FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

M先生とのこと10 太田へ

2018.03.30 (Fri)


img_12.jpg

朝から、レストランでのビッフェモーニング。
なんだか、皆、眠そうな顔つきでしたが、きっと、私もそうだったんだろうと思います。

それ程広くはない松江の街、
昨日乗った観光循環バスを利用して、松江城や小泉八雲記念館などを訪れました。
先生の説明を聞きながら、皆、熱心にメモ。
案内板に書いてあることより、先生のお話の方がずっと詳しくて、そして、興味深くて、
本当に、勉強になりました。

20121026055901.jpg

大学教授とその生徒という関係だけだったら、
むしろ、その方が、私、幸せだったのかもしれませんね。
でも、身体の関係がを続いている、私、やっぱり、先生のお話聞きながらも、
別なこと、思うこと、多かったです。

missionary_position_5262-049s.jpg

お城に張り巡らされたお堀、そこを周遊する観光船に乗りました。
「まるで、ジャングルみたい、こんな街の中に、すごいわ」って、
本当、緑が綺麗で、先輩が言われた様に、なんだか別の国に来ているみたいだわ。

松江堀川遊覧船1-thumb-300xauto-138

船を降りて、お堀沿いの松並木の道を歩き、
小泉八雲記念館を見学した後、
その先の、「神代そば」で割り子のおそば頂きました。

いくつもある出雲そばのお店の中で、
特に有名だといわれるみたいで、本当に美味しかったですよ。

kmysb1.jpg

午後から、次の日に訪れる石見銀山のために太田に移動し、
小さな駅から暫く歩いたビジネスホテルに到着しました。

ここは、全員が個室。先生だけツインのお部屋だったんです。
駅前の居酒屋さんで夕食を済ませると、皆、二次会に行くんだって、解散。
私、ひとり、ホテルに戻りました。

caption.jpg

「10時に」

昨日の夜の先輩とのこと、昼間、何にも言わなかった先生、
居酒屋から出るとき、私に、そう言ったんです。

「昨日の夜、どうだったんだい」

当たり前のように、抱きしめられながら、そう言われましたが、
何時になく、先生、言葉を乱しているようにも思えました。

「シャワーを使わせてください」って、そう言ったのに、
先生、慌てるようにして、私のポロシャツを脱がせると、
ちょっと乱暴だと思えるほど強引に、ブラ、外したんです。

たわわな乳房が、先生の目の前に、こぼれ出ると、
まだ、小さな柔らかな乳首に、熱いくちびるが強く吸い付いてきました。

8fa2362a-s.jpg

「君が待ってるって、先生に言われたよ」

昨日の夜の、先輩の言葉が思い出されました。
やっぱり、先生の言ったこと本当だったんだわ。
下着を下ろされ、後ろから抱きしめられながら、私、そう思っていたんです。

「ほらっ」って、言いながら、私の両足を少し開くと、
先生、後ろから、腰、押し付けてきました。

まだ、潤いが足りないって思っていたのに、
いつの間にか、私の身体、先生のこと、迎える準備を始めていたんでしょうね、

男の人のものの先が、私の秘唇を押し開きだすと、
それが身体の中に入るのを助けるための愛液が、
滴ろうとしていることが分かったし、
先生のものが、少しずつ進んでくるのに誘われるようにして、
身体の奥から、新しい蜜が、湧き上がり始めたのです。

二人の身体が繋がったままの恰好で、私、ベッドの上に両手を突きました。

tachi_back_4909-076s.jpg

あぁ、昨日の夜には迎えられなかった大好きな先生のもの、
今、こうして、迎えられたんだと思ったその時、
ゆっくりと開かられたドアから、淡く射しこんできた廊下の光が、
薄っすらとした部屋の中にまで、届こうとしたことに気付いたのでした。

「先生」

えっ、その曇ったような声、間違うことなくI先輩だとすぐにわかったんです。




関連記事
08:34  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

M先生とご主人

順子さん、こんにちわ。関西は桜満開ですよぉ。先週はずっと東京におりましたが、東京の方が桜の開花が早いのはいまだに謎ですね(笑)
金沢も晴天が続き桜も見ごろになってきているんでしょうね。

さて、衝撃的な3P場面ですね。M先生は自慢のコレクションを更に淫靡な牝として調教する企てを性欲溢れる若い肉幹に託し、倒錯の世界に導き出すことでしょう。
それにしても当時の順子さんは誰よりもM先生が好きで、先生以外の男性は性的対象以外は歯牙にもかけない←(この表現矛盾してますよね)、ある意味純潔な女学生だったんでしょうね。だから、M先生の全ての行為に異を唱えることができなかったんですね。
この一連の流れが今のご主人へ注ぐ変わらな愛情にも似たことでしょう。
実はM先生とご主人は同一人物?なわけないかぁ~

しかし、今までの流れから同じ性癖をお持ちであることは間違いないですね!
では、若い順子さんの3Pプレイ楽しみにしております。

楽太郎 |  2018.03.30(金) 12:39 | URL |  【編集】

淫靡な牝として調教する企て

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

関西は桜満開のようですね。
こちらは、やっと、開花のお知らせ、それでも、
例年に比べると6日も早いそうですよ。

大学に入学して、すぐに男の人を知りました。
その後、M先生と出会うまでにも、
それまでの遅れを取り戻すように、
何人もの人に、身体を開いたんです。

だから、純情だったって、言えるはずもありませんが、
M先生とお逢いしてからは、
ただ、彼一人に望まれるままに、生活をしていたように思います。
それは、嫌なことではなくて、
自分も納得していた時間だったんです。

同一人物、そんなことはないけど、
少しだけは、夫と似ているのかもしれませんね。

順子 |  2018.03.30(金) 16:04 | URL |  【編集】

順子さま こんにちは。
更新、ありがとうございます。
早くて、びっくりしましたが、嬉しいです。
桜も咲いて、風もここちよくて、春を感じますね。

待ちわびた、M先生との時間をすごされてるさなかに、まさか、I先輩がお部屋に来るなんて…
順子さまの戸惑いと、身体が求めている状態を止められるはずもなく、なすがままに
気持ちよくされてしまったのでしょうね。
I先輩が、このタイミングで来たということは、ついに、その夜、ふたりの男の人から攻められてしまったのでしょうか…
M先生によって、開花し感じている、順子さまを見せつけたかったのか…
M先生に染められていく、順子さまの心も身体も、正直で、一生懸命に求めるものだったのでしょう。

私の想像としては、先生のテクニックや、さらなる経験をされて学生時代よりも、もっと、成熟した女性になってからの、3Pの経験だったのかと思っていました。
今回のお話しの展開では、やはり…
続きが気になります。


柚葉 |  2018.03.30(金) 16:32 | URL |  【編集】

成熟した女性になってからの、3Pの経験

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

柚葉さんが言われるように、
二人の男性から、同時に愛されるって、
考えただけでも、刺激的ですよね。
柚葉さんは、そんな恥ずかしい経験、
おありですか?

この夜のことは、
松江の街のことと一緒に、
思い出深い時間として、こころに残っています。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。


順子 |  2018.03.30(金) 16:40 | URL |  【編集】

鉾先を柚葉さんに向けて

いきなり3pの展開かな…
そんなストーリーを予感させといて、どんでん返しがあるあるような気もしてます。
それより、順子さんが柚葉さんに3pもしくは複数パーティの経験を尋ねたことに対するお返事に興味がわいてますね~
柚葉さんの性体験も少し告白されるときかも…
わんぱくはswも複数も経験ありますが、彼女をほかの男に貸し出す、いわゆる寝取られの趣味はないですね~
swは取り替えっこでイーブンだし、複数や3pの参加は他人の女性だし
寝取りですね~
わんぱく |  2018.03.31(土) 06:15 | URL |  【編集】

告白

順子さま こんにちは。

私には、みなさまのような刺激的な経験をしたことはありません。
経験人数もひとりだけです。
あまり話すようなこともないので、みなさまのお話しで、刺激をもらっている感じですね。
わんぱくさまは、寝取るのは、まだいいけど、寝取られるのは、お嫌なのですね。
swを好まれるのは、そういったところからなのでしょうか。対等に楽しめるのが基本なのでしょうね。
私のこと、期待するほどのお話しが、全然なくてごめんなさい。

順子さま、そろそろ旅行ですよね。
気をつけて行かれてくださいね。
楽しんできてください。

それでは、しばらく、さようなら。



柚葉 |  2018.03.31(土) 12:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/418-afebd71f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |