FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

台湾旅行4 懐かしい唾液

2017.03.21 (Tue)


パパと奥様、そして、OPに参加したツアーの皆さんと、
はぐれたようにして、夜店の街を散策しました。

DSC_0268.jpg

組まされた腕、Nさんの肘が、私の胸の膨らみを、
確かめるように、何度も、押し付けられてきましたが、
もう、仕方のないことだと、諦めるしかなかったのです。

big_boobs_5312-106s.jpg

夜店を冷やかし、二人で歩きながら、
可愛らしい小籠包とマンゴーカクテルを頂きましたが、
カクテルが美味しくて、二杯も飲んでしまったんですよ。


ホテルには、タクシーで帰りました。
どうせ、私はパパとの部屋に戻るんだからって、そう、思ったのに、
エレベーターに入ると、何も言わないままのNさん、
腕を絡めたまま、自分の部屋のある階のボタンを押したんです。

dsc00104.jpg

「ご主人には、前から、話してあるから」

えっ、前から? 話してあるからって、何を?

その答えを見つけられないままに、Nさんたちの部屋の前まで来ると、
そのまま、背中を押され、仕方なく入るしかなかったのです。

数歩、部屋の中に入ると、
案の定、思わず声が出るほど、強く抱きしめられました。

両腕の手のひらを、Nさんの逞しい胸板に当てて、
押し返そうとしたけど、
仰け反って目を閉じた隙に、くちびる、重なり合い、
彼の熱い舌先が分けた私のくちびるに、ぞろりと差し込まれてきたのです。

1873-12s.jpg

懐かしい匂いのする唾液が、口の中に広がりました。
逃げ惑う私の舌に、分厚く長いNさんの舌が絡みつき、
そして、唾液と一緒に、吸いたてられると、

頭の中に、あっという間に、薄いもやが掛り始めたように思え、
身体中から、力が抜けていくのが分かりました。
抱きかかえられていなければ、そのまま、
カーペットの床に、崩れ落ちたのかもしれません。

二人のくちびる、唾液の糸を引きながら、やっと、離れると、
身につけていた、薄いブラウス、短めのスカート、ゆっくりと脱がせられ、
傍らの椅子に掛けられました。

恥ずかしそうに、ブラに隠された乱れた息遣いの胸、両手で隠しましたが、
背中に回されたNさんの指、
驚くほど上手に、ホックを外すと、
たわわな白い乳房、彼の直ぐ目の前に、こぼれ出たのです。

b9f70468-s.jpg

それまで以上に、Nさんの息遣いが、荒くなったようなきがしました。
そして、私の自身も、治まらない息のままに、

「かんにんして、このまま、返して」

そう言いましたが、私の言葉、聞こえないように押し倒され、
広いベッドの上に横たわるまで、幾らも、時間は、かかりませんでした。

何も身に着けない、産まれたままの身体にさせられ、
その白い身体に、彼の、逞しい身体が、覆いかぶさってくると、
濡れたくちびるが、私の、耳元、首筋、そして、くちびるを這いまわったのです。

b88bbe488efb88ed63de8b6ff0e8a2e7-630x456.jpg

正直に告白すると、
抗いながらも、地中海での時間、少しずつ、身体が思い出し始めていました。

二度の過ち。
すぐ近くに、最愛の夫がいたというのに、
Nさんの欲望の求めるがままに、自分の身体を開き、彼の温かな男の人のしるし、
とうとう、受け入れてしまった時間を。

d0f5c9dc-s.jpg

それは、これまで経験がないほど、強い、悦びの時間でした。
気を失うかもしれない、そうも思えるほどでした。
そして、もっと、もっと、深い悦びにいざなってもらえるように、
人妻であるはずのこの身体のすべてを、Nさんに、与え続けた時間だったのです。

半年振りの私の裸の身体、
長い時間、Nさん、見下ろしているのがわかりました。

9bf5cbd0-s.jpg

あの、怖いくらいに太い男の人のもの、受け入れるために、
自分の女の身体が、正直に、準備を整わせていたのが、
恥ずかしいけど、自分でも、感じらていたんです。

人妻として、夫ではない男の人のもの、受け入れること、
ひどく、抵抗があるはずなのに、
おびただしく濡れてしまった身体の奥から、
つぅーっと、透明な愛液が、伝い流れ出していたのでした。

Nさんの熱い両手が、柔らかな白い太ももの内側に触れ、
ゆっくりと開かれて、彼の熱い身体が触れてくると、
覚悟を決めたことを告げたような、
自分の桃色の細い声、聞くことになってしまったのでした。

630x388.jpg





関連記事
15:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

ご主人了解済みですねぇ

順子さん、こんばんは!楽太郎です。

更新ありがとうございます。
少し間があきましたので、体調崩されたのかと心配しておりました。季節の変わり目ですからね…ご自愛ください。

さて、N部長さんの狩りが再度始まりましたね。
順子さんも半年前の罪深い姦淫は頭では抗いながらもご主人以上に喜びを与えてくれる狩人の前では、ただ、跪くしかないわけですね。

逞しい胸から伝わる淫靡な鼓動は隷属を誘い、口元から漏れる吐息は哀歌ではなく、煽情的な姿態とともに狩人に享楽を与えるだけなんでしょうね。

ご主人が嫉妬の渦に巻き込まれる情景が目に浮かびます。私も同類なんで、、、、
楽太郎 |  2017.03.21(火) 19:46 | URL |  【編集】

狩人に享楽を与えるだけ

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、勉強になる楽太郎さんのコメント、
素敵でした。
文章、お上手ですね。
ちょっと、うっとりしました。

子どもが進学して、京都まで行ったり来たり、
ちょっと忙しい月末になりそうです。

台湾のこと、思い出します。
人妻としていけない数日を過ごした時間。
なんだか、思い出してはいけないことなんですけどね。

コメント、ありがとうございました。
続き読んでいてくださいね。

順子 |  2017.03.21(火) 20:43 | URL |  【編集】

今回も二連発ですかね?

順子さま
更新ありがとうございます!

年末の回想シーンでは部長さんのモノを激しく吸いたてていましたね。

このまま挿入されて、愛欲が覚醒させられて二発目に、順子さまから積極的にフェラーリするのでしょうか?

展開たのしみです!

追伸 更新が空いてさびしかったです!ありがとう
伊集院 |  2017.03.21(火) 21:57 | URL |  【編集】

出遅れました

楽太郎さんも伊集院さんもすでに書き込まれて、私出番ないです。
これからNさんの精子がどこに出されるかが興味あるとこですが…危ないときでも秘口の奥に決まってるし、ド太い竿で思い切り開かれて妊娠しそうな情景を期待します。
わんぱく |  2017.03.21(火) 22:35 | URL |  【編集】

愛欲が覚醒

伊集院さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

思い出したくない、昨年末の台湾旅行。
主人と二人だけだったらよかったけど、
心配なNさんご夫婦と一緒だったから。
地中海旅行の時と同じように、
何も身に着けていない、
裸の身体、抱きしめられ、
悶えさせてしまったのです。

Nさんの男の人のしるし、
その温かさを、思い出してしまった、
一瞬でした。

コメント、ありがとうございました。
先に書きましたように、
京都の方に、行ったり来たり、
ちょっと、忙しい時期になっています。
すこし、間が空くかもしれません。
ごめんなさい。

順子 |  2017.03.22(水) 10:18 | URL |  【編集】

妊娠しそうな情景

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、赤ちゃんのこと、安心な時期じゃなかったので、
やっぱり、ひどく、心配しました。
当たり前ですよね。
きっと、Nさん、地中海の時と同じように、
私の身体の中に、自分のもの、
たくさん出したかったでしょうから。

でも、懐かしいNさんの肌の匂いに抱きしめられ、
そんな心配を忘れてしまいそうだったんですよ。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2017.03.22(水) 10:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/441-fef71324

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |