FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

小舟の行方3

2017.09.26 (Tue)


0c4e7162-cb9f-4c82-84d4-54abe73f19af.jpg


「あぁ 今、逢えたよ。隣に座ってる」

言われたように、京都駅の裏にある駐車場に行くと、
見慣れたTさんの紺色の自動車が停まっていました。

p1.jpg


薄いスカートに気を付けながらドアを閉めると、
いつものように、良い香りがしました。

「あぁ、ちょっと、代わるから」

そう言って持たされた電話から、
なぜだか今は懐かしい、夫の低い声が、
随分と遠くから聞こえたような気がしたんです。

「楽しんでおいで」

何も言えないままの私。

「あぁ、約束通り、時々、報告するから」

そう言って、電話を置いた彼、人目が無いことを良いことに、私の肩を抱き寄せると、
青いイヤリングの揺れる耳たぶに、熱い息を感じさせながら、
くちびる近づけてきたのです。

tumblr_ntuea0TVct1u8m4aeo7_1280.jpg


「君が駅から歩いて姿を眺めているだけで、堪らなかったんだ。ほらっ、こんなに」
 
「えっ いやっ」
驚いて髪を揺らして抗ったのに、引かれた手のひらが、
彼のチェックのスラックスの前に引き寄せられると、
私を求める懐かしいふくらみに触れ、その温かさを感じた途端
彼の手が望むがままに、ゆっくりと摩りだしていたのでした。

img_23.jpg


抗うことも、拒むこともできませんでした。
それは、できたはずなのに、なぜか、出来なかったのです。

自分は、たった今まで、声を聞いていた夫の、紛れもない妻であるはずなのに、
今、自分の身体を求める、違う男の人の熱さに触れて、
大切な夫への貞操が、だらだらと溶け出していることを、感じていたのでした。

sex_5741-177s.jpg

関連記事
15:59  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

淫靡な世界の幕開けですね

順子さん、おはようございます!楽太郎です。

嫉妬渦に巻き込まれながらも、平静を装ってTさんに愛妻を委ねるご主人のお気持ちは推し測ることができません。けど、ご主人の今晩の相手はTさんの奥様かと、

さて、「小舟…」の題名を考えたんですが、今から向かうところは、嵐山にある例の☆リゾート旅館でしょうか?
男女が愛し合うには最高のロケーションですよね。
順子さんがTさんとの躊躇ない放蕩、淫猥な姿態をさらけ出し、欲望の趣くままに性を受け入れる不貞の醍醐味!
京都の夜の帳が下がるころ、艶麗な順子さんの積極美が淫光されることでしょう。
続き楽しみにしております
楽太郎 |  2017.09.27(水) 11:22 | URL |  【編集】

遠距離スワップ

楽太郎様は、遠距離のスワップと思われていますが、私は順子さんをTさんに委ね、ご自分は寝取られ気分に浸ると思います。これまでも順子さんを昔の彼のお医者様に預けたり、やはり寝取られの嗜好だと思います。確かにご自身も順子さんのお友達と関係をしてますが、あくまでも順子さんが躊躇なく受け入れるための役割にすぎません。その証拠にすべてを受け入れる日にちの設定をしていることからも…本当は、妊娠してほしいという悪魔の心が芽生えていると思いますが…
この後の展開だけでなく、順子さんのコメントの返答も期待してます。
わんぱく |  2017.09.27(水) 12:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/456-debc1b4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |