FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

金沢百万石まつり 「秋吉」

2017.12.04 (Mon)


sex_5741-124s.jpg

思い出しただけでも、身体の奥が熱くなってしまう、
Tさんとの京都での一夜から暫くした六月に、
故郷のお祭りのひとつである「金沢百万石まつり 踊り流し」、
Tさんの奥さま桐子さんと、友人の葵さんと三人で見に行きました。

17314_01_152.jpg

二時間ほどの踊りですが、いろいろな団体の工夫を凝らした踊りがあって、
楽しめますよ。
皆さんも、是非、来られてみてくださいね。

13395040_1001034940015491_1933634740_n.jpg

見学して、一時間ほどしたところで、葵さんがお腹すいたっていうから、
香林坊のせせらぎ通りにある、焼き鳥屋さんの「秋吉」に行くことになりました。
カウンターしか空いてなかったけど、楽しかったですよ。

akiyoshi.jpg


「焼き鳥って、本当に久し振り。たまには、良いわね」

ビールで乾杯して、さっそく、お任せの焼き鳥いただきましたが、
たれが絡んだ焼き鳥で、とっても美味しかったです。

ダウンロード

「ねぇ、京都で、何してるの。お見舞い以外に」
「とくに何にもしてないわ。結構、叔母さんのことで忙しいの」
「そう、でも、京都の街、順子みたいな綺麗な人妻、ふらふら歩いてたら、
 声、掛けられるでしょ」
「そんなことないわ、時々、お寺や神社見学に行くけど、何にもないのよ」
「へぇ、ねぇ、順子、うちの主人と、京都で逢ってない?」
どきって、して、思わず、顔、伏せてしまいました。

「昔から嘘つくの、へたなんだから。やだぁ、順子、相変わらず、Tさんに抱かれてるのね」
そんな葵さんの言葉に、上手に答えることできなかったのです。

sex_5165-050s.jpg

昔から、私と、Tさん、身体の関係があること、桐子さんも葵さんも知ってるんですけど、
今も、この間みたいに逢っているってことは、知らないはずなんです。

「駄目よ、順子、Tさんとだらだら、続いたら。
それとも、Tさんのもの、あなたの身体が忘れられないのかしら?」
「いいのよ、葵。私もよろしくやってるから。でも、順子、まだ、そんなふうに若いから、
 Tのもので妊娠しないでよ。ややこしいことって、嫌いだから」
 
グラスに添えられていた指の震えが止まらなくて、手を胸に当てるしかありませんでした。

「順子のおっぱい、Tさんの方が、忘れられないのかもしれないわね」
「そうなのよ、私のこと抱きながら、順子のこと、いろいろ、言うことあるんだから」
「やだぁ、そんなことあるの?」
「順子のおっぱい、もう少しおっきいとか、順子の中もっと締まるとか」
「まぁ、恥ずかしい。そんな時って、桐子さん、順子の代わりに抱かれてるってわけね」

「やめてよ、もう」
桐子さんに謝ったら、この間のこと、分かってしまうし、そう、言うしかなかったんです。

「あのぅ、乾杯、いいですか?」
隣の三人組に、そう声を掛けられたのは、言葉に詰まってしまった私には、
助けられたタイミングでした。

まだ、二十代後半の会社員、乾杯した後、席を変えて、
女性のそれぞれの隣に彼らが座ってくれました。

r630202v.jpg

ゴルフの後の、打ち上げだそうで、ビールやハイボールのお代わりが続いて、
それに合わせるようにして、私たちもグラス空けちゃったんです。

酔いが少しづつ、身体の奥にまで、沁み込んでいくのが分かりました。

r665102v.jpg

私の隣に座った彼、背が高く清潔そうな印象で、言葉遣いも丁寧で好感が持てましたよ。

「皆さん、奥様なんですよね」
「えぇ そうよ。子どももいるのよ」
「良いなぁ」
「何が?」
「旦那さん、お幸せですよね」
「さあ、どうかしら、でも、どうして?」
「だって、あなたみたいな素敵な人、自分の好きにできるんでしょ」
「それはそうよ、夫婦なんだから」
「毎日?」
「えっ?」
「旦那さんと」
「やだぁ、そんなこと、ないわよ」
「僕だったら」
「僕だったら?」
「会社から帰ったら、もう、朝まで放さないけど」
「まぁ、情熱的ね」
「嫌?」
「嫌じゃないわ。愛されることは、幸せなことだから」
「じゃ、いいでしょ」
「えっ、何?」
「場所、変えません」

そんな彼の誘いに、とろんとした眼差し、彼の隣に座っていた葵さんの方を向けました。

あらっ、お相手の男性から、手を握られ、二人の指が絡み合っていました。
そして、彼の指が、葵さんの薬指から、きらきらとした指輪、
ゆっくりと外そうとしていたんです。

「すいません。僕たち二人、先に出ますから」

葵さんの左指から、人妻の証である指輪を抜き取っ彼、
葵さん、背中に手を添えられると私たちのこと見ないままに、
お店を出て行ったのでした。

「良いでしょ、僕たちも。
あぁ、マンション、すぐ近くなんです。飲み物もあるから、そこで、ゆっくり」

お店を出ると、まだ、お祭りの喧騒で、街はごった返していました。
すれ違う、沢山の人の波をすり抜けるように、そっと腰を抱き寄せられたまま、
思いもしなかった場所と時間に、向かい始めていたのでした。

berochu_5205-052s.jpg

その後のことは、ふふ、ひ・み・つです。


関連記事
14:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

秋吉ってそういうお店

秋吉は名古屋にもあるけど、まさか同席居酒屋みたいですね~
同席居酒屋って、女性の席に男性が座れる居酒屋さんですけど…
あとは秘密ってことは3人とも喧騒の街に3組がそれぞれ消えたということですね~3人とも魅力的だから、仕方ないですね~
今回もいっぱい身体の奥に液をいっぱい受け入れたことでしょう!
それにしても独身のマンションに行ってしまったら、これまでのように継続的な関係が生じてしまいそうですね…
独身の彼たちは、素敵な奥様たちを手に入れてうらやましい
わんぱく |  2017.12.04(月) 15:33 | URL |  【編集】

ナンバリングが無い・・

順子様
更新有難うございます。

ということは、「秋吉」はこれにて終了なんですね・・。

牧田さんといい、スカイツリーの夜といい、ひ・み・つは辛いですね。

でも、また、次のアバンチュールのニューチャプターへ・・(*^。^*)
伊集院 |  2017.12.04(月) 22:28 | URL |  【編集】

ようやく

こんばんは。
ようやく金沢に戻られて、続編楽しみにしてます。。。


海原 |  2017.12.05(火) 21:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/468-6fd4bd56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |