FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

O先生との夜3

2018.08.06 (Mon)


nightriver1.jpg

薄っすらとした灯りの中、
壁一面の広いガラスのすぐ前に、街の灯とそれを映した綺麗な川面が見えました。
まぁ、素敵な部屋。
でも、その眺めを楽しむ余裕は、その時の私にはまったくなかったのです。

そんな背景の前に、
猫足の素敵な椅子に座った白いバズローブ姿のO先生がおられ、
傍らの小さなテーブルの上には、
よくわからないドリンクの空の容器が、数本、だらしなく倒れていました。

2010_0911k0033.jpg

「窓際に行ってごらん」
言われるがままに、部屋の前に広がる川の見える窓際に行きました。
部屋の灯りが僅かだから、
外からは、きっと、私の薄い影しか見えないだろうとも思えたのです。

「裸になりなさい」

背後に掛けられたO先生からの望まぬ言葉に、自分の身体が震えたのが分かり、
私、髪を振ったんですが、
そんな私に、追い打ちをかけるように、先生の言葉が続いたんです。

「Mにとって、これからが、大事な時だってわかるね」

肩を落とした私、仕方なく、夏物のワンピースの背中に手を回すと、
細いファスナーを下ろし、それ足元から抜くと、
近くにあった高級そうな椅子の背もたれに掛けたんです。
今夜の自分の身体が、まぎれもなく、M先生からO先生への貢物であること、
納得した私には、もう、そうするしかなかったのでした。

5062922e-s.jpg

O先生、そんな私の後姿、後ろから見ていたんでしょうね。
「下着も」って、掠れた声、聞こえました。

言われるがまま、ホックを外すと、肩ひもをずらし、
膨らみの上から手を被せ、ブラもショーツも、ワンピースの上に置きました。

ad0f8002-s.jpg

「ここに来てごらん」
隠すことのできない何も身に着けない裸、先生の言われるがままでした。

先生、暫く、そんな私の身体をゆっくりとご覧になった後、こう、言ったんです。

「上品な可愛らしい顔をしてるのに、なんて嫌らしい身体なんだ。
 腰はそんなに細いのに、あふれるような乳房だ」

140527a_0005-580x829.jpg

私、目を閉じて、先生の言葉が終わるのを待つしかありませんでした。
この身体を愛してくれた、M先生の望む通りの時間が、
その時、流れ始めてしまっていたのです。

それまで目を閉じていた私、「あっ!」って、声を出していました。
太股の間に、O先生の指を感じたからです。

「やわらかい、くちびるだ」

そう言うと、その指、溝に沿って動き始め、
ふらついた私、先生の肩に手を乗せて、
もう、されるがままに、僅かな桃色の声漏らすしかなかったのです。

先生の太い指、熱い恥唇を開きながら、
その太い二本の指先の根本まで、身体の奥にまで、ゆっくりと入ってきて、
顎を仰け反らせた私に、細い声をあげさせたんです。
恥ずかしいけど、身体の感じるままに、そう、してしまったのでした。

shutterstock_565980976.jpg

「なんて、狭いんだ」
肉ひだの中に差し込まれた二本の太い指、段々と開きながら、

「今夜は、寝かせないよ」
私の耳たぶを噛むと、O先生、低い声でそう言ったのです。

関連記事
13:25  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

Mにとって大事な時だってわかるね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
更新ありがとうございます。
冒頭の「ドリンクが数本」は順子さんに降りかかる不本意な悦楽を想起させるには十分な表現で、その示唆的表現は上手いですね。
いつもながら掴みの表現力には感心致します。

さて、前回のコメントで私含めて男性陣は皆さん口惜しさ、嫉妬、羨ましさ←これが一番かも(笑)が錯綜してましたが、柚葉さんは順子さんの大事なⅯ先生の為にと!女心を理解されているコメントがありまして、なるほどなぁ~っと感心しながら読ませて頂きました。
順子ファンの一人として貴女の過去話に一喜一憂するのは止めにして、純粋に楽しませていただきます。
悪い奴の見本のようなO先生の手練手管が楽しみです。
チクショ~~~あ、やっぱり妬んでいるなぁ~
 |  2018.08.06(月) 17:31 | URL |  【編集】

蹂躙される美しき女

世の東西を問わず貢ぎ物の美女を手に入れるのは、この世の権力を手中にしたものの特権であることは、あえて言うまでもないですね~
最近権力を我がものにしている輩達が世間の話題になっていますが、この先生もみついだM先生も駆除の対象ですね…
さて順子さん、どのように痴態をさらすのは次回の更新が楽しみです。
どこかの部長さんみたいにドリンク剤を服用しても効果がないこともありましたけど…
まさか、避妊してくれることもないから、先生は順子さんが大丈夫な日だと承知で預けたのかな…
自分が妊娠させるならまだしも、さすがに貸し出した男の液で妊娠させたら後味悪いでしょうから!
わんぱく |  2018.08.06(月) 17:46 | URL |  【編集】

順子さま
更新ありがとうございます。
更新されるまでの、この数日、妄想がとまりませんでした。

O先生から寝せられない夜をすごすんじゃないかって…
O先生から離れたあとは、M先生に…

立場を利用しなければ、きっと今回のような相手をすることもない男女の関係。
ちょっと思ったのは、O先生は、順子さまのお父さまと、同年代か、もしくはもっと年上の男性だったのではないかと。
身体がよくなることも、よくすることも覚えてしまった順子さま。
悪いオヤジのツボにはまってしまうんじゃないかと、心配になってしまいました。

男性陣は、是非とも、O先生と代わりたいと願っていますよね。
あんなオヤジに差し出すぐらいなら、僕たちに!って、声が聞こえてきそう。
またまた、妄想が膨らんでいきそうです。

柚葉 |  2018.08.06(月) 20:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/471-4933083e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |