FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

地中海での思い出11 マルセイユ3

2016.12.13 (Tue)


ブラウスの上からあてがわれ、乳房の柔らかさを楽しんだ手が、
そっと、おとがいに添えられ、顔を向けさせられると、
懐かしい匂いのする濡れたくちびるが、うっすらと喘ぎ開いた私のくちびるに、
擦り付けられてきました。

e6be189c-s.jpg

そして、いくらかの間で、その柔らかさを味わった後、舌先がくちびるを開いて、
私の舌に、絡もうとしたのです。

いたたまれない時間を迎えようとして、抗いもできたはずなのに、
どろりと、流し込まれてきた唾液を飲まされた途端、
もう、私の身体、彼のものを、受け入れるための準備、
終えようとしていたのでした。

tachi_back_4909-022s.jpg

「なんて、狭いんだ」

そう、唸るようにいいながら、潤いだしてしまっていた秘唇の溝、
進み、戻りながら、
私自身も、彼の望むように、その位置を探し出していたのです。

身体の奥の柔らかな濡れた肉壁に、
彼の恐ろしく固いものが、届いたことを感じた私、
強く仰け反り、悲しげな細い声をあげ、
二人がしっかりと繋がりあったこと、彼に知らせたのでした。

「あぁ、我慢できない」

いつになく、興奮されていたのでしょうか。
いくらもしないうちに、他人ではなくなった夜には聞けなかった、
だんな様の、慌てたような曇った声を聞かされました。

この旅行中、身体の周期が、大丈夫であることを知られていた私、
その声に誘われるように、悦びの予感が身体を染め始めたこと感じてしまったのです。

腰に当てられただんな様の両手に、それまで以上の力が加わり、
下から、えぐるように、突き上げられると、
その瞬間が、否応なく、訪れたことが分かり、
そして、その直後に、身体の奥に弾き出された温かさに、正直に誘われるようにして、
激しい桃色の悦びに、昇り詰めていったのでした。

頭の中が真っ白になり、
膝ががくがくってして、腰砕けになりそうでしたが、
繋がったままの彼に、抱き上げられながら、
激しい息遣いを聞かせていました。

意識を失いそうでしたが、振り向かされて寄せられてきたくちびるに、
朦朧としたまま、自分の方から、舌先を滑り込ませてしまったのです。

repo163b_1_1.jpg




関連記事
15:17  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

徐々に

2から3ではなく、3から順番に読むといっそう情景がリアルになりますね~うまい演出で、あとから興奮の波が大きくなりますね~
短い時間でもお互い2度目で興奮され、2人とも上り積めた様子がよくわかります。
このあと2回戦でお泊まりなのか、液を蓄えて船に戻られたのか、興味ありますね~
私的にはシャワーも使わず、垂れながら戻るのがうれしいです!
そろそろ船旅も終わりですね…
年末の台湾の頃が、危ない時期だととっても興奮してしまいます。
わんぱく |  2016.12.13(火) 15:43 | URL |  【編集】

液を蓄えて船に

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

あぁ、そのこと、思い出しましたよ。
ホテルでシャワー使う時間がなかったので、
そのまま、帰船しました。
やっぱり、後で出てきちゃって、
下着汚しちゃったんです。
よく、そんなこと、わかりますね。

来週中ごろから、台湾行ってきます。
素敵な観光旅行だったらいいのにって、
今は、思ってるけど。

コメント、ありがとうございました。
えぇ、地中海のお話も、次が最後になります。
順子 |  2016.12.13(火) 16:05 | URL |  【編集】

昼間の情事ですね

順子さん、おはようございます!楽太郎です。

これぞまさしく昼間の情事を絵にかいたようなシチュエーションですね。

私も濃密な印を相手の女性に注ぎ込んだ後に、外出し戸惑いの表情を見るのが大好きです。

女性側も実は「ドキドキ」と「被虐感」の狭間で興奮を覚え、雌の本性が垣間見えましたが、順子さんは如何でしたか?きっと気持ちとは裏腹に余韻に浸ったんではないでしょうか?

N部長さんの狩人の満喫した笑みが想像できますよ。

地中海紀行は巡られた先での美しい風景を楽しみにしておりましたので、なんかの機会にエロティック抜きでもアップしていただければと願っております。

 |  2016.12.14(水) 10:29 | URL |  【編集】

雌の本性

楽太郎さん、こんにちは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

楽太郎さんが、言われる通りだったような気がします。
本当は、受け入れてはならない夫以外の男の人のしるし、
でも、自分の身体の奥に、注がれる温かなものに満足して、
女としては、素直に、幸せな瞬間だったのかもしれません。

まぁ、ありがとうございます。
主人と二人、写真教室に通ったことがあるので、
この旅行にも、一眼レフカメラ持っていきました。
記事の中の風景写真のいくらかは、私たちが撮った写真です。
まだ、UPしていないものがありますから、いづれ、載せてみますね。

クローゼットのある二階の寝室で、旅行の準備をしていたら、
地中海旅行での、Nさんとのこと、思い出してしまいました。
恥ずかしいけど、そのままベッドに横になって、下着を脱ぐと、
指、使ってしまったんですよ。
二度、声を出して、よくなりました。
それも、Nさんの顔、思い出しながら。

来週から、台湾旅行。
Nさん以上に、私自身が、一番心配なのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
寒くなってきましたね。
台湾、少しは暖かいかなぁ。


順子 |  2016.12.14(水) 14:07 | URL |  【編集】

あれを知ってしまったら

楽太郎さんへの順子さんのコメントを読ませてもらって…
前にも書かせてもらった、金沢の女将さんの言葉がまたよみがえりました。
順子さんが知らなかった奥の奥にNさんの竿が入り、女として深い喜びを与えたものを求めているのでしょう~一度あれを知ってしまったのですから、台湾でも一番中寝ないで奥深く入れてくださいと順子さんから懇願されたらいかがでしょうか?
寝取られの旦那様はきっとお喜びなさると思いますよ!
わんぱく |  2016.12.14(水) 14:18 | URL |  【編集】

一度あれを知ってしまったの

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

百万石まつりの夜のことは、
私の妄想ですが。
地中海でのことは、そうではないから。
やっぱり、身体が忘れられないんでしょうか。
夫のこと、大好きだけど、
他の男の人のもの、
忘れられないんじゃ、妻として、失格ですよね。

台湾での、Nさんご夫婦と、私たち夫婦、
どんなことになるのか、心配してます。
なんでもない素敵な旅行だったら、
それが一番、いいんですけど。

コメント、ありがとうございました。
寒いから、今夜は、お鍋にする予定です。
順子 |  2016.12.14(水) 15:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/411-25b479ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |