FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

O先生との夜6

2018.08.20 (Mon)


2010_0911k0033.jpg

私の中に、思いを遂げた先生。
けれど、私の身体を、一度では、放してはくれませんでした。

小さなテーブルの上に置かれていたドリンクを飲み干すと、
ごろりと横に寝転び、私の身体、軽々と自分の上に、跨らせたのです。

「いやっ」

先生の望むことを察した私、思わず、そう抗ったのに、
その時には、乱暴に開かれた太ももの付け根、恥ずかしい女の秘唇には、
最初の時以上に太く蘇った男の人のものが擦りつけられ、
ゆっくりと埋められ始めていたのです。 

04df3b6b2d8f326a45ea25a055b0da54-630x930.jpg


「ほら、また、君の中の入っていくのが見えるよ」

resize_img (7)

下からゆっくりと突き上げられながら、
思わず身体を仰け反らせて、細い桃色の声をあげた私の唇、
身体を起こし抱きしめてきた先生の、唾液で濡れた熱い舌が押し開き、
私のくちびる、息の止まるほど、吸いたてると、
それに素直に応えるようにして、
何のためらいもなく私、どろりと流れ込んできた唾液、
喉を鳴らしながら、啜り飲んでいたのでした。

berochu_5205-012s.jpg


「あぁ、何度でも、出したい身体だ」

二度、先生の身体の上で、悦びに震えましたが、
それだけでは、許してはもらえませんでした。

すぐに、白い私の身体に、先生の重い身体が被さるように重なってきて、
唾液の音を聞かせながら、首筋を吸いたてる先生の荒い息の中で、
曇るような声を聞かされたのです。

seijyoui_4438-165s.jpg

逞しい腰が、これ以上は無理だと思えるほど、太ももを押し広げて、
突き落とすように、私を、犯し続けていたのです。
心ならずも、何度、悦びの声をあげさせられたのか、覚えていません。
先生が、私の身体のすべてに満足するまで、もう、耐えるしかないと思えていたのでしょう。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg


「たっぷり、あげるから」

その言葉が終わらないうちに、唸るような声を聞かされ、
身体の中の先生のものが、それまで以上に、明らかに太く膨れ上がるのが分かり、
それに応えるように、自分の柔襞が、
先生のもの絞るようにうごめき出したことがわかったのです。

気持ちとは裏腹に、自分の首筋が仰け反り、身体の奥に温かさを感じたと同時に、
それに、上手に合わせるようにして、真っ白な悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

sex_4752-153s.jpg



永い夜が過ぎ、カーテンの向こう側に、ゆっくりとあけぼのの赤さが忍び差し込んでいました。

身体を包むけだるさと、幾らかの痛みを感じながら、何も着けない身体のまま、
そっと、バスルームに向かいました。
シャワーの細いお湯が、身体の隅々を流れ伝います。

012123.jpg

ひとつ、微かにため息をつきました。
まだ、夜の明けやらぬ時間、もう、一度、身体を求められ、
おびただしい量の精液を注ぎ入れられていたのでした。

どう、くちびるを吸えば、どう、舌を絡めれば、
どう、腰を振れば、どう、柔肉を締め付ければ、
先生が喜んでくれるのか、しっかりと、教えられた永い時間でした。

1916-13s.jpg

朝方、注がれた先生の精液が、暖かなお湯と一緒に、
太ももの内側、ゆっくりと、伝い流れているようにも思えたし、
懐かしくも思い出される先生のしるしの強い匂いが、
正直、今は、愛おしくも思えていたのです。

awamamire_4859-090s.jpg

関連記事
20:33  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

Comment

順子さま
コメントのお返事、更新とありがとうございます。

O先生とのこと、前回のお話しの続きを更新してもらえるとは思っていませんでした。眠らせてはもらえなかっただろうなぁって思っていましたけど。

順子さま、ご自分を抱いたことを男の人には後悔して欲しくないとお話しされてあったことを思い出しました。
本能として、言葉には表さなくても、そういった感情は、この頃からすでにあったんじゃないかなぁって…
離したくない、また出したくなる身体とは、露骨だけど褒め言葉でもありますよね。身体の相性や、抱かれる相手に気持ちもあれば、いい意味で開発されてもいくし、もともと持ち合わせていたこともあるかもしれませんが、女の人の中の具合もよくなるでしょう。
旦那さまが1番よくわかってあるとは思いますけどね。
他の男の人に抱かせたりするのも、寝取られの興奮もありながら、こんないい女を妻にしている優越感もあるんじゃないでしょうか。

何も着けずに、バスルームにってところ、
静まりかえった、明け方の部屋の空気感、順子さまのしなやかな背中が浮かんできました。今回も、かなり引き込まれていました。さすがです。
満たされた時間を過ごされたお二人の傍らで、M先生の心情はどうだったのでしょう。

お盆は…仕事でした。
カレンダー通りのお休みではないので、
みなさんがお仕事の時にお休みみたいな感じです。出かけるには最適ですけどね。
順子さまのお盆休みも充実してたようでよかったです。
柚葉 |  2018.08.20(月) 23:55 | URL |  【編集】

貸し出しのあと

柚葉さんが詳しく表現されたので、M先生の行動を予測します。順子さんを取り戻す上書きの儀式は言葉責め(O先生はどうだった?何回出されて逝ったの?…)などをされながら、自分の液をそそぎ込んだことでしょう!
それより、柚葉さんの夏休み、きっとすてきな男性とすてきな時間過ごされるのでしょうね~そこが聞きたいですね(笑)
わんぱく |  2018.08.21(火) 03:55 | URL |  【編集】

お久しぶりです

お久しぶりです。
もしもリアルでしたら、先生はこれを読まれているのでしょうか?

幸せものですね。

海原 |  2018.08.21(火) 09:58 | URL |  【編集】

性の胆力

順子様
更新有難うございます。

小生も柚葉さん同様、明け方までの夢の続きを執筆いただけるとは思っておりませんでしたので幸甚です。

これまでも、そしてこれからもそうあられるのでしょう。

順子さまは、たとえご自身が希まれぬ情交であったとしても、最後は「懐かしくも思い出される先生のしるしの強い匂いが正直、今は愛おしくも思えていたのです。」すばらしい思い出に昇華される。梵チン丸もかくありたいです。
伊集院 |  2018.08.21(火) 12:12 | URL |  【編集】

妻にしている優越感

柚葉さん、こんにちは。
コメント、早速、ありがとうございます。

「自分を抱いたことを男の人には後悔して欲しくない」って、
今もそう思っています。
そう、思えるほど、皆さん、私のこと、大事に扱ってくれるからです。
もちろん、主人もですけど。
ふふ。

「身体の相性や、抱かれる相手に気持ちもあれば」、
えぇ、そうですね。
夫のこと、愛していながら、そうではない人に抱かれながら、
身体だけではなくて、こころさえもその人に染められそうになることって、あります。
その時間だけは、その人のこと、愛しているって、
自分でもちょっと、心配してしまう瞬間はありますね。
だかから、いろいろと、恥ずかしいことができるんだろうなぁって、
そう、思ってます。

お盆はお仕事だったんですね。
ごめんなさい、こっちはのんびりしてました。
先月末から、東京のお友達夫婦が、こっちに来られて、
数日間ご案内したんですけど、また、危ないことあったんですよ。
それから、先週末からは、また、姪っ子のところに、お手伝いにいってます。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.08.21(火) 14:53 | URL |  【編集】

言葉責め

わんぱくさん、こんにちは。
お盆休みも終わり、お忙しいことと思います。
頑張ってくださいね。

嫌らしいこと、耳元で言われるのって、
えぇ、弱いですね。
それだけで、仰け反ることって、多いです。
上手な人って、そんなところが違うなぁって、
思います。
わんぱくさんも、お上手なんでしょう。

コメント、ありがとうございました。
柚葉さんのこと、本当、聞きたいですよね。
ふふ。

順子 |  2018.08.21(火) 14:57 | URL |  【編集】

リアル

海原さん、こんにちは。
お久しぶりだったですね、
いつも、コメント、ありがとうございます。

このサイト、私が書いていること知っている人って、
そんなにいないから、大丈夫だとは思います。
それに、もう、随分と昔のことだから。

あぁ、暫く前に、偶然、O先生とお逢いすることがありましたよ。
その時は、私、結婚もしていたし、
暫くして電話があった以外には、何にもなかったけど、
また、逢いたいって、そんなこと、言われました。

M先生とも、大学の同窓会で、数年前、お逢いしました。
その時は危なく、人の居ないホテルの屋上に連れていかれて、
もう少しで、抱かれるところでした。
昔とは違うのに、しっかりと、拒み切れなかった自分に、驚いたんです。

もう、お二人とのことは、すべて終わったはずなのに、
こうして、ここに書いたりすると、また、思い出してしましますね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.08.21(火) 15:07 | URL |  【編集】

台風が心配ですね。

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

抱かれてしまって、その人の胸に抱かれながら目を覚ます朝、
やっぱり、何とも言えない時間ですよね。
特に、夢を見てしまった時などは、
夫の腕の中なのに、他の男の人の名前を言ってしまったのかなぁって、
はっとすることがありましたね。
駄目ですよね、ふふ。

二つの台風が来てて、心配しますね。
伊集院さん、柚葉さん、気を付けられてくださいね。
あぁ、20号は、北陸にも曲がってきそうで、
気が重いです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.08.21(火) 15:17 | URL |  【編集】

O先生の頑張り

順子さん、更新ありがとうございます。楽太郎です。
O先生頑張りますね。どんなドリンクなんだろう?興味津々です。

「ああ、何度でも出したい…」とある煽情的なO先生の言葉攻めだけでも順子さんは頂きに導かれ、寸暇を惜しむがごとく享楽にふけ、感情がなくも、その時に抱かれた男性に対して従順な行為を甘受する愛奴が順子さんの本質なんですね。

傍らでM先生は寝取られの醍醐味のを味わいながら帳が上がるころに、忠実な性奴の務めを見定める為、そしてご自身の昇進を順子さんの笑みと醸し出す背徳のメスの匂いで確信を得たわけですね。

けど、この表現ってどこかご主人との関係性にも共通していると思っているのは私だけでしょうか?
M先生ってご主人と似ているんだよなぁ。ご主人が似たのかなぁ?
順子さんこのあたりの違いを教えてくださいね。
では、おそらく次ぐらいで終わりなんでしょうか?
楽しみにしております。
 |  2018.08.21(火) 18:48 | URL |  【編集】

従順な行為を甘受する愛奴

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
お盆はいかがお過ごしでしたか。

夫ではない人に抱かれる時って、
それまでは、いろいろと心揺れ動きますが、
いざ、肌を合わせてしまうと、
夫のこと、忘れて(パパ、ごめんなさい)
その人のこと、一生懸命になってしまうこと、
私の、いけないことなんでしょうね。
(私を抱く男の人にとっては、良いことなんでしょうけど)

夫とM先生、似ているって感じたことはありません。
私を他の男の人に抱かせながら、夫とM先生とは、まったく違うって思います。
所詮、私は、M先生にとっては、おもちゃのようなものだったんだなぁって、
そう、思っています。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.08.21(火) 19:41 | URL |  【編集】

微笑ましい回答ありがとうございます。

順子さん
楽太郎です。こんばんわ、関西は明日台風が直撃で対策に大わらわです。
金沢もルートに入っているみたいでお気を付け下さいませ。

さて、ご回答ありがとうございます。
一番喜ばれているのはご主人でしょうね。
けど、ご主人は順子さんの気持ちを完璧に理解し、予測行動を把握されているから?自信をもって「他人棒で遊んできなよ」って言って送り出されるんでしょうね。
順子さん自身もM先生との別離を確実にされるために「寸止め」を先生にされたんでしょうか?
けど、いずれの日にかご主人のお気持ちを知りたいですね。
楽太郎 |  2018.08.22(水) 18:33 | URL |  【編集】

他人棒で遊んできなよ

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

本当、台風心配ですよね。
こっちには、影響がないといいんですけど。

男の人に逢いに行く私を、
そんな気持ちで、送り出しているのだろうと思います。
戻ってくるってわかっている私を、
主人、一番喜んでまっているのでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.08.23(木) 13:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/474-edacfc86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |