FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

O先生との夜4

2018.08.10 (Fri)


0ee5e817-s.jpg

両手首を、先生の趣味の良いネクタイで後ろ手に痛いほど縛られ、
猫足の椅子に座った先生の前に膝まづかされていました。

髪を揺らして抗う間もなく、
くちびるを押し開いた、先生の恐ろしく太く、グロテスクな男の人のもの、
私のお口の中で反り返り、ゆっくりと、のどの奥にまで届き、
えずきそうになった私、思わず逃れようともしましたが、
逆に、それまで以上に、もっと深くまで、押し込まれてきていたんです。

fellatio_4759-034s.jpg


「さっきまで、上品だった君の可愛らしいくちびるが、僕のものを咥えているなんて」

そう、いいながら、O先生、私の口の中の温かさと感触を楽しんだんです。
私、うっすらと涙を浮かべながら、その動きに耐えていましたが、
思いもかけないことなのに、先生のもので、口を犯されながら、
思いもかけず、自分の身体が熱く激しく燃え上がり、
さっきまで、指を入れられていた秘唇から、
男の人のものを迎えるための蜜液が、滲み出そうとし始めたこと、
気づいていたのでした。

8a97e372-s.jpg

M先生のために、貢物にされること、仕方のないことがと思っていた私でしたが、
それ以上に、女としての身体が、男の人のもの求めてしまっていること、
やっぱり、さっきの白い粉のせいだったのでしょうか、
私、ぼおっとした意識の中で、反り返ったO先生の、驚くほど太いものに舌を絡みつかせ、
懸命にそれ、吸いたてていたのです。

fellatio_4759-024s.jpg

「いく時は、聞こえるように言うんだよ。はっきり」

細く白い私の身体を押しつぶすような、大きな先生の浅黒い身体、
明るくした部屋のベッドの上で、そんな、二人の身体が絡み合っていました。

それは、仕留めた小鹿に、舌なめずりをしながら覆いかぶさる黒熊のように、
そんな風に、見えたかもしれません。

額に汗を浮かべて、焦るような声で、先生、
何も身に着けていない裸の私の身体、後ろから羽交い絞めにすると、
耳たぶに歯を当て、乱れた熱い息を吐きながら、二度、そう言ったんです。

0126.jpg

先生の左手には、恥ずかしいほど大きな音を立てるおもちゃが握られていて、
それが、ゆっくりと、私の中を出入りし、震えていたのでした。

それは、M先生との営みのとき、既に経験していたことではありましたが、
私にとっては、男の人のもので、悦びに昇り詰めるよりも、
はるかに、いたたまれないことのようにも思えていたのです。

images.jpg

「さぁ、僕のおもちゃになるんだ」

いくらも我慢できませんでした。
髪を揺らし、それで、悦びを告げることを抗いながらも、
ぞろりと、分厚い濡れた舌先で首筋を舐められ、
それまで以上に、深いところに、それ、えぐるように強く突き入れられると、
もう、我慢、できなかったのです。

それを咥えたままの腰が跳ね上がり、自分でも驚くほどの叫び声あげながら、
言われた通り、悦びの頂に、あえなく昇り詰めること、先生にしっかりと告げていたのでした。

1_1397628952_8_oYpgN.jpg

関連記事
19:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

示唆的表現

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

毎日、なんだか、忙しくて、そして、暑くて、
UP遅くなっても申し訳ありません。

いろいろ褒めていただいて、ありがとうございます。
ひとりで、こんな恥ずかしいこと書いてると、
楽太郎さんのコメント、励みになります。

夏休みになって、子どもたちも帰省して、
そして、姪っ子のところにも行ったりして、
忙しくしてます。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.08.10(金) 19:51 | URL |  【編集】

大丈夫な日

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

今夜は、主人小学校時代からのお友達と食事会、私はのんびりしてます。

あの時の、自分の身体のこと、
もう、忘れてしましました。
大丈夫な日だったのか、それとも、そうではなかったのか。
そんなこと考えないで、
神奈川に行ったような気がします。

どうかしていたのは、
間違いはないことなんですけど、
その頃は、ただただ、
先生のこと、一生懸命だったのだけは、
間違いないことでした。

コメント、ありがとうございます。
今年のお盆は、どんな風に過ごされるご予定ですか。


順子 |  2018.08.10(金) 19:58 | URL |  【編集】

悪いオヤジのツボにはまってしまう

椎葉さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

お盆はいかがお過ごしですか。
ゆっくりされる時間、あるのかなぁ。

何も分からないまま、O先生に身体、委ねていました。
それが、その時にできる、
M先生にできる、自分の愛情の表現だと思えていたのでしょうか。

怖かったのでしょうね。
「もう、いいから」
そう、M先生から言われることが。
そんなことにならないように、
その時の私、先生のためにどんなことでも、
しても良かったんです。

あぁ、思い出したら、
なんだか、そんな一生懸命だったそんな自分が愛おしくて、
涙が流れそうです。

コメント、ありがとうございました。
娘たちも帰省して、いろいろと忙しくしてます。
UPするの遅くなるかもしれませんが、
時々、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.08.10(金) 20:10 | URL |  【編集】

おもちゃの楽しみ方

なんて卑劣な奴だ!
貢ぎ物を丁寧に抱くのではなく、口を凶暴な竿で犯し、おもちゃで秘口を弄り、極限までせめて上り詰めたあと、このあとぐったりして魂が抜け落ちなにされてもよい精神状態にしておいて、じっくり本物で犯すつもりでしょう~
まさしくおもちゃにされる次回の更新楽しみです。
この夜だけでなく、何度もこういう夜をO先生とも過ごしたのでしょうね…
わんぱく |  2018.08.11(土) 03:23 | URL |  【編集】

勝ち誇った一言

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
毎日酷暑が続く中、ご親戚のお世話まで大変ですね。
やはり、充実した日常があるから非日常の楽しみを甘受でき、過去から現在までを冷静に俯瞰して一つのストーリーとして表現できるのですね。
これは、優しく順子さんを包まれているご主人の存在があるからなんでしょうね。羨ましいご夫婦関係ですね。
あ、けどご主人もたまにオイタしているみたいですけどね(笑)そのあたりは小生と動類ですね。どうかマイペースで更新なさってください。

あ、忘れた!O先生は勉学一筋で女性との接点は学生時代は皆無で童貞卒業も遅かった分権力掌中した際に失われた青春を取り戻そうと必死なんでしょうね。
「僕のものを咥えている…」の一言がすべてを象徴しているみたいですね。
けど、私含めて、今回男性陣は皆さん順子さんのお相手に反感を持っていらっしゃいますね。なぜだろう???
次の更新も楽しみです
 |  2018.08.11(土) 14:43 | URL |  【編集】

おもちゃの楽しみ

わんぱくさん、おはようございます。
お盆近く、いかがお過ごしですか。

おもちゃは、M先生から教えられました。
自分のこころとは関係なく、
否応なく、昇り詰めてしまうのが、
辛いとも、思えます。

でも、男の人って、相手の女の人がそうなってしまうの、
嬉しいんだろうって、
そうも思っています。
あぁ、前にも書いたように、今も使ってますよ。
主人がネットで時々買ってくれてます。

コメント、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.08.12(日) 10:25 | URL |  【編集】

僕のものを咥えている

楽太郎さん、おはようございます。
お盆休み、いかがお過ごしですか。

えぇ、娘たちも帰省、姪っ子の赤ちゃんのお世話、
それから、月初めに、東京から学生時代のお友達夫婦たちが来て、
楽しい時間過ごしました。
ちょっと、あぶないこともあって、
主人も話してあるから、また、書きますね。
あぁ、前に書いた、「みどりさんの彼と」読んでみてくださいね。(2018/01)

男の人って、相手の女性に咥えさせるの大好きでしょ。
楽太郎さんも、やっぱりそうなのかなぁ、
恥ずかしいけど、私も嫌じゃないです。
お口に入れられるのって、
身体に入れられるのと同じように感じちゃうんですよ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.08.12(日) 10:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/472-f5c82206

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |