FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

小舟の行方

2017.09.17 (Sun)


京都の五月を楽しんでいます。

叔母さんのことで、高校大学と暮らしていた京都にいます。
毎日、入院している叔母さんの病院に行って、身の回りのものを届けたり、
お話し相手になったり。

永く高校の校長先生をしてて、今、神戸の大学で講師をしている叔父さんは、
講義の関係で、週の後半は大学の宿舎に泊まるので、それほど、手は掛からないんです。
子どものいない叔母さんのところで、高校時代、実の娘のように暮らしていた私、
その時、お世話になった分、孝行しているつもりです。

w621_20120503122124.jpg


五月の京都は、散策するのには良い気候ですよ。
今日は、お見舞いの後、ひとり叡山電鉄に揺られて、
貴船神社付近の新緑を楽しんできました。

和泉式部が、こころの離れてしまった夫との、復縁を果たしたことから、
縁結びの神様として、人気ありますよね。

13116663_299348260396195_1527151561_n.jpg


昨夜、幾らか雨が降ったお蔭でしょうか、新緑のもみじの間を吹き抜ける、
気持ちの良い緑風を、東屋で楽しみ佇んでいたら、
あらっ 電話だわ。
やだぁ Tさん。
どうしようかなぁって、ちょっとだけ、慌てました。

夫ではない男の人からの電話。
でも、もう、何度も身体を繋ぎあった時間を過ごし、
その男の人のしるし、
幾度となく、注ぎ入れられたことのある人だから。
知らない振りするの、それは、やっぱりできるはずもなくて。

他人ではなくなるって、やっぱり、こんなことなんだろうなって、
そう、思います。

24b7ddb2.jpg


「明日、そっちで逢えるよね」
「駄目よ、ふたりだけで逢うなんて」
「もう、話してあるから」

Tさんが、ひとりで京都にいる私と、ふたりだけで逢いたと言ってるって、
暫く前、夫婦の営みの中で、夫に言われてました。

でも、断ってほしいって、そう、言ったはずなのに。
ふたりが逢えば、もしかしたら、また、あってはならない時間が流れてしまうって、
夫も、分かっているはずなのに。

berochu_5205-052s.jpg


けれど、彼の微かな息遣いを聞きながら、
明日から、叔父さん、いつものように神戸に行くって言ってたし、
叔母さんのお見舞いも、午後には終わるわって、
逢ってはいけない人から求められた時間、工面していた自分に気付いて、
私自身が、驚いていたのです。

berochu_5205-065s.jpg
関連記事
14:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

皆さん、こんにちは。
留守していた間も、コメント、ありがとうございました。

お行儀悪いけど、殆ど裸の姿でPCの前に座っています。
さっきまで、ベットの上にいて、やっと、主人、私のこと、放してくれました。
久し振りだったから、仕方ないですよね。

わんぱくさん。
私は、男の人のものの大きさ、忘れられないってこと、
余りないような気がしています。
大学時代経験した、黒人の留学生のは、すごかったですけど。
牧田さんやTさんと、もしも、また、そんなことがあるとしたら、
こころよりも、身体が思い出してしまうのかもしれませんね。

京都にいる私の身体に対して、男の人たちが
争奪戦を繰り広げるって、夫から、遠く離れてしまっている私の身体に、
男の人が、群がりだしているようで、
なんだか、恥ずかしいけど、身体が熱くなってしまいます。
でも、そんなこと、ないと、いいんですけど。


伊集院さん。
本当に、私もびっくりしました。今、京都にいるので、
それまで書いた原稿を主人に渡していて、
写真を貼り終えたらUPしてねって言ってあるんですけど、
まさか、あんな、恥ずかしいの載せるだなんて。
でも、お願いしている以上、仕方ないですね。

楽太郎さん。
まぁ、よく気が付かれましたね。
えぇ、神戸のNさんの奥さまから、時々、連絡いただいています。
せっかく、京都にいるんだったら、
自分のマンションに、泊りがけでいらっしゃいって。
地中海や台湾での思い出話でも、しましょうって言われているんですけど、
心配なこともあるから。どうなるかわかりません。

皆さん、ありがとうございます。
連休中は、こちらでゆっくりして、
週明けから、また、叔母さんのところに行く予定です。
コメント、お願いしますね。
さようなら。



順子 |  2017.09.17(日) 15:28 | URL |  【編集】

さようなら・・

順子様
更新&個別有難うございます。

何度目のご登場でしょうか?いよいよ真打Tさんの巨根の登場ですか?
もう、すっかり、Tさん色に染められてしまっている順子様の「いやよいやよも好きの内」を地でいくあたりが、女性の性を見事にあらわしているようで興味深いです。

PS.さようならという言葉は嫌いです。
伊集院 |  2017.09.17(日) 23:52 | URL |  【編集】

「バージン★ママ」法制局長官・伊集院

「バージン★ママ」法制局長官・伊集院君

伊集院:「百万石まつりの夜9」の中で、順子様は「女将さんが障子を開けた、ほんの僅かな時間の間に、酔いのためだったんでしょうね、素敵な牧田さんとの恥ずかしいこと、思ってたんです。」として、肉体関係はなかったとおっしゃっておられます。また、「百万石まつりの夜11」では、「その後どうしたかって、ふふ、ごめんなさい。それは、ひ・み・つ なんですよ。」とおっさしゃられておられますが、今回のコメント「わんぱくさん。私は、男の人のモノの大きさ、忘れられないってこと、余りないような気がしています。大学時代経験した、黒人の留学生のは、すごかったですけど。牧田さんやTさんと、もしも、また、そんなことがあるとしたら、」と牧田さんとの関係をついに公言されてしまっておられます。
これは大きな発見であります。

以上で答弁終わります。
伊集院 |  2017.09.18(月) 01:07 | URL |  【編集】

伊集院さんへ

順子さんのわたしへのコメントから過去の曖昧な関係をはっきりさせた推察に感服しました。
順子さんの秘口は、このブログ読者のなかにも実体験している方もいると思いますので、私も伊集院さんも妄想だけでなく、味わいたいひとりですよね~
わんぱく |  2017.09.18(月) 06:00 | URL |  【編集】

わんばくさんへ

御意!
伊集院 |  2017.09.18(月) 13:46 | URL |  【編集】

こんばんわ

皆さん、順子さんの過去体験で盛り上がっていますね。

順子さん、まずはお忙しい中でのアップありがとうございます。
いつもながら京都の風情が感じ取られる画像と表現で、旅情気分に浸っております、最も私も京都はよくいきますので、これは、川床ひろやかな?高雄の川床も良いですけどね。
この時期はアユ料理が美味しいですよね。

川の潺に涼を感じ、肌に触れるそよ風は愛撫とも言えますよね。
この風が順子さんの淫蕩な牝の部分を引き出したんでしょうね。
ご主人も金沢で順子さんの淫らな姿態を想像されいることでしょう。

次回も楽しみにしています
楽太郎 |  2017.09.19(火) 19:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/454-5112eba6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |