FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での思い出10 マルセイユ2

2016.12.11 (Sun)


ヨーロッパで一番初めに開かれた、小型船やヨットが綺麗に並ぶ「旧港」は、
フランスを代表する貿易港だということ、教えていただきましたが、
本当に、見事なヨットの港が素敵でした。

「帆の街」と言われる、ニュージーランドのオークランドを思い出しましたよ。

20141209080638_306283233_10093_8.jpg

何の抵抗もなく、だんな様と腕を組んで歩きました。
ヨーロッパでは当たりまえの石畳の街並みが、やっぱり、素敵です。

そして、夫ではない男性という感覚も、
もう、他人ではなくなっていたからでしょうか、
やっぱり、ここでは、感じられませんでした。

missionary_position_5262-049s.jpg

「もう、他人じゃないんだから」

散策の間、何度かそう言われたせいでしょうか、
確かに、まぎれもなく、二人、身体を繋ぎあった時間を過ごし合っていたことが、
腕を組合い、だんな様の肘が、時折、私の胸元をこねるように押し当てられても、
それさえ、自然な時間だと思えるように過ごすことができた、
理由だったのだと思います。



それまで、当たり前のように、繋ぎあっていた手、ゆっくりと放すと、
あらっ 電話かしら、まぁ、どこに。
言葉のわからない私は、ただ、目の前に広がる穏やかな港町の様子を眺めていました。

本当に、ヨーロッパって、電線がありませんよね。
このことって、外国に行かないとわからないことで、
どうして、日本は、あんなんだろうって、そう、思えるようになりました。

港から、少し離れて、少し狭い街中の道に入り込みました。
見飽きることのない、素敵な石畳みと煉瓦の街づくり、
もちろん、日本のことも、私の街も大好きだけど、
こんな街で、暫く暮らしてみたいなぁって、そうも、思えるのです。

7539c3f4.jpg

ふいに、腕を引かれ、
そんな素敵な煉瓦つくりの建物の中に、連れ込まれました。
確か、二階建ての建物だったと思います。

石畳の道から、良く磨かれた木の床の建物の中に入ると、
カウンターらしいところに立っていた良く太ったご婦人が、
慣れた様子で、だんな様に笑いかけながら、
指を立て、上の階を指さしたのです。

一言、二言、言葉が交わされましたが、
フランス語らしかったので、私には、何もわかりませんでした。
ただ、私は、腕を引かれるがままに、よく磨かれた手すりを辿りながら、
二階に向かうしかなかったのです。

木製のドアが開かれ、誘われるがままに、部屋に入りました。
それほど、豪華ではありませんが、この街によく合う質素な佇まいのお部屋でした。

63.jpg

そして、目の前の、両開きの額縁のように広がった窓の向こうには、
あぁ、この街、マルセイユの象徴である
ノートル ダム ド ラ ガルド寺院、まじかに見えていたのです。

s-IMGP2237-3.jpg

「まぁ、素敵だわ」

思わず、唇から漏れたその一言。
この眺めを見せてくれるために、ここに、この部屋に連れて来てくれたのね。

だんな様に、お礼を言おうと、そう思ったのに、
後ろから寄せられ、熱き息の中でつぶやいた彼の言葉に、
そうではない、この部屋に二人でいることの理由を、
知らされることになったのでした。

「君のことが忘れられなくて、君の身体が忘れられなくてね」

その言葉が終わるときには、私、後ろから羽交い絞めにされてしまい、
珍しく慌てるような彼の手が、スカートをたくし上げ、
あっという間に、下着、引き下ろしてしまったのです。

抗う時間さえありませんでした。

本当に、あっという間に、
両手をそこにあった木製の椅子の背もたれにつかされたと思ったら、
一度だけだったはずなのに、狙いすましたような彼の男の人のもの、
私の、まだ、潤ってもいない秘唇に、
見事に押し入ろう、当てがわれてきたのでした。

15.jpg


関連記事
12:19  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

順子様
更新有難うございます。

N部長さん、やはり只者ではありませんね。フランスのマンマ(マンマはイタリアですね?)に、話つけ済で、順子様を誘い出したというところでしょうか?

2度目のファックも船内と予想しておりましたが、さすがに駐在歴のあるフランス上陸してからとはやりたい放題ですね。

これは年末の台湾も・・N部長の手練手管に期待です。
伊集院 |  2016.12.11(日) 20:59 | URL |  【編集】

昼下がりの情事

前回のコメントで、ホテルにといいましたが…
まさしく秘密の情事をするためのお部屋みたいですね~
日本だとラブホテルというより連れ込み宿的な雰囲気でしょうか?
受付の中年女性に見られた時は、こういう場所とは知らなかったから恥ずかしくなかったけど、知ったあときっと恥ずかしかったことでしょう!
順子さんの身体忘れられないと、また台湾でも繋ぎあうことでしょうね~

今朝は、名古屋でもこの冬一番の冷え込みで、車のフロントガラスが真っ白くなりました。
わんぱく |  2016.12.12(月) 08:29 | URL |  【編集】

やりたい放題

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、まさか、街の散策先が、
こんなところだとは、思ってもみませんでした。
途中で、電話したの、このホテルの予約だったんでしょうね。

ヨーロッパに永く暮らしていたNさん、
こんなことに慣れていたんですね。
台湾旅行も、怖いです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.12.12(月) 15:18 | URL |  【編集】

冬一番の冷え込み

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、まさか、そんな部屋だとは思いませんでした。
飲み物を頂きのかなぁって、思ったのに。

私の街も、数日前みぞれが降って、
いよいよ、冬の景色になりそうです。
風邪とかひかれませんように、
ご自愛されてくださいね。

来週は、少しは暖かい、台湾に行ってきます。

コメント、いつも、ありがとうございます。
順子 |  2016.12.12(月) 15:24 | URL |  【編集】

やるなぁ~~

順子さん、おはようございます!楽太郎です。

年末の慌ただしさで多忙を極め読む機会がなかったのですが、9,10更新ありがとうございます。

皆さんのコメントにあるようにN部長さんの欧州の遊び方を熟知され、船上だけでなく地上でも順子さんを蹂躙する導き方は秀逸の一言ですね。

台湾旅行記も楽しみですが、順子さんの旅行記は本当に臨場感あふれ楽しませていただいております。

では、関西も寒さが厳しくなっておりますが、順子さんお体ご自愛下さい。
 |  2016.12.13(火) 09:04 | URL |  【編集】

臨場感あふれ

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

そうですね。Nさん、確かに遊び方、熟知されているって思います。
いろいろなこと、女の人の扱い、
私もまんまと、いいようにされたんだなぁって、
今、そう思います。

来週から、台湾、行ってきますね。
本当は、主人と二人だけで、よかったのに。
心配なNさんと一緒です。

コメント、ありがとうございました。
寒さ、明日からもっと厳しくなるそうですね。
風邪など引かないように、気をつけられてくださいね。
順子 |  2016.12.13(火) 15:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/410-5a34fdc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。