FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

M先生とのこと8 松江

2018.03.22 (Thu)


思いもかけずに始まったM先生との身体の関係、
毎週、講義を受ける以外にも、先生の研究室で、そして、マンションで、
特別にお逢いする時間が、続いていました。

baa621fe791cea64485502859def163c-630x865.jpg

M先生との初めての初夏。
前に書いたように、研修旅行に連れて行ってもらうことになったんです。
系列大学で、M先生の講義を受けている学生さんたち6人と、先生と私。
山陰の、松江や石見など、先生にいろいろと教えて頂きながら、見学する予定でした。

img_12.jpg

マンションの窓際に、下半身を裸にした私を立たせると、
後ろから、自分の大きくなったもので、たっぷりと濡れた私の秘唇を押し開き、
ゆっくりと腰を押し付けてきたんです。

sex_5141-008s.jpg

「旅行、楽しみだね」
「あぁ、先生」
そう言って振り返ると、私、慌てるようにして先生のくちびる、ねだったのでした。

d666b5251d8a8dca8979d52ce1105dfa-630x521.jpg

こんなことしてていいのかしら。
大学の友人や、サークルの仲間にも、
先生とのこと、悟られないようにして、過ごしてましたが、
自分自身が、そんな関係に翻弄されていること、
やっぱり、いたたまれない気でいたの、正直な気持ちだったんですよ。

けれど、今だって、こうして、下から突き上げるように腰を押し付けられ、
身体の奥に、先生のものが届くと、私、目の前の手すりに両手を置き、
もっと、深くまで入れてもらえるように太ももを開き、
腰、揺らしてしまってたのでした。

02176.jpg

離れられないわ、忘れられないわ、先生のこと、先生の身体。
女として、自分の身体が、どうしようもなく、先生のものを求めていること、
仕方のないことのように思え、諦めたようにして、
恥ずかしい桃色の声、漏らし続けていたのでした。

研修旅行のこと


電車が松江駅に付くと、I先輩、市内を遊覧するという観光バスの停留所に皆を案内して、
そのバスが、松江市内を循環する途中で、
今夜のホテル前に停まるんだって説明してくれたんです。
赤色のレトロ調の可愛らしいバス、座席も窓も広くて、まぁ、素敵だわ。

20121026055901.jpg

大きな川を渡ると、よく磨かれた窓の外に、
お城やその周りのお堀、武家屋敷などを見ることができました。
松江の街は、家族で数回来たことがありましたが、今回はやっぱり、時別な気がします。

バスの一番後ろに席に、並んで座っている先生から、
皆に分からないように、そっと、手を握られると、
今夜のことを約束させられたように思えて、俯くしかなかったのでした。

img_23.jpg

夕食は宍道湖七珍といわれる、松江のお料理。
明日からの見学地のお話をしながら、皆で、美味しくいただきました。
スズキの奉書焼きやシラウオ、珍しくて美味しかったこと、覚えています。

03_04.jpg

先輩方は、二人部屋。
私は、個室を予約していただいてました。
大学が違うから、私が気を遣うだろうからって、I先輩、配慮してくれてたんですよ。
先生は、もちろん、グレードの高い個室です。

食事が終わってから、先輩方は夜の宍道湖の湖畔を散歩するってお出かけ。
私は、自分の部屋に帰りました。
目の前に、暗い宍道湖の水面と、遠くに嫁が島のうっすらとした影が幾らか見えて、
とても素敵でしたが、

「部屋の鍵、開けとくんだよ」

そんな先生の言葉思い出すと、ベッドに横たわり、私、そっと、目を閉じたのでした。

523c7faa22ad343828458643a4f5b48c.jpg





関連記事
13:37  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

若き日の戯れ

順子さんを今のような淫蕩な生活を満喫する種を発芽させる白い栄養液をたっぷり注ぎ込まれた時代の思い出ですね…
きっと、今の身体の方がいくらか肌が艶やかになったか、老齢になったM先生に違いを確かめてもらいたいですね~
わんぱく |  2018.03.23(金) 07:12 | URL |  【編集】

淫蕩な生活

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、確かに、今、私が、
皆さんがご存じのような呆れられるような生活を過ごしていること、
学生時代のM先生との関りからできたことって、
間違いないことだと思います。

数年前、大学のOG会で、M先生と本当に久し振りにお逢いして、
親しくお話しすることがありました。
けれど、お逢いした瞬間、昔の先生とのこと思い出して、
誘われるがままに、危ない時間を過ごしてしまったんです。

アーカイブ
2013.12.14 (Sat)のお話↓

http://jo6ehm.blog47.fc2.com/blog-entry-121.html

また、お逢いすることがあるのでしょうか。
それは、今は、わからないんですよ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。



順子 |  2018.03.23(金) 08:54 | URL |  【編集】

溺れる時間

順子さま こんにちは。

M先生…
心も身体も溺れさせられた時間をすごし、
身体を重ねるよろこびを教えてくれた男の人。
M先生との出逢いがなければ、今のような順子さまは作られてなかったのでしょうか…
男の人を求める、心も身体も持ち合わせた、そんな時期に出逢った先生。
今の、順子さまの土台を作りあげられたような、でも、持ち合わせていたものを引き出し、開花させた、そんな気もするのです。

いろんな指示や、要求をされながらも応える、綺麗な若い学生との時間は、先生も思っていたよりも翻弄されたかもしれませんね。

執筆、楽しみにしてます。
柚葉 |  2018.03.24(土) 12:47 | URL |  【編集】

土台を作りあげられた

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

今日は、温かな週末ですね、
柚葉さんは、いかがお過ごしでしょうか。

「土台を作りあげられた」
いろいろな意味で、おっしゃる通りだと思います。
年齢的にも、男の人に興味があり、身体も求めていた頃だったんでしょうね。
その時、お逢いしたM先生。
大げさではなく、私の人生を変えた出会いだっだとも、そう思っています。

大学を卒業したら、本当は、京都の中学校で働く予定でした。
でも、叔母さんたちと両親が相談して、
故郷で嫁入り修行することに決めたんです。

理由は、M先生とのことが始まってからの私の様子、
叔母さんが心配してからのことだったのでしょうね。
M先生とのことは、何も話しませんでしたが、
お化粧とか、下着とか、
やっぱり、それまでの私とは、
想像できないような変わりようだったんだと思います。

それまで、殆ど叱られたことのない私でしたけど、
その時だけは、初めて怖い父親を見ました。

M先生とのこと書くこと、
本当は、恥ずかしい以上に、こころが痛むことでもあるんですけど、
それでも、一生懸命尽くしていた私を思い出すことも、
仕方がないかなぁって、そうも思っています。

コメント、ありがとうございました。
柚葉さんの恋のことも、いつか、話してくださいね。
順子 |  2018.03.24(土) 14:44 | URL |  【編集】

順子さま
コメント、ありがとうございます。

今日、風が強かったですけど、気持ちがいい天気でもありました。
早く、春のぽかぽか日和になって欲しいですね。

ずいぶん前に、M先生とのお話を読ませてもらった頃は、M先生のことが、なんだか好きになれませんでした。
順子さまが大事にしていた恋なのに、ごめんなさい。
自分の言うことに、どれだけ応えられるか、自分の好みにしていけるか、そのような見えない心の印象が私にはありました。
M先生とのことがなければ、今の順子さまの魅力を最大限に発揮されてなかったのかもしれないとも感じてしまいます。

M先生とすごされた時間、今となっては通過点にしかすぎないのかもしれませんが、
叔母さま、順子さまの雰囲気、佇まいから
単純に恋人ができて醸し出すものではない、危うい色香を女性の勘や嗅覚で感じ取られていたのかもしれませんね。
高校、大学と、親元を離れてあったから、
お父さまも、近くにいて欲しかったのだろうなぁとも思っていましたが、心配だったのですね。
結果として、京都を離れることになってしまいましたが、旦那さまとの出逢いが、
順子さまには待っていたし、輝かせてくれる男性でしたよね。
女は男次第ってよく言いますもんね。

でも、先生をされている、順子さまの授業を受けてみたかったなぁ…なんて。

柚葉 |  2018.03.24(土) 19:10 | URL |  【編集】

柚葉さんの願望

柚葉さんはこれまでに何度かすてきな男性に出会われても最終的に決断ができないまま過ごされたのでしょうね~
順子さんのように理解ある旦那様の元、すてきな出会いが許され、身体に刻印を刻まれる様子が羨ましく想われているのかな…
DELITEみたいに順子さんの旦那様を寝取ってしまいたくなってませんか?
わんぱく |  2018.03.25(日) 04:59 | URL |  【編集】

爛れた関係

順子さま
更新ありがとうございます。

皆様ご指摘の通り、幼鳥が刷り込みを親鳥から受けるように性技を教えて込まれ、先生色に染め上げられて行った若き日の順子様。

先生との分、改めて読み返してみました。「二十歳になったばかりの若い体をあじわった」的な表現に、今、先生の年齢に近い自分を置き換え海綿体を熱くしています。

引き続き、先生との爛れた関係を赤裸々に教えていただきたいです。

柚葉さま

今、俺のフレンチでサーブ待ちです。夜は極みやのハンバーグを食べて帰ります。
やっぱり、州都博多いいですよね。
伊集院 |  2018.03.25(日) 11:55 | URL |  【編集】

今日は、天気もよくて、仕事なのがうらめしく思ってしまいました。

わんぱくさま、私は順子さまの旦那さまを寝取りたいなんて思ってませんよ。
わんぱくさまは寝取りたいでしょうけど…

純粋に、順子さまの書かれる文章が好きで、お会いしたことないのに、こういう女性なんだろうなって、想像できてしまう、
近くにいないのに、近くにいる存在で、
ふんわりした世界観に魅了されてるだけです。女性が好きとかってわけではないんですが、順子さまは、文書を通して好きになった女性ですね。尊敬の方が勝ってるかな?
お会いすることはないので、旦那さまのことは心配されませんように。
わんぱくさまの妄想を楽しませていただいています。


伊集院さま
最近、また忙しいのかと思っていました。
博多に来られていたんですね。
お店の名前は聞いたことはありましたが、
行ったことはなくて…
博多、楽しんでください。
柚葉 |  2018.03.25(日) 16:10 | URL |  【編集】

悲しい女の性

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
M先生が順子さんに対して躾けにも似た性愛は、淫靡な大人の女性となる艶めかしい梯子をかけてくださったんでしょうね。
その梯子をよろめきながらも一つ一つ上り、女の悦びを噛み締めてから大好きなご主人の胸に飛び込んだんですね。

さて、M先生はダンディな方なんでしょうね。
順子さんがM先生に寵愛を受けながらも実は他の男性との逢瀬にも応じていた罪深き肉体を喜んで調教してたんですね。
次も楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.03.26(月) 12:17 | URL |  【編集】

今となっては通過点

皆さん、こんにちは。
コメント、たくさん、ありがとうございます。
すっかり、春めいてきましたね。

柚葉さん、こんにちは。
私の授業!ふふ、現代文か古典ですけど、
きっと、上手にはお教えできないことだと、
思っています。
教育実習のときは、まぁ、満足できる研究授業ができましたけど、
それも、後輩諸君(生徒)のお陰だろうなって思っていますね。

わんぱくさん、こんにちは。
えぇ、柚葉さん、なかなかご希望が高くて、
難しいのかもしれませんね。
私の方が、一目ぼれでしたけど。

伊集院さん、こんにちは。
M先生とのこと、大学後半の2年間程続きました。
いろいろなことがありました。
幸せだと思えたこと、辛かったこと、
自分のこころが許せる範囲で、
また、書いてみますね。
お楽しみに。

あらっ、博多に行かれていたんですね。
まぁ、もしかしたら、柚葉さんと、
中洲あたりで逢われてたんじゃないんですか?
正直に、お話しくださいね。
ふふ。

楽太郎さん、こんにちは。
そうですね、M先生は素敵な方です。
当時、沢山の女学生の憧れの的でした。
数年前にお逢いしたときも、
前と同じように、どきどきしちゃったんです。

主人に柚葉さんを逢わせるのは、
ちょっと、心配。
どんなことになってしまうのか、やっぱり心配です。
ふふ。

皆様、コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.03.26(月) 12:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/416-a15a2157

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |