FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

小舟の行方11

2017.11.28 (Tue)


お昼に一度、お風呂で済ませていたのに、
彼、この夜、二度私の身体の奥に、
思いを遂げました。

求められもしないのに、荒い息を吐きながら、彼の逞しい腰に跨ると、
揺れ動く乳房を下から揉みあげられ、
ふたりのしっかりと繋がっているところ、見られていました。

06.jpg

自分でも驚くほど、恥ずかしい叫び声を上げ続けたのは、
彼に、背中を見せながら、繋がった腰を、強く抱き寄せられたときでした。
その時までには感じなかった、身体の深いところにまで、
彼の、太く固いものが届き、奥を押し開くように、突かれ続けられたからです。

back_5252-035s.jpg

何度、悦びに上り詰めることを、彼に告げたのか思い出せません。
身体の震え、治まる間もなく、続けて、身体を仰け反らせていたし、
寄せられてきたくちびるを、私の方からねだっていたようにも思います。

sex_5741-124s.jpg

爽やかな涼風の吹き抜ける、初夏の林の中で、
初めて、彼と身体を繋いでから、随分と時間は経っているはずなのに、
この夜、彼のもので繋がった瞬間に、馴染み合ったお互いの身体を感じていました。

彼の肩を、背中を抱きしめ、私の体の奥に、どくどくと注がれる彼の精液を、
逞しい腰を引き寄せながら、どうしようもなく自分の奥に、全部出してもらいたくて、
逞しい彼の腰に、繋ぎあった自分のもの擦りつけていたのでした。

「もっと、もっと、突いて」
「あぁ、大好き」
「中に、中にお願い」

222.jpg

そんな、人妻として、言ってはならないことを、叫んでいたのかもしれません。
そして、その声は、枕元に置かれた電話を通じて、誰かに聞かれていたのかもしれなかったのです。

関連記事
14:17  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

素晴らし過ぎる・・

順子様更新有難うございます。
お久しぶりです。

今回は「小舟の行方10」の不満を補って余りある回ですね。

実は前回、セックスの描写なく射精後を描かれ残念な回でした。でもそれは今回のための露払いだったのですね。やられました。

「お昼に一度、お風呂で済ませていたのに、彼、この夜、二度私の身体の奥に、思いを遂げました。」

「その時までには感じなかった、身体の深いところにまで、彼の、太く固いものが届き、奥を押し開くように、突かれ続けられた」

「私の体の奥に、どくどくと注がれる彼の精液を、逞しい腰を引き寄せながら、どうしようもなく自分の奥に、全部出してもらいたくて、逞しい彼の腰に、繋ぎあった自分のもの擦りつけていたのでした。」

「その声は、枕元に置かれた電話を通じて、誰かに聞かれていたのかもしれなかったのです。」

海綿体を充血させた箇所を抜きましたが、今回の半分ぐらいになっちゃいますね。

いや、実は今回の11ではTさんになりきり、射精してしまいました。(*^。^*)

京都の不埒な出来事楽しみにしています。


伊集院 |  2017.11.28(火) 21:53 | URL |  【編集】

愛情

夫婦愛を越えて、今貫かれているTさんの愛を全身で受けとめているのは、女の性とでも言うのでしょうか?
寝取られの旦那様への愛情でしょうか?
ほかにも京都で何人かの液を受け止め、それぞれの男に満足されたのでしょう~
順子さんと知り合いたいです!
わんぱく |  2017.11.29(水) 04:43 | URL |  【編集】

遠距離スワッピングですね

順子さん こんにちわ、楽太郎です。

やはり、ご主人はTさんの奥さんとの逢瀬を楽しんでおられたんですね。
遠距離スワッピングは中々、興奮しますよね。
私も過去に経験ありますよ(笑)
耳元で聞かれているのか聞かれていないのか?
携帯から入ってくる喘ぎ声が誰なのか?

非現実的な営みが、さらに淫欲を掻き立て、背徳感にまみれ、
罪深きひと時があるべき相手への思いをかき消し、情欲に支
配された雄と雌の享楽を更に深みに堕とし入れていったんでしょうね。

その証拠に順子さんが「もっと…」と征服される牝の喜びをTさんに哀願した様は、本能から漏れた叫びなんでしょうね。
楽太郎 |  2017.11.29(水) 13:54 | URL |  【編集】

征服される牝の喜び

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

Tさんと主人との間に、どんな約束があったのか今も分かりません。
電話の相手が、主人だったのかどうかも、
もちろん、本当のことは分からないんです。

ただ、Tさんに抱かれて、悦びの時を迎えてしまったことは、
紛れもない事実でした。
こんなことはないだろうと思っていたのに、
これからも、また、こんな時間が続く幕開けだったとも思えています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。



順子 |  2017.12.01(金) 20:25 | URL |  【編集】

何人かの液を受け止め

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

京都から、さっき、帰ってきました。
皆さんからのたくさんのコメント、ありがとうございます。

人妻として、あってはならない時間を過ごして、
そして、そのこと、こんな風に、皆さんにお話しして、
随分と、呆れられているんだろうなって、
そう、思っています。

京都でのいろいろな恥ずかしい出来事、
主人が許してくれたら、皆さんにもお話したいと思っています。

私たち夫婦は、えぇ、大丈夫ですよ。
どこにでもいる仲の良い夫婦です。
まさか、こんなことしてるなんて、
誰も思わないでしょうから。

わんぱくさん、コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2017.12.01(金) 20:31 | URL |  【編集】

射精

伊集院さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

随分と寒くなってきましたね。
本格的な冬の到来かなぁって思いながら、
帰ってきました。

伊集院さんのコメントにある「射精」って文字を見た瞬間、
身体がひどく熱くなってしまって、困りました。
ごめんなさい、
そのことが本当ならば、
女として私、何もしてあげられなくて、
申し訳ないと、思っています。

伊集院さんの大切な男の人の液、
そんなにされてしまっただなんて、
奥さまにも、申し訳ないです。

あぁ、せっかく、久し振りに帰ってきたというのに、
もしかしたら、今夜、主人に抱かれるかもしれないというのに、
伊集院さんの温かい男の人の液のこと、
思い出しながら、抱かれるのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
二人で眺めた稲佐山からの夜景のこと、
なぜだか思い出してしまった、そんなコメントでした。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2017.12.01(金) 20:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/467-e31b7dcf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |