FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

三が日

2018.01.04 (Thu)


katei_gaho0801_02.jpg

あれほどしっかりと着付けたはずの晴れ着が、
絹擦れの音を僅かにたてながら、畳の上に滑り落ちていました。
襦袢の重ねが乱暴に開かれ、着物用のブラが剥ぎ取られると、
双の乳房の上から、驚くほど冷たい広い手のひらが、覆いかぶさったのです。

01032-600x729.jpg

久し振りの綺麗な着物姿の私に、パパったら感じてくれたのかしら、
だったら、それって、仕方がないし、妻である私にとっては、嬉しいことだったはずでした。

太い男の人の指の間に挟まれ、固く尖ってしまった乳首が、
それまで以上に、淡い快感を、私の身体広げ始めていました。

「あぁ、駄目よ、パパ。着物がしわになっちゃうわ」

そう言いかけて、振り返りざまに、大好きな夫のくちびるをねだるつもりだったのに、

「相変わらず、素敵な胸なんだね」

そう言って、くちびるを重ねてきたのは、
思いもかけず、あぁ、Nさんだったのです。

731b50722c8992a5e0401a953c1edb2c-630x910.jpg

驚いた私のくちびるを、重なったきたNさんの舌先が分けると、
懐かしい匂いのする唾液、どろりと流し込み、逃げ回る舌を、
息が止まるほど、強く吸いたててきたのでした。

deep_kiss_6511-115s.jpg

地中海旅行の説明会で初めてお会いしたNさん。
けれど、成り行きのままに、あれから幾度も肌を重ね合い、
彼の男の人の印さえ、身体の奥に注がれていたのです。

一度、そんな時を過ごし、他人ではなくなってしまうと、やっぱり、おんなって弱いですよね。
朦朧としたまま、膝の力が抜けると、彼の望むがまま、
乱れた姿のまま、身体を横たえさせられていたのでした。

19adfad115adcf0faaebd9049c46f4ba-630x432.jpg

帯を見下ろされながら、後ろから抱き寄せられると、
抗う間もなく、Nさんの驚くほど、熱く、太く、逞しい男の人のものが、
自分の身体の奥にまで、突き入れられてきたのがわかりました。
そして、その瞬間、
鋭く強い頂に、あえなく昇り詰めてしまった私は、
身体を仰け反らせ、跳ね上がるように激しく麻痺させたのです。

waki033.jpg

「Nさんのもの、そんなにいいのかい」

振り乱した髪の先から、思いもかけない曇った声が聞こえました。
そして、激しい喘ぎの中で、
余りの強い悦びのために、助けを求めるように伸ばした手の先には、
あぁ、私の大好きな夫のものが、そそり立っていたのです。

なぜ、夫がここにいるのかわかりませんでした。
ただ、最愛の夫の目の前で、Nさんの太いもので、動物たちのように繋がり合い、
そして、女の情欲の求めるがまま、悦びに震えてしまった私は、
後ろから激しく突き入れられる動きに耐えながら、
本当の私の夫である男の人のものに、すがりつくようにくちびるを寄せると、
お口の中に、含み込んだのです。

3p_sex_5183-003s.jpg

「順子さん、このまま、いいんだね」

Nさんの、乱れた息遣いと、
それまで以上の激しい突き入れのために良く聞こえませんでしたが、
私、激しく髪を揺らして、抗ったのに、

「かまいませんよ、Nさん」

思いもかけない、夫の声が重なり合ったのです。
後ろから、身体が浮くように突き上げられると、Nさんの曇った声が聞こえました。

「ほらっ、今」

そして、「順子、僕も。全部、飲むんだよ」

身体の奥が温かくなって、Nさんの男の人の印が、注がれたことが分かると同時に、
膨れ上がったお口の中の主人のもの、
大切な印、驚くほどたくさん、吹き出し始めたのでした。

Nさんが私の身体の奥に注ぎ続ける、夫ではない男の人の熱い液、もっともっと欲しくて、
自分の濡れた蜜壺の襞が、脈打つ彼の熱く太いものを、
嫌らしく締め付けていることが分かり、
お口の中に注ぎ入れられた最愛の夫の大切な液、もっともっと欲しくて、
熱いものに舌、絡ませ続けていたのでした。

3p_4530-026s.jpg



皆さま、明けまして、おめでとうございます。
旧年中は、たいへん、お世話になりました。
今年も、よろしくお願いします。

例年通り、恥ずかしい初夢でした。
皆さんには、また、呆れられたかもしれませんね。

天気がはっきりしな三が日でしたが、いつものようにお参りにいって、
その時の着物姿に欲情した夫が、
帰宅すると同時に、立ったまま、慌てるようにして身体を繋いできたこと、
やっぱり、嬉しかったのかもしれません。
それに、
クリスマスサプライズだった、今年4月のハワイ旅行、
それも、Nさんたちと一緒の。
そのことも、こころにあったのかもしれませんね。

皆様、お正月はいかがだったでしょうか。
まだ、まだ、寒い日が続きますので、
ご自愛されて、年始、お過ごしくださいね。

c3b871ff.jpg




関連記事
08:45  |  「順子の日記」  |  Comment(7)

Comment

食も性も満喫

楽太郎さん、おはようございます。
今年も、よろしく、お願いしますね。

「食も性も満喫」。
昨年の城崎温泉でのこと、思い出深い、
数日になりました。
間人かに、えぇ、美味しかったですよ。
また、いつか、お話したいと思いますので、
楽しみにしておいてくださいね。

永くコメントいただいて、ありがとうございます。
今年こそ、神戸でお会いできるかもしれませんね。
その時は、優しくしてくださいね。

ありがとうございました。
今年も、よろしく、お願いします。


順子 |  2018.01.04(木) 08:54 | URL |  【編集】

2018年も読みにうかがいます。

海原さん、おめでとうございます。
今年も、よろしく、お願いします。

昨年も、コメント、いつもありがとうございました。
読んでいただいていること、励みになりました。
今年も、つたない文、そして、恥ずかしいこと、
呆れないで読んでくださいね。

コメント、ありがとうございます。
今年も、よろしく、お願いします。

順子 |  2018.01.04(木) 08:58 | URL |  【編集】

N部長の巨根再起

伊集院さん、おはようございます。
三が日、いかがお過ごしだったですか。

えぇ、子どもたちもいましたけど、
三が日、主人には、可愛がってもらって、
幸せなお正月でした。
けど、こんな初夢見ちゃって、
ちょっと、心配な一年になりそうです。

城崎温泉、Nさんご夫婦と、私たち同じお部屋での夜を過ごし、
私たちにとっても、思いもかけない出来事がありました。
それに、3月にはハワイ旅行も予定されているんです。

今年もよろしくお願いします。
長崎にもまた、お邪魔しますね。

順子 |  2018.01.04(木) 09:09 | URL |  【編集】

あけましておめでとうございます。

順子さん新年あけましておめでとうございます。楽太郎です。
年末から年始にかけてご主人とのご夫婦として持っても有意義な時間を過ごせ新年をご家族で迎えられたことにお喜び申し上げます。と共に今年一年のご家族のご多幸を祈念致します。
さて、新年早々から衝撃的な初夢披露ありがとうございます。
と言うことは城崎ではついに同室SWを体験なされたんですね。
N部長の奥様交えての濃密なひと時は、耽美なキャンパスには背徳に満ちた彩りが「情欲」という筆で見事に描き切られたことでしょう。

今年もどうかマイペースでご主人と仲良くアップをお願い致します。

また、いにしえにならない逢瀬を期待しております。
楽太郎 |  2018.01.05(金) 20:16 | URL |  【編集】

男たちの

今年もたくさんの精液を秘口に受け入れて、ますます女を磨くことでしょう。
私のも咥えてほしいけど、夢でも見られませんでした…
わんぱく |  2018.01.08(月) 06:34 | URL |  【編集】

同室SW

楽太郎さん、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いしますね。

城崎での出来事、まだ、書けていません。
何度も行ったことがあるところですが、
昨年のことを思い出すと、
また、身体が熱くなってしまします。
私にとって初めての、出来事だったんです。

えぇ、遠くないときに、
お逢いできればいいですね。
ふふ。

コメント、ありがとうございました。
そのときまで、楽しみにしています。

順子 |  2018.01.09(火) 14:52 | URL |  【編集】

咥えてほしいけど

わんぱくさん、おめでとうございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

ふふ、わんぱくさんの男の人のもの、
私のお口が咥えること、
あるんでしょうか。
きっと、お口に入らないくらい、
おっきんでしょうね。
やだぁ、そんなこと思ったら、
変な気になってしましますよ。

コメント、ありがとうございます。
お口に二本の指を咥えて、
その時のこと、想像しています。

順子 |  2018.01.09(火) 14:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |