FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

一条戻り橋2

2018.02.09 (Fri)


p1.jpg

約束をした一条戻り橋は、学生時代、校舎が近かったこともあって、
何度か通ったことのあるところでしたが、特に気に留めた場所ではありませんでした。
臨終に間に合わなかった父親が、冥土から蘇ってきたとか、
嫁がせた娘が戻ってこないように、この橋の近くには近づかないように言ったとか、
そんなお話は聞いたことがありました。

134249469542413212958.jpg

堀川の水面に、両脇に並ぶ木々の新緑が映り、涼しげな緑風が吹き抜けていたものの、
思っていたよりも日差しがあり、日傘をもってこなかったことを悔やんだ私、
戻り橋の下の陰に入ろうと、川辺までの石段を下りたのです。

けれど、その時まで気付かなかった十人ほどの人が、
橋の下の濃い影の向こうから、浮かび上がるようにこちらに向かってくると、
私のすぐ横を、通っていきました。

f0074850_23332650.jpg

どのような人たちなのか分かりませんでした。
けれど、すれ違いざまに、ちらりと私を見たその鋭い目の輝きは、
夫ではない男の人から誘われるままに、暗い陰の中で一人で佇んでいるわたしを、
どうしようもなく、居たたまれない気持ちにさせたのです。

「申し訳ないけど、少し、歩くよ」
暫くしてやってきた、あの時と同じような素敵な彼に、
お昼をって言われ、戻り橋から西に向かう細い道を並んで歩きました。
「逢いたかった、あなたのこと、忘れられないでいたんだ」
そんな彼の言葉を、ただ、聞くしかなかったのです。

連れて行ってもらったのは、カウンターだけの小さなお店で、
生湯葉と絹揚げなどを頂きましたが、とっても、美味しかったですよ。
あぁ、このお店のオリジナルで、ブランデーで漬けた梅酒や、
豆乳のムースも楽しめました。

640x640_rect_22989064.jpg

「じつは、この近くに住んでて、ここ、よく来るんだ」
「えぇ、湯葉は好きで良く頂きますけど、ここのも、美味しいですね。
それに、他のお料理も、いろいろと工夫がしてあるし」
「あれから、何年経つんだろうね。思い出すよ、あの時のこと、あの時のあなたのことを」
そう言って、いくらかうつろな眼差しを、箸先に向けた彼。
二年前の、あの時間の、何を思い出していたのでしょうか。

sex_5741-132s.jpg

夜は予約してあるから、暫く、散策しようって、
お店を出たあと、二人で歩きました。
数年ぶりに出逢って幾らも経たないまま、
身体を寄せられて、手のひらを絡み合わせられても、
何も抗うこと、しなかったのです。

5221859997_9c8cc5eb3f_zs.jpg

関連記事
14:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

ときどき・・

順子様
更新有難うございます。

「けれど、その時まで気付かなかった十人ほどの人が、橋の下の濃い影の向こうから、浮かび上がるようにこちらに向かってくると私のすぐ横を、通っていきました。」

の一団はもしかして、この世の者ではないのでしょうか?

バージン★ママでは、扇先生の奥さま、幸せの行方でも雷鳴が轟くと・・など時々、スピリチュアルなものが出て参りますよね。

順子様もその辺り、強いのでしょうか?
伊集院 |  2018.02.09(金) 23:49 | URL |  【編集】

なぞの方たち

順子さま
更新、ありがとうございます。
 

伊集院さんのコメントにもありましたが
やはり、ふつうの方とは違う…
のでしょうか…?
私が、順子さまのお話しを解釈しまちがったのかと思い、何度も読み返して考えてましたが、写真が物語っているような…
読者を翻弄させるワザがすごいです。

学生の時に、京都は一度だけ行ったことがありますが、
ゆったりと時間が流れている感じがしたのを覚えています。

今回のお話しは、牧田さんと、さっそく
なんてことになってるのかもと、心の準備ができてなくてドキッとしました。
順子さまの心が、牧田さんと過ごす時間へ動きだしているのが感じられました。
京都での逢瀬ってところが余計に気持ちを加速させそう。

やはり魅力的な男性であることはうかがえます。
順子さまを取られた感を味あうのは、
私も男性の皆さまと一緒です。

雪で大変だっと思いますが、
日常生活は落ち着かれましたか?
怪我とか、風邪とかお気をつけください。

順子さま、いつか福岡でお会いできることがあればいいですね。
もしかしたら、すれ違ったりしてるかも?
キレイな人を見かけたら、順子さまと思うかもしれないですね。

執筆、頑張ってください。
楽しみに待っています。
柚葉 |  2018.02.10(土) 02:19 | URL |  【編集】

過去が蘇る痴態

夕食が予約してあるということは、夜までの時間をまず彼の家まで散歩して、夕方まで濃密な体を重ねた時間を過ごし、夕食の晩餐の後もきっと順子さんを朝まで拘束したことでしょう~
しっかり刻み込む大きな竿から出されたたっぷり注がれた白い液が身体にしっかり受け止められたことだと思います。
わんぱく |  2018.02.10(土) 08:30 | URL |  【編集】

「私も男性の皆さまと一緒です。」?

順子様

柚葉さまへのDMお許しを。

タイトルにある柚葉さまのカキコから拝察いたしますと、柚葉さまは女性でいらっしゃいますか?

バージン★ママのカキコは男性しかいないと先入観の塊で見ておりましたが、過去分を読み返すしますと、丁寧な言葉遣いで女性も、さもありなんといった感じです。

違っていたら恐縮ですが、推察どおり女性でしたらとても嬉しいです。
女性目線のコメは、小生が参加させていただいてからは、ほぼ見たことがありませんでしたので・・。

伊集院 |  2018.02.10(土) 16:12 | URL |  【編集】

男性たちは式神では

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
まずは、まだまだ大雪警報鳴りやまぬ状況のようで大変でしょうが、ご家族に大過なきことをお祈り申し上げます。

さて、皆さんからのご指摘もありましたが、画像UPもそうですが、式神を連想しますね。
安倍晴明が操る式神は悪行、善行を見極め、その人となりまでも操ってします陰陽師。

あれ?もしかして村田さんは清明の生まれ変わりでしょうか?
村田さんの性の傀儡となった順子さんの行先は定まらず、一条戻り橋にて、背徳の罪を償うことを許されず、式神の一人となり、ご主人の元に戻ることが許されず一条戻り橋を彷徨うことになるのでしょうか。
続きを楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.02.12(月) 13:03 | URL |  【編集】

順子さま 皆さま
こんばんは、柚葉です。

順子さま、大雪、大丈夫ですか?
こんなに降るなんて、おどろいています。
暖かくして、過ごされてくださいね。

伊集院さまのお話し、順子さま、この場をお借りしてすみません。

伊集院さまが思われてる通りです。
私は女です。
コメントされている皆さまは、
男性が多いようですが、私が参加させてもらって、うまくコメントもできないから
ご気分を悪くされないかなぁと心配しています。
私が「バージン☆ママ」に出会ったのは、
川島ゆきひとさまのブログを偶然見て、
順子さまが、コメントされてあったのを
読ませてもらったのが、きっかけです。
女性がコメントされてあったのは、
確かに衝撃的でした。
でも、すごく、快活な、ポジティブな女性の印象を受けて、ブログを読ませてもらう
ようになりました。
読ませてもらううちに、しっとりとした、柔らかい雰囲気を感じさせる、順子さまのファンになりました。
コメント、女性は勇気がいるかもしれません。でも、女性の隠れファンは多いんじゃないかと、私は思っています。
順子さまは、女目線で見ると、女性らしいところに、憧れを持たせてくれ方だと思います。
男性が惹かれる要素を自然と持ち合わせてあるのでしょう。
順子さまが、意識しなくても滲み出るものだと思います。

また長くなってしまい、順子さま、皆さま
すみません。
インフルエンザも流行ってるので、風邪などひかれないようにされくださいね。


柚葉 |  2018.02.13(火) 00:46 | URL |  【編集】

順子さま、すみません・・

柚葉さまと奇しくも全く同じ経緯で、順子様のサイトに辿り着きました。あらゆる意味でゆきひとさんに感謝しています。そんなROMの方も多いんでしょうね。

でも、岩崎さんに由香里さんを寝取られ、破滅的な最後を迎えられたのではないかと・・。個人的に心配です。そうでなければよろしいのですが・・。

順子様も同性の長いコメント大歓迎されると思いますよ。それだけ熱をかけていただいていることですから。

女性のパイオニアコメンターとして、是非、女性目線のエッチなコメントも、たまにはお願いしま~す!(^_^)/
伊集院 |  2018.02.13(火) 22:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/483-4cbc03b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |