FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

一条戻り橋

2018.02.05 (Mon)


bathroom_6086-006s.jpg

午前中の柔らかな日差しが、バスルームに差し込んで、
熱いシャワーの雫に溶け出したソープが、
自分でも豊かだと思える白い乳房の間を、
くびれた腰を、そして、太ももの間を、
ゆっくりとしたたり流れ落ちていきます。

bathroom_6086-009s.jpg

久しぶりにお逢いする、夫ではないその人のために、
自分の裸の身体をもっともっと美しくするために、
濡れた両手を身体に這わせると、
身体の奥から、思いもかけない熱いものが、
少しずつ湧き上がりだしたようにも思えました。

012123.jpg

シャワーが止まると、どこからか、微かに小鳥の鳴き声が聞こえてきて、
私は、彼とのそんな時間が、段々と幕を上げようとしていることに気付き、
そっと、まぶたを閉じたのです。


「困ります、明日だなんて。あなたにお逢いすること、まだ、主人にも話してないし」

そんな、いくらか慌てた私の言葉に重なるようにして、

「きっと、あなたは、来てくれるさ。あの時みたいに」

そう言って切れた電話を、そっと、テーブルの上に置いた、昨夜だったのです。

数年前、私の住んでいる街でお逢いした人。
奥様に先立たれ、寂しくされていると、茶屋の女将さんから聞いていましたが、
その時は、皆様にはお話していない、思い出深い時間を過ごしました。

missionary_position_5262-049s.jpg

彼と過ごした二日間のことは、下からどうぞ。

「百万石まつりの夜」

「百万石まつりの夜7」

「百万石まつりの夜8」


尚 「百万石まつりの夜」は、1~11まであります。
月間アーカイブの、2015年6月分から探して読んでみてくださいね。

あの夜、茶屋のお座敷で二人きりで過ごした時、勧められるままに杯を重ねた私、
目の前にいる素敵な彼との、あるはずのない恥ずかしいこと、思ってました。
そんな私のこころの中で、女将さんが言った言葉、

「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
 あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

断ってもよかったのに、
彼から告げられていた約束の場所に、従順に辿り着いていたのです。

p1.jpg


関連記事
16:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

Comment

新規コメンター大募集!

伊集院さん、こんにちは。
この度は、素敵な企画、ありがとうございました。

コメントを書いていただいている方には、
日頃から言ってるように、
本当に、ありがたく思っています。
「バージン★ママ」続けていて、
なんだか、自信がなくなることも多くて、
そんなとき、皆様からのコメント、
励みになっているんですよ。
今まで続けられたこと、
コメントしていただいている方のお陰だと、感謝しています。

本当にありがとうございました。
重ねて、お礼申し上げます。
順子 |  2018.02.05(月) 16:31 | URL |  【編集】

柚葉さん、初めまして。

柚葉さん、こんにちは。
初めてのコメント、本当に、ありがとうございます。
それから、お礼のお返事遅くなってすいませんでした。
ご存知のように、北陸地方大雪で、ばたばたしてたんですよ。

文章のことも、褒めていただいてありがとうございます。
これからも、よろしくお願いしますね。

えぇ、おっしゃる通り、
コメント、書いていただいている方に励まされて、
何とか続けられています。
今後とも、よろしくお願いします。

どちらの方なのかしら、
それと、ブログは書かれていますか。
もしよかったら、教えてくださいね。

「バージン★ママ」
私にとっては、恥ずかしい内容なんですけど、
呆れないで読んでくださいね。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。

こちらは、寒くて、また、雪がたくさん降りそうです。
柚葉さんも、風邪とか引かれないように、
気を付けられてくださいね。
順子 |  2018.02.05(月) 16:37 | URL |  【編集】

順子さんが再会される男性方は、身体に刻まれた感触が残る竿をお持ちの方に限られるようですね~
例え初めてが順子さんであっても将来が見込める竿を生まれながらに持っていれば育てる楽しみもあるのでしょう。
最大の竿と熟年の技を持ち合わせる牧田さんの誘いに心は拒否しても身体が求める淫蕩な誘いを拒否できないことは女将さんの言葉通りですね…

常連のわんぱくですみません。
わんぱく |  2018.02.06(火) 05:52 | URL |  【編集】

身体が求める淫蕩な誘いを拒否できない

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。
まぁ、常連のわんぱくさんだったから、
嬉しかったですよ。

そうですね、これまで、お付き合いのあった方々に比べると、
やっぱり、別の魅力のあるかたですね。
それは、初めてお会いした時から、
そう思っていました。
もちろん、大好きなのは主人に違いはないんですけど、
そんなふうに思ってしまうこと、
許してもらいたいって、そう、思っています。

女将さんの言葉は、一瞬の時間に見た、
わたしの恥ずかしい夢のようなものの中でのことですけど、
どうして、そんなこと女将さんに言わせたのか、分からないでいます。

毎年の雪と違って、本当に今年の量にはびっくりしています。
街に行くためにタクシーを使いますが、
日頃より、随分と時間かかってるんですよ。
仕方がないけど、ちょっと、大変です。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.02.06(火) 17:41 | URL |  【編集】

順子さま
大雪で大変な時なのに、更新、ありがとうございます。
コメントのお返事嬉しかったです。
ありがとうございます。
 
順子さまのお話しのなかで、お茶屋の女将さんのお手伝いをされて、牧田さんと出逢われた時のことは、私には、かなり印象的でした。
順子さまの夢のような、妄想のような、
どちらとも言えないような世界に引き込まれた感じがしました。
いつかのコメントで
「今からある人に逢いにいきます」とお話しされてあったので、京都=牧田さん?
想像してしまいました。
逢瀬を重ねてあるのかな?と思ったりしてたので、今回のお話し、実は心待ちにしてました。
牧田さんは、順子さまの心を読みすかしているような、うまく誘導しているような気もします。また逢いに来てくれると言われる牧田さんは、かなり自信がおありですよね。そして、順子さまの身体が求めてることわかってる。
愛する旦那さまがいてこそ、牧田さんの役割も生かされてるのかな…?
人の心を読むのは難しいですね。

北陸は、すごい雪で大変なの、テレビで観ました。あんなに雪が積もるなんて…
順子さまのお家は大丈夫ですか?
福岡は、何年かに一度積もるぐらいで、
積もることが、ほとんどない分、積もると慣れなくて、それはそれで大変です。
昨日は積もってました。 
長くなって、すみません。
まだまだ、雪で大変と思いますが、
お体には気をつけてください。

柚葉 |  2018.02.06(火) 21:41 | URL |  【編集】

やっぱり・・

順子様
更新有難うございます。

礼には及びません。ご同慶の至りです。どんどん盛り上げてまいりましょう。

やっぱり、牧田さんと「皆様にはお話していない、思い出深い時間を過ごしました。」だったんですね。

「百万石まつりの夜11」スカイラウンジでの後、逢瀬があったと踏んでいました。

楽しみです。

段々、バージン★ママもスター〇ォーズみたいに、過去分に遡らないといきさつを理解できない一大叙事詩になってきましたね。

ええこっちゃ、ええこっちゃ!
伊集院 |  2018.02.07(水) 00:47 | URL |  【編集】

一条戻り橋

このタイトルの意味をどう理解するか、調べてみましたが、順子さんがこの橋をどういう意味で使われたのか、この先の展開が楽しみです。
コメンターが増えて、うれしいですよ…
先週の北海道は4日晴天に恵まれ、帰りに札幌の雪祭り前日の様子も見られてよかったです。写真が貼れないのが残念ですね~
わんぱく |  2018.02.07(水) 03:34 | URL |  【編集】

このタイル取るの意味が難しい

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
金沢市内の豪雪大変みたいですね。
雪かきなどはご主人の役目でしょうか?腰痛にならないようお祈り申し上げます。
皆さんのコメントも賑やかになってきましたね。それだけ順子さんファンが多い証で素晴らしいことですね。
さて、一条戻り橋は堀川にある死者が蘇ったり、晴明神社近くの数多くの逸話のある歴史ある橋ですよね。
牧田さんとの逢瀬がご主人の元に戻れなくなる危さを暗示されたタイトルなんでしょうか?
はたまた、AR(拡張現実)かVR(仮想現実)の世界を行き来する順子さん自身の彷徨える人妻の心理面のことなんでしょうか?
次の場面ではヤラシイ表現から始まり、その後の現実の場面がどうなるのか楽しみです。
楽太郎 |  2018.02.07(水) 14:25 | URL |  【編集】

主人の元に戻れなくなる危さ

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、賑やかになって嬉しいですよ。
今後とも、よろしくお願いしますね。

雪、すごいですね。
ずいぶん昔、今回と同じように降ったといわれているんですけど、
まだ、小さかったので覚えていなくて、
とにかく、怖いくらいに降ってます。
幸い、住宅街で小さな除雪車もきてくれてますけど、
暫くは、お出かけ出来ないですね。

晴明神社のこともご存じなんですね。
実は、今回、その場所にも行ったんですよ。
楽しみにしておいてくださいね。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.02.07(水) 16:16 | URL |  【編集】

愛する旦那さまがいてこそ、牧田さんの役割も生かされてる

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

牧田さんとの出会いは、えぇ、確かに心に深く刻まれた時間でした。
ともすると、最愛の夫のことを、忘れてしまうほど、
牧田さんが魅力的であること、正直な気持ちです。

けれど、えぇ、柚葉さんがおっしゃるように、
間違いのない夫がいるからこそ、
牧田さんの存在があるのかもしれませんね。
自分のことなのに、
自分でも、よくわからなくなってしまうことって、よくあるんです。

まぁ、福岡の方なんですね。
前の出来事読んでいただくとわかりますけど、
親しい親戚があって、九州にはよく出かけています。
叔父は、姪の浜っていうところに住んでいます。
いつか、天神でお逢いできればいいですね。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、末永くよろしくお願いします。


順子 |  2018.02.07(水) 16:26 | URL |  【編集】

皆様にはお話していない、思い出深い時間を過ごしました

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「皆様にはお話していない、思い出深い時間を過ごしました」
主人にも話していない、男の人との時間を過ごしたことがあるのは、正直なところです。

主人に話していない時間、
ここで書いていない時間、
いろいろな時間があります。
もし、主人に話して、許してくれたら、
書いてみるかもしれません。
でも、皆さんに、呆れられるかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
暖かいうちに、ちょっと、玄関先の雪かきしてきますね。
順子 |  2018.02.07(水) 16:31 | URL |  【編集】

札幌の雪祭り

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、札幌行かれてたんですね。
あぁ、スキーかなぁ、だったらうらやましいです。
こちらは、大好きなはずの雪にいじめられています。
本当に今回はすごいですね。

一条戻り橋は、昨年、久し振りに渡りました。
その時は、なんでもなかったんですけど、まさか、あんなことがあるなんて。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.02.07(水) 16:35 | URL |  【編集】

凄いことに

こんばんは。
凄いことになってますね。
北陸地方の雪も、コメントの量も。

ファンが、増えたようで良かったですね。

豪雪の後の雨には、気をつけてください。

では、また読みに伺います。

海原 |  2018.02.07(水) 22:30 | URL |  【編集】

コメントの量

海原さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、新しくコメント書いていただく方もいらっしゃって、
嬉しく思っています。

あぁ、そうです。雪がすごくて、たいへんです。
幸い、家屋が壊れることはありませんし、
食べるものも困らないんですけど、
やっぱり、気持ちが滅入りますね。
家の中で、ごろごろしてます。
ふふ。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.02.08(木) 15:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/482-fc2dbf23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |