FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

M先生とのこと7 納涼床

2017.02.17 (Fri)


「納涼床にでも、行こうか」
そう、先生が言われ、コーヒーカップに口を付けられました。

先生のテーブル越しに座っていた先輩、

「いいですね、って、高いから、我々学生にはちょっと無理かなぁ」
「いいよ、出してあげるから、山陰に行くメンバーに、声、掛けてくれないか」
「ええっ、いいんですか。そりゃあ、断る奴なんていないですよ ねぇ」

本当に嬉しそうな笑顔の先輩、私の方に、端正な顔、向けたんです。
教授室で、島根への旅行の打ち合わせをしている時のことでした。

納涼床、京都の夏の光景として、有名ですよね。
私も、叔父さんたちに連れられて、時々、行ってました。

room01 (1)

鴨川沿いのホテルの前に造られた納涼床、
夕刻、川面からの涼しい風に吹かれて、美味しい京料理をいただきます。

でも、先輩が言ったように、ちょっと、お値段が。
学生には、敷居が高いですよね。
先輩、皆に連絡してくれて、週末に行くことになったんですよ。

02540-25263-pc.jpg

あぁ、それから、先生のご希望で、皆、浴衣で来るようにってご命令でした。
奢ってもらうんだから、仕方がないわね。
でも、皆と違って、私、下着を着けないで行くのかしら、
やだぁ、心配だわ。

009117.jpg

浴衣、叔母さんに連絡すると、取りにくるようにって。
昔、ミスなんとかに選ばれたことがある叔母さん、
私と同じくらいの身長で、着物、よく借りてたんです。

「順ちゃんは色が白いから、濃いめのが良いわね」

って、朝顔の柄の紺色の浴衣、黄色の帯を用意してくれてました。
良かったわ、もし、白地で透けたりすると、下着、付てないの、わかっちゃうから。

「簡単でいいから髪は上げるのよ、それから、髪飾りもつけなさい」

昔から、叔母さん、着物にはうるさくて、
お陰で私、振袖なんかも、自分で着付けできるようになりました。



シャワーを浴びて、浴衣、着ました。
姿見に映る、裸の私。
白い肌、括れた腰、そして、豊かな乳房。
自分でも言うのもおかしいけど、綺麗だと思えました。

oppai_5297-037s.jpg

先生が、少しでも私のこと振り向いてくれるように、もっと、もっと、素敵になりたい。
たわわな乳房、組んだ両手でそっと持ち上げると、そんなこと、思ったんです。
下着、随分と迷ったんですが、先生から言われてるようにしました。

叔母さん、着物用の下着も、準備してくれてたんですけど。

関連記事
16:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

納涼床で

私も名古屋から京都の鞍馬の床には数回行ったことありますよあそこは昼間でも涼しく食べれた思い出があります。
府内の鴨川のほとりは、夜でないと風情も涼しさもないみたいな気がして行ったことありません。
さて、教授は大枚はたいて、順子さんにどんな痴態を学生さんに見せるのか楽しみですが…ちょっと考えさせられる点です。
わんぱく |  2017.02.18(土) 14:01 | URL |  【編集】

納涼床懐かしいです

順子さん、こんにちわ楽太郎です。

毎年初夏から鴨川沿いに納涼床が出ますよね。
路地に入り馴染みのお店によく通ったことを覚えておりますよ。
けど、川床と言えば貴船ですよね。電車に揺られても風情があり好きな場所でしたが、少し時間がかかるのが難点でしたね、、

今回はどのような痴態が繰り広げられるのか?楽しみです
楽太郎 |  2017.02.18(土) 15:56 | URL |  【編集】

貴船に行きましたね~

順子様
更新有難うございます。

川床ですか~?懐かしいですね。
会社の慰安旅行でかれこれ20年ほど前に、一度、貴船に伺ったことがありますね~。やはり、そこかしことと水しぶきによるマイナスイオンが漂っていたことをかすかに思い出します。

ほんと、各地の旅情を織り込んでの、旅情ミステリーならぬ旅情エロチッククリームパイで、なかなかお目にかかれないブログですよ!
伊集院 |  2017.02.19(日) 15:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/413-ed156eea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |