FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

M先生とのこと11 三人

2018.04.02 (Mon)


「いやぁん」
先生と私、スプーンが重なるようにして性器を繋ぎ合った姿見られるの、
それ以上ないほど、恥ずかしいことだと思えて、私、細い声、あげました。

back_5252-006s.jpg

「あぁ、悪いね、まだ、済んでないんだ」

けれど、先生、慌てることもなく、私の腰に両手をあてがったまま、
ゆっくりと私の中を動きながら、そう、言ったのです。
そして、こう、続けました。

「君は、口を使いなさい、この子、上手だから」

唾液に濡れた私のくちびるに、
昨夜、私を愛してくれた先輩の、太い男の人のものの先が、触れてきました。
私、いやいやって、顔、振ったのに、
先輩、壊れものを扱うみたいに、私のあごにそっと手を当てると、
自分のものの先、もう一度、くちびるにあてがってきたんです。

動物たちのように、後ろから先生のものを迎え入れ、
そして、お口も、先輩のもので、犯されるのでしょうか。
けれど、もう、混乱していた私、
ゆっくりと、お口に入り込んできた、その熱く太い先輩のもの、拒めなかったのでした。

fellatio_4759-034s.jpg

「あぁ、温かい」

絞り出すようにして、先輩、そう、言うと、
私の首筋に両手を当て、ゆっくりと腰を動かし始めました。

これまでの男性との営みの中で、
すでに、男の人のもの、お口で愛すること、知ってたし、
先生とのお付き合いの中でも、随分と、経験させられてました。

男の人のもの、最も女性らしいところで迎える時と同じように、
お口で愛することって、ひどく感じること、もう、しっかりと知ってたんです。

異常な営みに、悦びの頂きが見えていました。
私、言われもしないのに、
迎え入れた先生のもの、もっと、深く欲しくて、
上手に、腰、振っていたし、
お口の奥にまでに差しこまれた先輩のものに、舌を絡ませてながら、
髪、振り乱していたのでした。

「あぁ、もう」

先輩の頼りない声が聞こえると、

「あぁ」

それに応えるように、先生の声が背中から聞こえました。
先生、私の背中に身体を被せると、
たわわな乳房、下から持ち上げるように揉み上げながら、
それまで以上に、私の身体、えぐるように突き上げ始めたんです。

3p_sex_5183-148s.jpg

「あっ、順ちゃん」

先輩のその声と同時に、私のお口の中に、温かい男の人の液が弾き出されました。
それは、驚く程の量の精液でしたが、
私、その青い匂いにむせながらも、誘われるように、懸命に舌を巻き付かせ、
激しく髪を揺らしてしまったんです。

それと同時に強く押し付けられてきた先生の腰、
そして、噴出しはじめた、大切な先生の印、身体の奥に感じると同時に、
私の身体に、自分ではどうしようもない強い麻痺が襲ってきて、
悦びの頂きに登り詰めること、
身体を激しく震わせることで、二人に告げていたんです。

3p_sex_5183-163s.jpg

三人の荒い息遣いが、暗い部屋の中に、重なり合うように聞こえてました。
それまで迎えていた先生のものが、ゆっくりと抜かれた私の秘唇からは、
納めきれなかった男の人の液が、だらしなく、シーツにまで伝い流れ、
私のくちびるからも、飲み込めなかった先輩の精液が、
一筋、流れ落ようとしていました。

gansha_4373-024s.jpg


関連記事
15:06  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

夢でしょうか?

2人の男性の体液を2つのお口に受け止めてすごいエロい光景ですけど…
いつもの夢でしょうか?
20歳そこそこの娘を蹂躙する罪深い先生ですね…
今回は夢でのエンドがうれしいですけど~
未婚の時の順子さんをここまで汚したくないので~
わんぱく |  2018.04.02(月) 17:39 | URL |  【編集】

イリュージョン?

順子様 
更新有難うございます。

わんばくさんがおっしゃるとおりですが、小生はあえて過去にあったことである・・。

それにしても、順子さまはプッシーはいつも、白濁の液を迎え入れ、避妊知らず・・。

ここまでバースコントロールができれば、男性として羨ましい限りです。

つづきをWaitingBar Avantyで待ちます。
伊集院 |  2018.04.02(月) 23:27 | URL |  【編集】

追憶の中でも支配されるんかなぁ

順子さん、こんにちわ。楽太郎です。
M先生の強引な導き方には驚愕されますね。
これが事実か順子さんの夢想なのか計り知れないこともありますが、順子さんがM先生とのことで「辛いことや忘れたいこと」との表記がありましたので、倒錯的な調教をされたと想像しました。
わんぱくさんの言葉にある「未婚の時…」の気持ちは順子さんファンの一人として同感です。
けど、実は私も過去に高学歴な女学生を強引ではありませんが、導いたことはありました。順子さんとは正反対で性に積極的と言うよりどん欲に経験したがっていました。
サプライズで今回と同じシチュエーション、その際の彼女は理性を完全に放棄した牝になりましたので、ゲーム感覚で皆が享楽にふけることができたのです。

その点ではまだまだ純情・清純な順子さんを汚したM先生は許せませんねぇ。
けどM先生は「順子さんの追憶の中で生きている」悔しい!憎たらしい!腹立つ!
あれ?要するにM先生に対する嫉妬心と羨望感かなぁ?
はてさて、次の展開はどうなるんでしょうか?楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.04.03(火) 12:05 | URL |  【編集】

夢でのエンド

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

「夢でのエンド」だったら、
この後の、私の学生時代、違ったものになったかもしれませんね。
世の中のことも、そして、M先生の怖さも、
何も知らなかった私、
でも、その時は、どうしようもなかったのです。

続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.04.03(火) 20:04 | URL |  【編集】

バースコントロール

伊集院さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、何の覚悟もないままに抱けれて、
本当は、危なかったこともあったはずなのに、
なぜだか、今までそのことで、
たいへんなことになったこと、
ありませんでした。

それが分かっていたから、
結婚して、赤ちゃんが欲しかった時、
妊娠できるか、心配したほどです。

いろいろなことがあった、
M先生との学生時代でした。

今夜は主人は飲みに行ってて、
私、ひとりだけの夜です。

順子 |  2018.04.03(火) 20:13 | URL |  【編集】

倒錯的な調教

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

カテゴリーの「M先生のこと」もう、17話になりました。
けれど、皆さんに読んでいただいたのは、
私とM先生との、ほんの、僅かな時間にしかすぎません。

主人とのこともありますから、
どれだけのことを、読んでいただけるか、
わかりませんが、
もしかしたら、いつか読んでいただくことになるかもしれませんね。

今週、ハワイ旅行に出発します。
北陸新幹線に乗って、成田空港からの出発です。
松江でのできごと、中途半端になってしまうかもしれませんが、
帰ってきたら、また、続き、UPしますから待っていてくださいね。

コメントありがとうございます。
お礼申し上げます。

順子 |  2018.04.03(火) 20:20 | URL |  【編集】

心の余裕

順子さま こんばんは。
更新、ありがとうございます。
もしかしたら、もう、ハワイに出発されて旅行を楽しまれてるかなぁなんて、思ってました。

M先生は、学生時代の従順な順子さまが、拒否しないことも見抜いていて、身体が気持ちよくされているときに、受け入れるしかない状況を作り出す策士にさえ見えてしまいました。
なんだか、悪い男の人の面がちらついてきたような…
順子さまの気持ちをわかっているのをいいことに、拒否しないだろうと、思いのままに他の男に抱かせて、先生は何を思われていたのかわかりませんね…
好きでたまらなくて、一緒にすごし、身体の関係もあるのに、心がどこか離れているような感じがします。
恋愛を望みながら深くは受け入れられない
想いのような…

M先生のお話しは、最初は、学生時代に大人の女になる階段のような感じで、うまく調教?されていく時間のような捉え方をしていましたが、いまとなっては、思い出すには辛い時間をすごされていた時でもあったはずですよね。
逆に、今こうしてお話しを聞かせてもらえているのは、成熟した大人の順子さまの心や目線で、あの頃を振り返る余裕や、話せる気持ちになってこられたのかもしれませんね。

M先生や他の方とも、直接受け入れてしまっても、赤ちゃんを望んでしまう一瞬があっても、危うい大変なことにならなかったのは、救いだったと思います。
と、いうよりも、持ち合わせた「縁」の意味が違ったのかもしれません。
大好きな旦那さまとの赤ちゃんを授かって幸せにすごされているのですから。

旅行の準備って、大変だけど、何を着ようとか持って行こうとかって楽しいですよね。
ハワイ行ったことないので、いつかお話し聞かせてくださいね。楽しみにしています。
お帰りを待ってます。
「いってらっしゃい!」

柚葉すふす |  2018.04.04(水) 00:29 | URL |  【編集】

持ち合わせた「縁」の意味

柚葉さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

今思うと、M先生にとって、私は恋愛の対象ではなかったことは、
間違いのないことでしょうね。
奥さまと離れ、単身で京都に来られていたM先生にとって、
何も知らない、子どものような私は、
単なる欲望のはけ口にしか過ぎなかったのだと思います。
ただ、私の方が、勝手にこころを寄せてしまって、
それが、きっと、面白かったんでしょうね。

M先生の赤ちゃんが欲しくて、M先生に気づかれないようにして、
彼のしるしを迎えたことがあります。
いつか、読んでもらうことがあるかもしれませんが、
そのころの私が、どうかしていた、一番危険な時期だったのかもしれません。

出発は明日です。
常夏のハワイですから、お洋服が少なくて済んで楽です。
いつもの海外旅行より、スーツケース、小さいので済みますね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.04.04(水) 08:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/419-fbb12d9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |