FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

小舟の行方4

2017.10.10 (Tue)


「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

昨日の夜、いつもと変わらぬ、清潔なシーツの上で、
眠れぬままの闇の中で、長い間、身体をくねらせていました。

思い浮かべたくはない彼とのこと、
明日は、もしかしたら、ただならぬ時間を迎えてしまうかもしれない予感が、
いつも通りの眠りを拒んでいたのかもしれません。

500.jpg


いたたまれなくて、そっと、パジャマの胸元から、右手を滑り込ませ、
今だけは、自分だけのものであるはずの、たわわな乳房をたなごころに包みました。

3ced830e-s.jpg


指の間に挟まれた乳首は、すぐに硬くとがり、
望んでいた桃色の淡い悦びが、身体中に広がり始めると、
濡れたくちびるが薄っすらと開き、甘い声が漏れること、我慢できませんでした。

nipple_5341-002s.jpg


幾らもしないうちに、パジャマと下着を太ももまで下ろし、
もう、蜜液にまみれだしている恥ずかしい柔芽に、白く細い二本の指を添え、
誰よりも知っている自分の身体を、
間違いのない、悦びにいざない始めていたのです。

自分が望む悦びのはずなのに、
それを拒むように、大きく髪を振ってました。
傍らのシーツをかみ締めながら、恥ずかしいほど濡れた指先の動きを早め、
やがて、訪れるだろう、桃色の頂きを予感した途端、、

「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

突然こころに浮かんだ、彼の言葉に誘われるように、
自分ではないと思えるものが、乱暴に乳房をもみ上げ、
自分の身体を走り抜ける、恐ろしいような悦びが白い腰をシーツから跳ね上げると、
とうとう、我慢できなかった悦びに達する声、誰かに聞かせるように漏らしながら、
気を失うような真っ白な悦びの中に、昇り詰めていったのです。

sc677.jpg


「あぁん いっちゃう」

濡れたまぶたを薄っすらと開くと、
望んでいた悦びが訪れたこと確かめるように、
もう一度、柔らかな乳房、ゆっくりと揉んでました。

「ごめんなさい、パパ」

けれど、それは、夫のある身でありながら、自分の指で悦びに震えたこと、
いえ、それ以上に、
桃色の頂に昇り詰めるその瞬間、夫ではない男の人のこと、こころに浮かべたことだったのです。

telephone_sex_5725-010s.jpg

どうかしていたのかもしれません。
今は望めない男の人のものを求めて、
驚くほど蜜液を溢れさせていた秘唇、もう一度開くと、
二本の細い指先、ゆっくりと滑り込ませました。

その指に応えるよう絞まりだした、自分の中の嫌らしくひくついているひだを感じながら、
諦めたように、そっとまぶたを閉じた、そんな夜だったのです。

c3737040-s.jpg

関連記事
15:26  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

欲望の趣くままに性を受け入れる不貞の醍醐味!

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

私が京都に来てから、主人がどんな生活をしているのか、
本当のことは知る由もありません。
楽太郎さんが言われているようなことが、あっているのか、そうではないのか。
でも、仕方のないような気もしています。

「小舟の行方」のタイトルの意味、
場所も含めて、続き読んでみたくださいね。

叔母さんの容態、思ったよりも長くかかりそうで、
もう暫く、こっちにいる予定です。
お正月もこっちになるかもしれません。
それは、それで構わないんですけど、
いろいろなことがあって、主人には申し訳なく思っているんです。

コメント、ありがとうございます。
時々しか読めないし、お返事書けませんけど
よろしくお願いします。


順子 |  2017.10.10(火) 15:34 | URL |  【編集】

すべてを受け入れる日にちの設定

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

主人が、自分以外の男の人の赤ちゃんを、
私に産ませようとしているのかどうか、わかりません。
そんな恐ろしいこと、きっと、ないんだろうと思うんですけど。

でも、自分を抱いてくれている男の人の大切な精液、
スキンの中なのか、お腹の上なのか、
それによって、随分と悦びの深さは違っているようにも思えます。
恥ずかしいけど、やっぱり、身体の奥に出してもらいたいし、
それも、赤ちゃんができるときに迎えるのが、
一番強いな悦びのような気がします。

あぁ、やだぁ、わんぱくさんが変なこと書くから、
ちょっと、身体、熱くなってきたみたい。
男の人の液のこと思っただけですけど、
やっぱり女って、弱いなぁって、思います。

わんぱくさん、コメント、ありがとうございます。
また、暫く返信できないかもしれませんけど、よろしくお願いしますね。
さようなら。

順子 |  2017.10.10(火) 15:45 | URL |  【編集】

想定外のラブァフェア

旦那様が仕組んだTさんとの情事ではなく、もっと罪深い方との秘密の情事で、奥深く白い液を注ぎ込まれているのでは…
自慰では過去に関係を持ったことのあるTさんでしたが…ほかにも違うDNAの液も注がれたことだと思います。
ゆっくりで結構ですので、期待してます。
京都なら、満たされないとき、私にもチャンスくださるとうれしいです。
わんぱく |  2017.10.11(水) 09:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/457-8bc009ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |