてたりしてました。
なぜか、みんなハッピーエンドになる話ばかりだった気がします。
ブログなどはしていません。
かなりの機械音痴なんですよ。

順子さまのお話しは、食事の話も、旅行の話も、知らないことであっても、行ったことがない所でも、読んでて情景が浮かぶんですよ。
そういったところも楽しみのひとつです。
楽太郎さまみたいに、広い知識をお持ちだと、また違う観点から読み解いていけてうらやましいです。

旦那さま、そろそろご帰宅なんですね。
おいしそうな夕食とすてきな夜を楽しんでください。
柚葉 |  2018.02.16(金) 19:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/484-996cc0d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |