FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

M先生とのこと9 I先輩

2018.03.26 (Mon)


「部屋の鍵、開けとくんだよ」
そんな先生の言葉思い出すと、ベッドに横たわり、私、そっと、目を閉じたのでした。

暫くして、そっと入ってきた人影。
薄暗い部屋のベッドの上、浴衣の後姿をぎゅって、抱きしめられ、
胸元に温かな手の平が忍び込んでくると、素肌の胸を被いました。

3ced830e-s.jpg

えっ、その時、すぐに気づいたんです。
先生じゃないって。

「先輩!」
「君が待ってるって、先生に言われたよ」
「そんなこと…」

慌てて振り返った私の身体、先輩もう一度強く抱きしめると、
仰け反った私に、自分のくちびるを寄せてきたのでした。

berochu_5205-015s.jpg

本当に慌てたんです。
けど、先生が言われたと言われた言葉にも、ひどく乱れた自分を感じましたが、
落ち着く時間を与えてくれないままに、
先輩のくちびる、慌てた私の、可愛らしい乳首に吸い付いてきたのでした。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

「駄目ぇ」
自分の身体に広がる桃色の感覚から逃れるように、そう、言ったのに、
ころころって、先輩、私の乳首、甘噛みしながら、
片方の乳房、ちょっと乱暴に揉み上げたのでした。

「すごいおっぱいなんだね。想像してた通りだ」

乳首からくちびるを離した先輩、私の恥ずかしい姿見下ろすようにして、
両手で私の乳房、ゆっくりと揉んだのでした。

「かんにん」

でも、先輩、許してはくれなかったんです。
ベッドの上から、上質な羽毛布団が床にずれ落ち、
そして、浴衣も帯も、脱がされた、裸の私の身体。
清潔な白いシーツの上には、うっすらとしたルームライトに照らされた、
何も身に着けない、若い二人の裸体が絡み合っていたのです。

a98ed4074f29b011c43a9a9de1ca7f66-630x456.jpg

I先輩と身体の関係を持つこと、絶対にできないって思いました。
だって、先生とのお付き合いのことがあったし、
先輩に抱かれたことわかって、先生に嫌われたくなかったから。
でも、先生に言われたって言葉。

「君が待ってるって、先生に言われたんだよ」

混乱したままの私、それまで以上に強い力で、抱きしめられたんです。

両手を、被さってきた先輩の胸に当てて、私、抗いましたよ。
けれど、先輩の腰、私の太腿を上手に押し開いて、男の人のもの、
私の秘唇を突き始めたのでした。

首筋や頬に、そして、耳元に先輩の熱い息と、くちびるを感じると、
なんだか、良い匂いのする先輩の背中、
なぜだか両手で、引き寄せようとしてたんです。

berochu_5205-064s.jpg

息を荒げながら、私、尋ねました。

「先生、本当にそんなこと、言ったんですか」
「先生、順子ちゃんに、自分が抱かれなさいと言ってたって、そう、言ったんだよ」

その言葉のせいだったからでしょうか、
うっすらと濡れ始めてしまった私の秘唇、先輩の熱い男の人のものが、押し広げ始めました。

どうして先生が、私のこと、I先輩に抱かせようとしたのかしら、

先生とのお付き合いが始まって、数か月。
私、先生からの愛情とか、そのようなもの、期待していたわけではありませんでした。

それって、とても、無理なことだと思えたからです。
けれど、やっぱり、大好きな先生の近くで、少しでも一緒の時間を過ごしたかったし、
そのために、先生の求められるままに、先生が望まれるままに、
私を先輩に抱かせること、自分の身体を開くこと、仕方のないことのように思えたんです。



でも、そんなことを思う間もなく、
先輩のもの、身体の一番奥にまで、届いてしまったのでした。

仰け反って、か細い声、先輩に聞かせました。
思いもよらない成り行きだったけど、
そのこと、もし、本当に、先生が望んでいることだったら、
もう、仕方のないことのように諦めるしかなかったのでしょう。

若い先輩の、ちょっと、乱暴にさえ思える強い動きに、
私の身体、正直に応え、何度も悦びの声あげさせられました。

missionary_position_5262-049s.jpg

「あぁ、堪らないよ、順子ちゃんの身体」って、

先輩、そう、言ってくれましたが、そのことって、喜んでいいことなのか、
その時の私には、分かりませんでした。

そんな私の身体を充分に楽しんだのでしょうか、
それまで以上に、腰の動きが激しくなり、男の人の悦びの時が迫っていること、
察せられました。

「先生が教えてくれたよ、大丈夫なときなんでしょ」

涙で滲んだ瞼をそっと開くと、私、それだけは駄目だって思ったのに、
I先輩、私の両ひざを、乳房に付く程深く折り曲げると、強く腰押し付けてきたんです。

先輩の曇った声が聞こえたと同時に、
子宮口を押し開くように、更に奥まで挿しこまれた硬い男の人のものの先から、
温かな液、注ぎ込まれてきたのが分かりました。

141209-0056.jpg

嫌悪感さえ感じてもよかったその瞬間だったのに、
私、先輩の首筋に噛り付くと、恐ろしいような声あげるのが怖くて、
自分からくちびるをねだったのでした。

射精は、長く続きました。
そんな男の人の噴出を身体の奥に感じながら、
目の前が真っ白になるほどの強烈な頂きに、登り詰めていったのです。

先生のことも、今、自分のことを抱いている先輩のことも、
考えられませんでした。
ただ、自分の女としての若い身体が、注がれた彼の男の人の液に誘われるようにして、
正直に、昇り詰めていたのでした。

1879-11s.jpg

先輩が、私の部屋に来た時間が早かったせいでしょうか、
その後も、彼、長い時間、繋ぎ合った私の裸の身体、放してはくれませんでした。

息も絶え絶えに、肩を震わせている私の身体を、幾度も抱いた先輩。
緩やかに揺さぶられて、涙に潤んだ目の先には、
明け方に近い白んだ空が映っていたこと、今も覚えています。







関連記事
13:05  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

なんと傲慢なM先生

順子様
更新有難うございます。

ゼミの生徒に夜這い擬きのことを教師ともあろう者が・・。

M先生は倒錯されておられますね。もしかして、これがバージン★ママの底流に滾々と流れるNTRの源泉なのでしょうか?

愛しい順子様をNTRさせ、また取戻し、ゆきひとさんのように、自分の白濁の証で染め返す・・。

伊集院 |  2018.03.26(月) 23:01 | URL |  【編集】

順子さま
更新、ありがとうございます。

M先生とすごす時間を待っていたはずなのに、お部屋に来たのはI先輩だなんて…
旅行中に、先輩方との危うい何かがあるかもしれないと、わくわくしてましたが、
思った以上の早い展開でした。
しかも、M先生が差し向けた…だなんて…
口が硬く、信用できるなどの人柄を選んでってこともあるかもしれませんが、なにより、順子さまを見る目で、興味を持ったことを見抜いて持ちかけているのでしょうね。順子さまが、どう受け入れて、変貌していくのか、身体の状態や感じ方の変化をたのしみたかったのかも…
本当なら、自分だけが知り尽くしたい女でありながら、他の男に抱かせる先生は、寝取られ的な要素をお持ちだったのでしょうか。隠れている順子さまの魅力を引き出しているようにも感じます。

M先生とのお話、最初は抵抗あったのに、
今は、ドキドキして更新を待っています。
先輩が「順子ちゃん」と呼ぶのもなんだか新鮮です。
続き、楽しみです。待ってます。

順子さまの大事な旦那さまの方が、私なんて相手にしないですよ。
順子さまが恋い焦がれた旦那さまだから、素敵な男性だと思います。
他の人に取られないように、しっかり目を光らせてくださいね。



楽太郎さま
いきなり申し訳ありません。
楽太郎さま、大学教授とか文学者のような、人前でお話をされたり、教えられていたりする指導者のようなお仕事されてあるのかなと…
エッチなことを話されてあっても、的確なきれいな表し方に、洞察力があってすごいなぁって思って読ませてもらっています。

柚葉 |  2018.03.27(火) 01:02 | URL |  【編集】

ひょっとして

I先輩に先生は順子さんが安全日であることも告げられていることから、自分との関係も告げられた上での行為であり、皆さんがいわれているとおり、M先生は寝取られでしょうね~
しかし、ひょっとしてI先輩の彼女がこの旅行に同席していて、男達が決めたswだとしたらと想像してしまいました。
わんぱく |  2018.03.27(火) 03:38 | URL |  【編集】

予想通りでしたが

順子さん、楽太郎です。おはようございます。
2話続けて読ませていただき股間を熱くしております。
正直なところわんぱくさんではないですが、予想してまして、I先輩の彼女をM先生は狙っていたのではないですか?
先生は狙った獲物はどのような手段をもってしても「狩る」それは寵愛する順子さんを利用してでもです。、
そして、得た女性を跪かせ数多くの女性を篭絡した手練手管を駆使し、M先生のコレクションに加えると読みました。
それが順子さんを煽情的な恋に導き、喜びと悲しみが錯綜する恋愛に育ったんですね。と思ってしまいました。
私も過去に罪深き行いをしましたが、正直M先生の気持ちわかります。
次回も楽しみにしています。
柚葉さんへ
過分なるご評価恐縮ですが、そんな大してものではないですよぉ。
ただ、お伝えしたいことを凝縮しているだけです。また、柚葉さん始め他の方々のコメントも楽しく読み、参考にさせて頂いております。
楽太郎 |  2018.03.27(火) 11:32 | URL |  【編集】

NTRの源泉

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「NTRの源泉」という言葉、そして、皆さんの同じような内容のお話、
M先生との過去の出来事が、今の、私の生き方に影響しているのではないかと、
書かれているそれは、私自身が気付かないものでした。

でも、当時、そんなこと考えもしないで、
M先生に一途であった私の事、
しょうがないことだったと、思うしかありません。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.03.27(火) 11:47 | URL |  【編集】

隠れている魅力

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、M先生が、何を思って、何を考えて、
あんなことをしたのか、今も分かりません。
私が望んでいることではなくても、
きっと、そのことで、
私は変わっていくだろうと、
そう、思われていたのかもしれませんね。
ご自分の、望む女性に。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。

順子 |  2018.03.27(火) 11:53 | URL |  【編集】

I先輩の彼女がこの旅行に同席

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、そんなこと、思われていたんですね。
でも、I先輩の彼女さんって、この旅行にはいませんでした。
この頃、I先輩に彼女さんがいたかどうか、
分からなかったんですよ。

この旅行の後、暫くして、二人だけの時間を過ごしたI先輩、
彼女さんのお話、聞くことはありませんでした。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.03.27(火) 11:58 | URL |  【編集】

M先生のコレクション

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「M先生のコレクション」。
えぇ、楽太郎さんの言われるように、
当時、私はそうだったのは、間違いありません。
自分が、M先生にとっては、
そんな存在なんだと、そう分かりだした後も、
それでも、少しでも、M先生に目を向けてもらえるように、
自分なりに、努力していたんです。

伊集院さんにコメントしたように、
その頃の私は、どうかしていたのかもしれません。
いえ、間違いなく、どうかしていたんだと思います。
けれど、もし、その時に戻れるとしても、
きっと、同じようなM先生との時間を求めてしまうだろうと、
そう、思っているのです。

M先生と、お逢いしなくなった後、
私は、大好きな夫と結婚をして、
その人の子どもを産みました。
何の不自由もない、幸せな結婚生活を送っているのに、
この、コメントを書きながら、
もしかしたら、思い出してはいけないM先生との時間を、
ぼんやりと思い出しています。

今も私は、M先生から離れられない、
たくさんのコレクションの、ひとりなのかもしれませんね。





順子 |  2018.03.27(火) 12:16 | URL |  【編集】

順子さま こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

順子さまのコメント読ませてもらって、
胸がぎゅっと締め付けられました。

恋に恋していたわけではなくても、一生懸命に先生に恋をして、私を見て欲しいと思う感情。周りに気づかれないように、そっと育てていた想い。
身も心も、辛いと思うことがあっても、
成長させられたお相手だったのではないでしょうか。

この恋を精算された時の順子さまの心は、
大学卒業するまでの関係だと、割り切れていたのでしょうか。

今は、思い出に変わってしまったかもしれないことですが、やはり、あの時にもどっても、同じ道を選ぶと思うと、話される順子さまは、とても自分の感情に正直な女性だと思います。
男性もそんなところに、惹かれるのでしょう。学生時代に、身体の関係を持った、お相手は、必ず、順子さまとの関係が続き、
ご結婚されてからは、要所要所で、虜にしていく魅力。素敵です。
お話しされること、せつないことも、おありでしょうが、無理はしないでくださいね。
柚葉 |  2018.03.27(火) 16:16 | URL |  【編集】

この恋を精算した時

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

夕食の支度の途中で、
短くてすいません。

M先生への恋、清算したという意識はありません。
今、ここでは書けない、幾つかの出来事があって、
潮が引いていくように、
M先生との間が段々と遠くなってしまったのです。

思い出したくない、辛いことが多かったですね。
それでも、後悔はしていません。
今でもM先生は、私にとって、大切な人だと思えるからです。

今夜は、回鍋肉。下準備は終わってますから、
後は、大好きな主人が帰ってくるのを、待つばっかりです。



順子 |  2018.03.28(水) 17:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/417-6c172862

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |