FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

小舟の行方2

2017.09.22 (Fri)


bukkake-2129-07s.jpg

「堪らないんだ、順子の身体、思い出すと」
「いや、もう、忘れてくださいね」
「ちょっと、待って。あの時の順子とのこと、思い出してもらうから」

暫くすると、電話、ブルブルって震えて、
画像が送られてきたことがわかったんです。

恐る恐る開いてみた写真、
あぁ、それは、ふたりが身体を繋ぎあった彼の別荘で、
幾度とない悦びのために朦朧となった時、
足元に準備されていたカメラで撮られてしまったもの。

見直す必要もなく、ふたりの愛液と精液に濡れた性器が、
これ以上はないほど、しっかりと繋がり合っている姿だったのです。

それも、目を逸らすほど、嫌らしい格好で。

0f7519d0-s.jpg


「嫌ぁ、困るわ」

上ずった声で、やっと応えた私、
手をあてがった、うすいブラウスの胸元が、幾らかの喘ぎのために、
膨らんでうろたえたそんな私を、まるで、見透かしたように、

「大丈夫な時なんだよね」
「えっ!」

彼の言葉の意味、すぐに察した私、
あぁ、どうして、そんなことを知っているの。

「教えてくれたんだ」

えっ 夫が彼に、そんな恥ずかしいこと、言ったの、
それって、ふたりが過ごす時間が、どんな時間になるのか、
夫が許したってことなのね。
それも、最後は、彼が望むままにしなさいってこと?。

141209-0056.jpg


「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

傍らの東屋の柱に手を添えました。
軽いめまいを感じ、両足から力が抜けそうだったのです。
けれど、その時になって、
自分の身体が熱を帯び、薄っすらと濡れようとしているのに気が付きました。

遥か遠くからの、彼の声だったはずなのに、
その誘いの声に、素直に応えようとしている自分の身体、
恨めしくも思えたのでした。

吐息をもらし、見上げた虚ろな眼差しの先には、
さっきまでいた貴船神社が、映りました。
あってはならないTさんとの約束。
思いもかけない復縁は、神様の戯れだったのでしょうか。

13116663_299348260396195_1527151561_n.jpg

関連記事
20:43  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

お久しぶりです

こんばんは、お久しぶりです。

久しぶりに落ち着いて、読破しました。

さすがです。

また、読みに伺います。
海原 |  2017.09.22(金) 21:17 | URL |  【編集】

う、うまい・・

貴船神社の「和泉式部が、こころの離れてしまった夫との、復縁を果たしたことから、縁結びの神様」の件は、Tさんとの再々交接のためネタ振りだったのですね。

さすがです・・。

いつも、「巨根だからといって・・」とわんぱくさんの巨根論をたしなめる順子さまですが、やはりTさんのモノから離れがたいようですね。それにご主人も共謀共同正犯のようですし・・。

今後の展開が楽しみです。
伊集院 |  2017.09.22(金) 21:26 | URL |  【編集】

Tさんは京都と言うことは

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
貴船神社は確か水神様で絵馬の発祥と言われてましたよね。縁結びの神様では有名ですが、実は呪咀神としても信仰(いわゆる丑の刻参り)があり、八坂神社の嫉妬から縁切られるとは別の縁切り神社とも言われていると京都の友人から聞きました(結局どっちやねんですね)
もしかすると神仏に帰依し、今回で順子さんとTさんをきっぱりと別れさせるための算段か?
はたまた、神様の戯れではなくご主人の趣向からくるイベントで金沢のTさんの奥さんとご主人が…遠距離スワッピング完成ですね。

続き楽しみにしております

楽太郎 |  2017.09.23(土) 16:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/455-b860c159

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |