FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

地中海での思い出4 ワルツ

2016.11.28 (Mon)


「奥様をダンスに誘いたいんですけど、よろしいかな」

頭の上で、そう、Nさんの低い声が聞こえたんです。

「えっ、ええ、どうぞ。お願いします」
「駄目ですよ、私、何にも踊れないんですよ」
「何、こういったところじゃ、別に、上手に踊れなくてもいいんだから」
「踊っておいで、僕は、かまわないよ」
「さぁ、ご主人の、お許しいもただいたし」

だんな様、そう言うと、私の手を取って、ダンスエリアに、誘ったのでした。

駄目、今夜は、パパとの大事な時間だからって、そう思ったのに、
やだぁ、パパったら、
向こう側のテーブルで、小さく手を振ってる奥様に気づいて、
私のこと、振り返りもしないで、腰を上げてたんです。

12279244_1697880837097290_7851574075479974099_n.jpg

「ほら、もう、他人じゃないんだから」

腰を抱き寄せられ、首筋に触れるように近づいた唇から、
だんな様の熱い息が、そう、言ったのでした。

10人ほどの楽団の方たちが、演奏されたのはワルツ曲のメドレー、
あぁ、これなら、なんとか踊れるわって、思ったけど、
そんなこと、だんな様には、関係はなかったのかもしれませんね。

20140228214149cf9.jpg

ダンスフロアーには、10組ほどの方が、
それぞれのお相手と、楽しみながら踊られていて、
時々、お隣のペアと身体が触れるほどでした。

まぁって、ほれぼれするほと、上手なペアもあったし、
そうではないペアもあったし、
でも、クルーズでのダンスだから、お二人が楽しめればいいんですよね。

20100512_726505.jpg

でも、ちょっとって、だんな様、身体、くっつけ過ぎ、
ドレスコードはなかったけど、
柔らかい生地のフォーマルな、
真っ白なワンピースだった私のスカートの間に、
だんな様の膝、何度も、差し込まれてきて、
あぁん、駄目。

friendly888jp-img562x600-1466039146vnsjuj2075.jpg

それまでよりも、お店の明かりが暗くなって、
やだぁ、求めもしなかったチークタイム。
お約束のように、だんな様、頬、寄せてきたんですよ。

「忘れられないんだ、君の身体が」

熱い息が耳元を這い、身体の芯に、ただならぬ熱いものが、
流れ出したように感じました。

「いや、忘れてくださいね」

震えるか細い声で、やっと、そう言ったのに、

「あれほど、僕のもの、欲しがってたじゃないか」
「あぁ、許して」
「ほら、今だって」

そう言う前から、だんな様の膝、
私の柔らかいスカートの間に、挿し入れられて、
こすりつけられると、押し付けられるように動いて、
私、思わず、だんな様の背中に、手を回してしまったのでした。

98ea201efd4d6bc97752cf563c4cd575.jpg

あの夜のことが、蘇ってくるようでした。
大好きな夫が、同じ船の中にいるというのに、
その夫が、連れてきてくれた、大事な旅行だったはずなのに、
お逢いして、幾らも経たないだんな様に抱かれた、
恥ずかしい夜を過ごしたのでした。

missionary_position_5262-049s.jpg

開かされた白い太ももの付け根の秘唇にくちびるが這い回り、
夫以外には見せてはいけない、
私の一番恥ずかしい女の秘唇から滲ませてしまっていた愛液を、
思うがままに吸われ続けられました。

kn523.jpg

そして、恐ろしく太い男の人のもので、身体を繋ぎ合い、
数え切れないほど、悦びの頂に、昇り詰めさせられたのです。

二人の愛液で濡れただんな様のもの、抗いもしないでお口に含むと、
名残の液、泣きながら啜っていました。
その時の私、まぎれもない、だんな様の愛人だったのでしょうね。

cum_eating_4549-079s.jpg

そんな、あの夜の時間、
人妻であるはずの私なのに、今、身体を寄せ合い、抱きしめられながら、
取り返すことのできない時間を、もう、仕方なく諦めるしかなかったのです。




関連記事
15:00  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

研一君のこと

伊集院さん、こんにちは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

研一君とのこと、読んでいただいていて、
ありがとうございます。
えぇ、随分と昔のことですが、
思い出すと、つい最近のことのようにも思えて、恥ずかしいです。

研一君も、そして、結婚はしていましたが、
私もまだ、若かったし。

結局、Nさんたちご夫妻、都合で来られませんでした。
奥さま、インフルエンザに罹ったそうなんですよ。

申し訳ないけど、私にとっては、幸運だったような気がします。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.11.28(月) 15:06 | URL |  【編集】

あれあれ…。

順子さま
更新ありがとうございます!

あれ、今回は「過ち」の復習でしたねー!
進展をお待ちしておりまするー!
伊集院 |  2016.11.28(月) 15:07 | URL |  【編集】

今夜も夫婦別な部屋で

順子さんは、今夜もN部長のふとい竿で、身体の深い満足を得られたことでしょう~
本当は、旦那様の深い愛情の腕の中がよいと思いつつ、身体は違いましたね…
N婦人の協力なしではあり得ませんでしたね~やはり消えていきましたね…
きっとここはさらっとでしょうから
さあ、次は若夫婦との関係が楽しみです。
わんぱく |  2016.11.28(月) 15:27 | URL |  【編集】

「過ち」の復習

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

あぁ、そう言われれば、そうかもしれませんね。
でも、その時は、そんなふうに思ったの覚えているんですよ。
なかなか、ブログに直すのって難しいです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.11.28(月) 16:39 | URL |  【編集】

やはり消えていきましたね

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

ふふ、わんぱくさんの書いているように、
お話し進んで、楽しいですか。
本当に、想像力、旺盛ですよね。

さて、この後、どんな展開になるか、
楽しみにしておいてくださいね。
でも、私にとっては、
すごく困ったことだったってこと、
忘れないでくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。

順子 |  2016.11.28(月) 16:43 | URL |  【編集】

夫婦交換

その日にお部屋に戻る別室SWじゃなく、クルーズ中妻を交換して過ごされたのでは…
N夫婦が金沢に来れなくなって、順子さんはうれしくも悲しくもありだったのではないかな
わんぱく |  2016.11.28(月) 17:39 | URL |  【編集】

妻を交換

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

今日は、午前中、どんよりしていましたが、
午後から、お日様が出て、
小春日和のほっとする時間を過ごしています。

夫婦交換、スワッピングって、
もちろん、知っていて、ドキドキする言葉って思っています。
旅行中、Nさんの奥さまと私を、
お互いのだんな様に、好きなようにゆだねるって、ことですよね。
そうだと言われれば、そうなのかもしれません。
楽しい思い出だったはずの、地中海旅行。
でも、やっぱり、思い出したくない時間も、
あるんですよ。

Nさんご夫婦、こちらにこられなかったこと、
良かったのか、そうではなかったのか、
今は、分かりません。
このまま、暫く、お逢いしない方が、
少なくても、私には、良い気がします。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.11.29(火) 15:12 | URL |  【編集】

身体が覚えてしまったんですね

順子さん、こんばんわ、楽太郎です。

N部長さんの熱烈アタックは想定内ですが、ダンスの腕前はいかがでしたんでしょうか?

昔聞いた話ですが、リードのうまい男性は、セッ○スの導き方も上手とか?きっとN部長さんもダンスもうまかったんでしょうね。

順子さんも過去に芸者役で巨根のお客様を接待された経験をお持ちだったと記憶しておりますが、その彼同様にN部長さんもアレに恋してしまったのではと想像してしまいます。

若新婚夫婦との絡みも楽しみです。
 |  2016.11.29(火) 20:14 | URL |  【編集】

セッ○スの導き方も上手

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

年末に近づいてきて、なんだか、
忙しい毎日になってきましたね。
楽太郎さん、いかが、お過ごしですか。

えぇ、ダンス上手だったですよ。
私、少ししか踊れませんが、しっかりと、
リードしていただきました。
でも、いろいろと困ったこともあったんですが。

百万石まつりの時のこと、言われているんですね。
読んでいただいていて、ありがとうございます。
でも、あの時、本当はそんなこと、
なかったことも、ご存知ですよね。

新婚のご夫婦とも、
ちょっと、困ったことあったの、
また、書きますね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.11.30(水) 16:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/397-859bc909

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |