FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

佐渡での夏休み3

2016.11.16 (Wed)


カーテンの引かれていなかった、
空け広げられた広い窓から、明るい朝日が射しこんでいました。
昨日と違う、女にされた身体を横たえている自分に気が付いて、
思わず、浴衣の襟元の重ねに手を当てたんですが、
けれど、その襟元は、昨夜と同じように、別に乱れもしてなかったんです。

夢だったんですね。

昨夜、ごろんと横になった同じベッドに、
少しだけ、浴衣の裾を乱したままの姿で、横になっていたんです。


気が付くと、隣のベッドには、まぎれもなく、昨日一日、一緒だった大学生の男の人。
穏やかな寝息を聞かせながら、下着一枚で、横になってたんですが、
でも、やだぁ、その下着、まるで、テントが立っているみたいに、
すごく、盛り上がってて、
私、思わず、目を背けながら、そっと、ベッドを降りたのでした。

細いシャワーのお湯が流れ伝う、高校生にしては、自分でも豊かだと思う乳房に、
そっと、手のひらを当てました。

sweat_5359-052s.jpg

もしかしたら、昨日が、男の人を知らない最後の身体の夜かもしれないって、
そう、思っていたけど、幸か不幸か、
こうして、処女のままの身体で、今日の朝を迎えていたのです。

もし、聡明で清潔な彼に、どうしてもって、求められれば、
きっと、この身体、そのまま、ゆだねてたと思います。
こころは迷っていながらも、
身体の方は、男の人のもの、やっぱり、欲しい時期だったのかもしれませんね。

2332.jpg

朝食を仲良く食べた後、二人でロビーにいたら、
やっと、桃子たち、まだまだ、眠そうな目をしてやってきました。

男性二人が、今日の日程の打ち合わせをしている間、
私たち、ジュースを飲みながら、ベランダに出ておしゃべり。

「遅くなってごめんなさいね。彼が、離してくれなかったのよ」
「やだぁ、たいへんなのね」
「そうなのよ、明け方に、一度済ませたのに、
 朝ごはんに行こうって言ったら、
 また、いいだろうって、後ろから抱きしめられて」
そう、言いながら、桃子、目とろんってさせながら、

「ねぇ、それより、どうだったの。彼、優しくしてくれた?
 やっぱり、痛かったわよね。 最初は、皆、そうよ。
でも、暫くしたら、男の人のもの、欲しくて、欲しくて、堪らなくなるの。
 順子、あなたも、間違いなく、そうなるんだから、
そうだわ、京都に帰ったら、彼に時々、抱いてもらえばいいわよ」

そうじゃないのよって、言おうとしたんだけど、
ロビーにいた二人から声が掛かって、二日目の見学に出発したんです。

ゴールドパークや朱鷺の森公園など、二泊三日の、楽しい佐渡旅行でしたよ。
幸か不幸か、大学生の彼とは、仲良くはしましたが、結局、何もなくて、
男の人のこと、知らないままの身体で、京都に帰ったのでした。

23300.jpg
 
「ねぇ、順子、とうとう、経験したんだって。
 それはそうよね、そんなに綺麗で、Hな身体してるんだもん。
 男の人が、放っておかないわよね。
 で、どうなの、もう、いくって、分かるようになった?」

jk1559s.jpg

桃子から間違ったこと聞いたんでしょうか、
高校時代最後の二学期になって、親しくしていた友達から、そう言われました。
そんなことなかったのよって、言いたかったけど、
恥ずかしくて、何も答えること、できないままだったんです。

こうして、高校時代、男の人とのこと、経験のないまま卒業しましたが、
それから、数ヵ月して大学生活が始まって、暫く経ったころ、
知らないうちに、私のこころと身体が求めていたんでしょうね。
なりゆきのままに、男の人のもの、経験する夜を迎えたのでした。

7d54bf12-s.jpg

その時のことは、下の「初めての人」から、どうぞ
「初めての人」は1から4まであります。
2月23日、25日、27日、3月1日です。
タイトル下のカレンダーから、探してくださいね。

初めての人


関連記事
14:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(15)

Comment

青春ですねぇ

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。

いや~~、青春まっさかりって感じの内容でチョットホッとしますね。

女性の場合は処女卒業は好きな人と特別な場所でってよく聞きますが、順子さんは「大切な人」ではなくに性に対しての興味が勝っていて、早く「処女を卒業したい」だったんですね。

いつもの旅情感溢れる描写で佐渡の雰囲気を満喫できました。ありがとうございます。

例の披露宴の夜の顛末もアップ宜しくお願い致します。






楽太郎007 |  2016.11.16(水) 14:52 | URL |  【編集】

順子さんの処女喪失は

以前、読まさせていた記憶があったので、結末はわかっていましたが、今回の彼とは最後まではなくても、ある程度の体験の様子を期待しましたが…さらっとでしたね~

大人の濃密な出来事が刺激が多く、期待されますので、途中になっているお話の続きお願いしますね!
わんぱく |  2016.11.16(水) 15:28 | URL |  【編集】

青春まっさかり

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

そうですよね、高校時代って、
青春の真っただ中って感じで、
思い出しても、なんだか、楽しい気分になりますよね。
楽太郎さんの高校時代は、楽しいこと多かったですか。

やっぱりその分、年頃ですから、異性に対する関心って、高かったような気がします。
大人になるの、余り早くてもいけないし、
逆に、余り遅くても困るわって、思っていたような気がします。

佐渡は、この時以外にも、本当に何回も訪れています。
家族とだったり、友達とだったり、
そして、主人にも話していないんですけど、
女の人のこと、まだ、知らない男性と、
彼にとって、思い出深い夜を過ごしたこと、
あるんですよ。
もう、随分と、前のことになりましたね。

披露宴の夜のお話、タイミングを外してしまいました。皆さんが、忘れられたころに、また、載せたいとおもっています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2016.11.16(水) 17:02 | URL |  【編集】

さらっとでしたね

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

そうですね、今回はさらっとでしたね。
それに、随分と昔のことだったので、いろいろと、忘れてしまったことも、多かったような気がします。

「以前、読まさせていた記憶」って、
もしかしたら、同じこと書いたことが、あったかしら、だったら、すいません。

「途中になっているお話」って、
地中海のお話ですか? 近々UPしたいとはおもっていますが、それまで、他のことも載せたいと思っています。
楽しみに待っていてくださいね。

コメント、ありがとうございました。

神戸へのことは、お断りさせていただいたんですけど、そしたら、お二人、久しぶりだからって、私の街に来られることになってしまったんですよ。
主人たら、どんな断り方したんでしょうか。
本当に、困っています。

順子 |  2016.11.16(水) 17:10 | URL |  【編集】

初めての人

以前に読ませていただいたのは、「はじめての人」ですよ~
だからここでの喪失はないと思っただけですよ~
でも、どうして彼がしなかったのは不思議ですけど…
処女の子とするのが先で負担だったのかな?
わんぱく |  2016.11.16(水) 18:06 | URL |  【編集】

先で負担

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、続けて、ありがとうございます。

あぁ、そうだったんですね。
えっ!じゃぁ、随分前に書いた、
「初めての人」、読んでいただいてたんですね。
ありがとうございます。嬉しかったです。

なぜだか分かりません、負担だったのかどうなのか。
若い男の子だったのに、
目の前にあった処女の身体に、
興味がなかったって、不思議な気がしますけど、
痛いっていうだろうし、出血の心配もあるだろうし、
そんなことが、煩わしかったんでしょうね。
そのことが、良かったのか、そうじゃなかったのか、
分からないままです。

コメント、ありがとうございました。
また、わんぱくなコメント、お願いしますね。
順子 |  2016.11.16(水) 19:17 | URL |  【編集】

今夜は長野です!

順子さま
更新ありがとうございます!

昨夜は富山でした。やはり北陸は少し肌寒いですね。でも、富山の紅ズワイガニ美味しかったです😋🍴💕

えー童貞との佐渡での思い出深い夜~?
ご主人どもども「聞いてないよー!」ですねー。

もしかして、あの途中で発射しちゃった教授と一緒だった大学生ですかー?違っていてもあの話の続きをお願いしまーす!

おやおや、今回は常連からのリクエスト三連発ですね
伊集院 |  2016.11.16(水) 21:29 | URL |  【編集】

順子さま

佐渡での童貞指導話もぜひ!(^_^)/
伊集院 |  2016.11.16(水) 21:31 | URL |  【編集】

教授と一緒だった大学生

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、こちらに来られたの、
今週だったんですね。
ねっ 言ってたように、ちょっと、寒かったでしょ。
でも、富山の紅ズワイガニ、美味しかったですか、
今が一番いい時ですものね。
よかったです。日本海の幸、楽しんでいただいて。

そうですよ。新潟大学の学生さんです。
随分と前のお話、読んでいただいてたんですね。
あの時も、書いていたように、
あれからすぐに、先生からお誘いがあって、
葵さんと一緒に新潟に行ったんです。
主人には言っていきましたが、
向こうで、どんなことがあったのか、
詳しくは話してないんですよ。

コメント、ありがとうございました。
もしかしたら、書くことになるかもしれませんね。
順子 |  2016.11.17(木) 16:28 | URL |  【編集】

新潟大学童貞まつり

何卒、何卒。
是非、是非お願い申し上げます~!

それにしても、ご自分が喪失できなかった佐渡を童貞を奪う舞台に設定するなんて、海綿体が充血しますー!

順子さま、サドですか?
伊集院 |  2016.11.17(木) 16:44 | URL |  【編集】

童貞を奪う舞台

伊集院さん、こんにちは。
続けてのコメント、ありがとうございます。
携帯電話で、書かれているのかなぁ、
本当に、早いですね。

お夕食の準備、終わりました。
今日は、パエリアとサラダとスープですから、
余り、手は掛かりませんでしたよ。

私が設定したわけじゃなくて、
先生がおぜん立てしてくれたんです。
ご自分も、葵さんと、素敵な夜、
過ごしたと思いますよ。

あぁ、なんだか、あの時の、彼とのこと、
思い出してしまいました。
もう、結婚して、元気に過ごしてて、
時々、連絡あるんですよ。

コメント、ありがとうございました。
これから、お風呂、入ります。

順子 |  2016.11.17(木) 17:29 | URL |  【編集】

神戸からのお客様

順子さま


おみえになられたら「幸せのゆくえ」の「文豪の宿」のように「ただならぬ夜」になるんじゃないですかー?

楽しみコンテンツがいくつもあつてうれしいてすー!
 |  2016.11.17(木) 17:32 | URL |  【編集】

「ただならぬ夜」

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、わんぱくさんも「幸せの行方」読んでいただいているんですね。
ありがとうございます。
とっても、嬉しいです。

やだぁ、そんなこと、言わないでくださいね。
地中海でのことは、
旅行中だったからの過ちだと、そう、思っています。

楽しみのコンテンツ、
皆さんに、呆れられそうで、
心配しています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2016.11.17(木) 18:43 | URL |  【編集】

↑ の分、小生です!

順子様
返信有難うございます。

おっしゃるとおり、長崎へ戻る新幹線や飛行機から打ってました。
「ただならぬ夜」は、携帯からでネーム入れ損ねました。わんぱくさんではありません。

紛らわしくてすみませんでした。
わんぱくさんにもお詫び申し上げます。

PS.今帰りました。お風呂はいろー!
伊集院 |  2016.11.17(木) 22:25 | URL |  【編集】

新幹線や飛行機から

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

すいません、新幹線や飛行機の中の、
お忙しい時、こころに止めていただいていて、
申し訳ないし、嬉しかったです。

今後とも、よろしくお願いしますね。
いろいろと、ご相談することもあるかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
地中海の続き、始めます。


順子 |  2016.11.18(金) 16:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/427-b60b5b3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。