FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

O先生との夜5

2018.08.15 (Wed)


ベッドの端に、うつ伏せに寝かせられると、
床に立った先生の熱い腰が、後ろから触れてきたことが分かりました。

2a07df98-s.jpg

そして、私の唾液でたっぷりと濡れたご自分のもの、
それを待つようにして、うっすらと開きだしたと感じられていた秘唇に、
何度も、擦り付けたのです。

応えようもなくて、ただ、喘ぐしかなかった私でしたが、
異常なくらい、息遣いが乱れて、たわわな乳房が揺れるのがわかりました。
誰のものでもいい、男の人のもの、どうしようもなく、欲しかったのでしょうね。

「ほぉ、入り口も狭いんだね」

何度か腰を前後させると、溢れるような蜜液に助けられた先生のもの、
とうとう、私の肉壁に届くと、
M先生の言いなりのままに、今夜、初めて会ったはずのO先生の黒い性器、
自分の性器の奥にしっかりと迎え入れてしまったこと、
喉を仰け反らせた白い身体と、細い泣き声で、先生に告げたのです。

back_5252-035s.jpg

「なんて、いい身体なんだ」

ゆっくりと身体を揺すられながら、そんなこと、聞かされましたが、
思いもかけず、その言葉に誘われるようにして、
次第に悦びが湧き上がってきて、身体を押し開いているO先生のものを、
自分の柔肉が締め付けていることが、分かりました。

24135-690x900.jpg

求めている男の人のものではなかったというのに、
さっき、初めてお会いした男の人だというに、
いいように揺すられることで、いいように突かれることで、
私の女としての身体が、先生の求めがままに、染められ始めてしまったのです。

「一度、済ませるからね、出してもいいんだろ」

そう言うと、大きな身体を倒してきた先生、
背中越しに、厚く大きな舌で、私の頬を舐めまわすようにすると、
それまで以上に、私の腰を強く抱きしめてきたのでした。

あぁ、注がれてしまう。さっき、会ったばっかりだというのに、
その人の男の人の液、身体の奥に、出されてしまうなんて。
でも、私のこころではなく、でも、まぎれもない私の身体が、
正直に、そのこと、求めてしまったのです。

とうとう、それまで以上に、奥にまで突き入れられた男の人のものから、
熱い印が注ぎ込まれ始めたことを感じると、
その身体の求めるがままに、
待ち望んだ悦びの頂に、激しく登り詰めていくしかなかったのです。

819b70e9-s.jpg



うっすらと意識が戻ると、
自分の頬が、生暖かいもので擦られていることに気づきました。
それは、今しがた、私の中で、男の人の務めを終えた先生のもの、
湯気さえ昇ろうとしているかのように見えたその先からは、
つうーっと、名残りの白い液が、伝い流れて細い糸を引いていました。

私、言われもしないのに、
さっきよりは、幾らか柔らかくなったと思えるそれに手を添えると、
息も絶え絶えにお口に含み、
残っているだろう、自分を悦びに導いた強い匂いのする液、吸い出そうとしましたが、
先生の精液と私の愛液に濡れたそれ、
さっき、初めて身体に迎えた時と同じように、
私のお口の中でだんだんと固くなってきたように、思えたのです。

10ede1c5-s.jpg

「むぅ」って、先生、気持ちの良さそうな曇った声を聞かせながら、
ゆっくりと腰を揺しながら、それ、脈打たせると、
その度、私ののど奥に、いくらかの名残の液が流れ込んでいたようにも思えたのでした。

「どら、見せてごらん」
先生、そう言うと、私を仰向けに横たわらせると、
白い太ももを胸に着くように折り曲げて、そして、ゆっくりと押し広げると、
私は、呆然としたまま、先生のするがままに、身体を開きました。

「あっ」
私の恥ずかしい秘唇から、納めきれなかったたくさんの先生の印、
つうーって、溢れながら、恥ずかしい後ろの部分まで、流れ伝えようとしたのです。

creampie_sex_5094-015s.jpg

レースのカーテンが開かれた窓に、逃げるように眼差しを向けた私。
涙に潤んだ目に、うっすらとした灯りが移る川面が、おぼろに見えていたのを覚えています。

nightriver1.jpg



関連記事
10:09  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

悦楽の先にあるのは

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
更新ありがとうございます。
こちらは仕事中の息抜き覗いたらなんと刺激的なアップで、股間を抑えるのに苦労しました。

最後の涙目に順子さんのいろんな気持ちが洗い流されていれば良いのですが、女学生時代の順子さんには整理しがたい体験だったんでしょうね。
M先生への強い思いが、この身をささげても悔いはないという大和撫子的献身、なぜ?先生は他の殿方に私を捧げるのか?葛藤の中に答えは見つからないのも無理はないですよね。
でも、若気の至りもあり、順子さんにとっては最大の愛情表現、なによりも乱れた身体を悦楽へ導いてくれる新たな発見でもあったんでしょうね。
この後のM先生とはどうなったんでしょうか?楽しみです。
 |  2018.08.15(水) 13:59 | URL |  【編集】

若き熟れた女の身体

順子さんの学生の頃の身体は何人かの男の液を注がれ、O先生の液も今までの経験から今回ファンたちがやきもきする以前に多くの経験をつんでいた身体が反応した様子を読ませていただくと、なんだか拍子抜けしてしまいました。
純粋そうに見えてもそれまでに多くの竿を体験していたのですから~
こういう体験のブログを読ませていただくと、旦那様が寝取られさんでつくずくよかったと感じました。婚姻後もこれまで通りに経験を重ねることができる幸せを夫婦で楽しめますものね~
それにしても、この頃のM先生は順子さんの体調管理をすべて把握されていたこともわかりました。松江の時の先輩に抱かせたときも今回も安全な日に中だしさせて、きっとM先生も寝取られ体質だったのでしょう~
わんぱく |  2018.08.15(水) 14:16 | URL |  【編集】

整理しがたい体験

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

もう、随分と昔の出来事です。
いろいろなことを考えながら、過ごしていたつもりの学生時代でいたが、
今、思うとやっぱり、
いろいろなことに流されていたのだと思います。
ただ、ただ、M先生に嫌われたくなかったんでしょうね。

それに、女としての身体が、男の人のことを、
一番欲しがっていた時期なのかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
お盆休みはいかがお過ごしでしたか、
昨日は暑く、今日は午後から天気が悪くなるみたいです。
秋が待ち遠しいですね。

順子 |  2018.08.16(木) 12:18 | URL |  【編集】

何人かの男の液を注がれ

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

初めて男の人に抱かれたのが、
周りの女友達に比べると、随分と遅かったからでしょうか、
恥ずかしいけど、学生時代、本当にたくさんの男の人との関係を持ちました。
それは、M先生との関係の前から、そして、M先生との関係が始まってからも、
続いていたんです。

前にも書きましたけど、そんな私のこと、
薄々とわかっていた叔父たちからも、
大学卒業したら、実家に戻るように意見されたんです。

主人と結婚した後、
まさか、こんな夫婦になるとは思ってもみませんでした。
けれど、主人が求めるならば、仕方がないって思っています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.08.16(木) 12:26 | URL |  【編集】

「今夜は、寝かせないよ」

順子様
更新有難うございます。

拝読はしていたのですが、書き込めませんでした。恐縮です。

タイトルの通り、この後も記述は無くとも、明るくなるまで蹂躙されたのでしょうね。皆様がいうとおり妬けます。

「恥ずかしいけど、学生時代、本当にたくさんの男の人との関係を持ちました。」とありますが興味が尽きないですね~~。

楽太郎さんと一緒にずっと、嘆願しているのですが、「披露宴の夜」の彼の続編。「地中海旅行」の後ということだったのですが、随分とお預けです。次もしくは次々シリーズで是非! 
伊集院 |  2018.08.16(木) 19:32 | URL |  【編集】

たくさんの男の人と

伊集院さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

辛いこともあったけど、満たされていた学生時代。
今になって思えば、幸せだったのかもしれません。
先生とのことがなければ、今頃、知らない男の人と結婚して、
京都の街で暮らしていたのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
「披露宴の夜」待っていてくださいね。

順子 |  2018.08.17(金) 10:25 | URL |  【編集】

順子さま
更新、ありがとうごさまいます。

この夜は、きっと眠らせてもらえなかったのでしょう…
身体は満たされても、心はどうだったのでしょう…
先生のためと言われながら流されてしまった夜は、順子さまはせつなかったのではないかと…

もし、M先生と出逢いがなければ、もしかしたら、今のような生活ではなかったかもしれませんね。
柚葉 |  2018.08.18(土) 11:20 | URL |  【編集】

眠らせてもらえなかった

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

お盆休みも終わって、
今日は、お仕事はじめだったのに、
昨夜は、夫から、しっかり愛してもらって、
満たされた朝です。

そうですね、身体は満たされていても、
こころはどうだったのでしょう。
でも、M先生との出会いがあって、
随分と身体の感覚も、変わりだしたころだったような気がします。
学校でのなんでもない日常で、
友達とのおしゃべりの途中で、
急に、息が乱れるような、欲情に燃え上がることが何度もありました。
身体が男の人のこと、欲しかった時期だったんでしょうね。

どうだったのでしょうか、M先生との出会いがなかったら、
私たち夫、普通の生活をしていたのでしょうか、
それとも、やっぱり…。

コメント、ありがとうございました。
お盆はいかがお過ごしでしたか、
また、お願いしますね。
順子 |  2018.08.20(月) 12:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/473-82c888c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |