FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での思い出3 フィレンツェ

2016.11.24 (Thu)


今夜は、予約してあった日本食の「わさび」での食事、
このお店は、他のお店とは違って、支払いをしなくてはなりませんが、
外人の板前さんの握るお寿司やお刺身、
久しぶりの和食で、えぇ、とっても、美味しかったです。

022.jpg

その後、船の中で、一番広い「エピック・シアター」で、ミュージカルの観劇。
周りの外人のお客様、異様な興奮で、私たちにはわからなかったんですけど、
ヨーロッパでは、有名な人気の劇団だったみたいです。

epi_0012.jpg

船の中には、この他にも、たくさんの劇場や、ステージホールがあって、
毎晩、いろいろなコンサートが開かれています。

スケジュールは、前の日に各部屋に届けられる、船内新聞で案内があって、
見たいのがあったら、添乗員さんにお願いすると、予約してくれるんですよ。
もちろん、チケット代は、旅行代金に含まれていて、安心です。

epic12.jpg

昨夜は、お互い別々の部屋で、話できないようの夜を過ごした二人。
今夜は、身体を寄せ合いながらも、大好きな主人の、温かな胸の中で、
その主人だけの、貞操な妻として、静かな穏やかな夜を過ごしたのでした。

nn2096.jpg

朝早く、リボルノ港に着いていた船から降りて、
今日のオプショナルツアーは、旅行前から楽しみにしていたフィレンツェに向かいました。

001.jpg

主人と一緒に写真教室に通い、コンクールに何回か応募したことはありましたが、
せいぜいそのくらいで、彫刻や絵画などには、全く疎くて、
でも、やっぱり、芸術の街、フィレンツェ。楽しみにしてたんです。

本当に、街全体が、芸術品って思えました。
余りにも有名な、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂や、ポンテ・ヴェッキオ。

007.jpg

極めつけは、ダヴィンチやミケランジェロなどの作品があり
なかでも有名な「ヴィーナスの誕生」など、
有名な作品が数多く展示されていたウッフィツィ美術館。
美術品に疎い自分でも十二分に楽しめましたよ。

044.jpg

思いもかけない、旅行の始まりだったけど、
大好きな主人の腕にぶら下がるようにしながらの美術品見学、
今は、こころ満たされる時間過ごして、私、本当に、幸せな時間だったんです。
パパ、ありがとう。



昨日は、お寿司だったから、「テイスト」って言うレストランでお夕食。
お食事の内容は、初日の「マンハッタンルーム」と同じような、
お肉を中心とした内容でしたが、
全体的には、明るさも少し暗くて、ムードのある造りにしてありました。
それに、お部屋の真ん中に、踊れるように広いスペースがあったんです。

epic3.jpg

お昼も、ピッザやお魚だったから、
日本では余り食べないような大きなステーキに、パパ、大喜び。
メインのお料理は、ひとつだと思っていたんですけど、そのステーキの他に、
チキンもあって、とうとう、食べ切れなかったほどだったんです。

102.jpg

「食べ過ぎないでね。残して、いいんだから」
「あぁ、でも、今夜のために、スタミナ、つけておかないとね」
「何、それっ」
「Nさんのこと、順子が、忘れられなくなったら、困るからね」

はっとして、私、フォークを置きましたよ。
そんなこと、あるはずないじゃない。あなたは、私の、大切な夫よ。
どうしようもなく大好きなのは、そう、あなた、一人なんだから。

ノルウェージャン・エピック号が、リボルノの港から、
ゆっくりと、タグボートに押されながら、離れだすと、
薄茜色に染まりだした夕陽に、地中海の穏やかな波が輝きだし、
お店の照明も、少し暗くなったのを感じて、食後のお酒を注文しました。

まぎれもない大好きな夫との、本当の夜が流れ出したと、
その時は、そう、思っていたのに。

100.jpg

二本目のワインを開けてもらったのは、
随分と、ライトの光、落とされはじめた頃でした。
グラスの中の、透明な白ワインの向こう側に、
真ん中に広がっているスペースで、身体を寄せ合って踊る、
何組ものカップルの姿が揺れて見えました。

傾けたグラスをテーブルに戻すと、
少し驚いたような様子で、でも、口元を緩めた主人が見えると、
同時に、私の両肩に、ゆっくりと温かな手のひらが置かれるの、分かったのです。

「奥様をダンスに誘いたいんですけど、よろしいかな」

頭の上で、そう、Nさんの低い声が聞こえたんです。


関連記事
18:12  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

第二ラウンドのゴング!?

順子さま
更新ありがとうございます!

今日はもうないのかと思っておりました。
たっぷりと旅情あふれる描写でご一緒させていただいているようです。

第二ラウンドのゴングが打ち鳴らされたようですね。来沢に続く…。

またまた、順子さまの不安は読書の悦びー!

伊集院 |  2016.11.24(木) 18:44 | URL |  【編集】

この展開は?

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
「‣・思い出2」では新婚さんとの波乱の幕開けを予想したのですが、またまたN部長さんの登場ですね。
小生が予想したこの旅の後半はNさんの愛妾としての時を過ごすトリッガーが円舞曲にて引き起こされるのですね!

愛よりも「肉欲」お二人の性愛描写楽しみですね。
それとご主人はN部長の奥様を相当気に入られているみたいですかね?

さて、いつもの順子さんの旅行記は本当に臨場感溢れる内容で楽しませていただきました。

フィレンツェは過去数回仕事で訪れた街なので、順子さんの描写の通りですね、ありがとうございました。
 |  2016.11.24(木) 21:42 | URL |  【編集】

愛妾

順子さんがこの旅行中N部長の愛人のようだったと確かこめんとされていたように、今晩も太い竿で寝かせてもらえなかったことでしょう!

旦那様は寝取られとN部長の奥様との夜で満足だったのかな…
それに安全な期間だったので心配も入らないこともあってですか?
わんぱく |  2016.11.25(金) 03:40 | URL |  【編集】

追記

2人がダンスしている間に、N婦人に促され、2人は消えてしまい、仕方なく今夜もN部長の白い液を受け入れたのでしょう!
わんぱく |  2016.11.25(金) 05:51 | URL |  【編集】

旅情あふれる描写

伊集院さん、こんにちは。
コメント、お忙しいのに、ありがとうございます。

「旅情あふれる描写」って、言っていただいて、
とても、嬉しかったです。
アダルトな日記書くのと同じように、
本格的な小説も書きたいと思っていますので、
そんなふうに誉めていただくと、
励みになりますた。

ご要望がありました。
研一君との佐渡での出来事、
本日午前中に書き終わりました。
また、タイミングを計ってUPしますので、
楽しみにしておいてくださいね。

でも、いろいろと思い出すことが多くて、
研一君のこと、また、思い出してしましました。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2016.11.25(金) 16:24 | URL |  【編集】

臨場感溢れる内容

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「臨場感溢れる内容」って、書いていただいて、
とても、嬉しかったです。
まぁ、フィレンツェ、何度も行かれていたんですね。
芸術に疎い私でしたが、本当に目が覚めるように素敵でした。
また、スペインと一緒に、行きたいと思っています。

新婚さんご夫婦と、何かある前に、
えぇ、Nさんと、また、いろいろありました。
もう、他人ではなくなっていたので、
ちょっと、辛かったです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.11.25(金) 16:29 | URL |  【編集】

N部長の奥様との夜

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

奥さまとのこと、主人には聞いていません。
こんなときって、いつも、そうですね。
私はどうだったのか、しつこく聞くんですけど、
自分はどうだったのか、殆ど、離してくれないし、
私も聞きたくありません。
それで、良いっておもっています。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.11.25(金) 16:32 | URL |  【編集】

リンクに張らせて頂いてもいいでしょうか?

里山 朱鷺さん、こんにちは。
初めてのコメント、ありがとうございます。

まぁ、相互リンクになりますよね。
本当に、ありがとうございます。

ここで、コメント書いていただいている方にもお知らせしたくて、
書いてみたんですよ。

朱鷺さんのブログ、まだ、読んでないんでけど、
同じ女性として、しっかり、頑張りましょうね。
いろいろと、助言、お願いします。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いしますね。

順子 |  2016.11.25(金) 16:37 | URL |  【編集】

そうでした、そうでした!

順子様
返信有難うございます。

「筆おろしの夜」のお相手は新○大学の大学院生 研一君でしたね。
どんな「思い出深い夜」になったのか?楽しみです。今回も執筆中に研一君を思い出して秘唇をしとどに潤わせんじゃないですか?!(^^)!

もう、脱稿されたとのことですので安心です。気長にお待ちしてますので、思う存分順子さまがお書きになられたいことを書かれたのちアップされたくださいませ。

当たり前と言ってしまえばそれまでですが、いろいろアップしていただいている水面下で次作、次々作、次々々作(もう、ええっちゅうねん!)を執筆いただいているんですよね。ありがとうございます。
伊集院 |  2016.11.26(土) 14:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/396-f7ba5ba2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。