FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での過ち3 お口

2016.10.24 (Mon)


女の人には分かると思うんですけど、
おっきっくなった男の人のもの、お口に咥えるって、
普通に身体の奥で迎えるときと同じように、ひどく、感じますよね。

c83f259bdde850c5d738542ecc11b473-630x472.jpg

それって、大好きな人に、
自分の身体が求められているっていう満足感に満たされるからでしょうか。

それだけで、ひどく感じて、すっかり、迎え入れる準備を終えることがあるし、
時には、くちびるだけで、短い悦びに昇り詰めることさえあるんです。

ゆっくりとした動き、だんだんと早くなり、
男の人の、太い先が、喉のひどく奥にまで、突き入れられ、
時々、もどしそうになりました。

だんな様の、筋肉質のお腹に両手を当てて、
その動き、止めようとしたんですけど、
そんな私の苦しそうの悶える様子、もしかしたら、喜んでいたのかもしれませんね。

6425d3ea-s.jpg

それに、そうやって突かれているうちに、
反応してしまった女としての身体。

お口の中を動く、その熱く硬いものに、
舌先を絡めるようにしてしまっていたし、
いつの間にか両手、だんな様の、逞しいお尻に回して、
迎え入れるように、動かしてたんです。

150109a_as036tn.jpg

「一度、飲んでくれるかい」
少しだけ荒くした息遣いの中で、だんな様の言った言葉に、
私、慌てて、髪を振りました。

「主人たら、あなたに飲ませたいって、自分の。
だって、あなたの名前言いながら、出したのよ それも、いっぱい」

飛行機の中で聞かされた、奥様の言葉を、一瞬思い出したんです。

tachibana_miori_4716-013s.jpg

そんな、うろたえた表情を見ただんな様、
一度、私の腰に両手を当てて、ベッドの真ん中に、身体、ずらしたんです。

sex_5165-158s.jpg

逞しい裸の身体が被さってきて、いくらか汗に濡れた熱い肌が触れ合いました。

あぁ、これからは、夫だけのための、身体でいたいって、
初詣でもお祈りしたし、今年これまでは、心配することなにもなかったのに。

けれど、だんな様の両手が、私の膝の裏側に当てられ、
ゆっくりと、太ももが開かれました。

主人以外には、見せてはいけない、人妻として、最も秘密な濡れた部分が、
何もさえぎるものもなく、他人であるだんな様の視線の下に開かれたんです。

sex_4610-030s.jpg
関連記事
16:19  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

海原さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、随分と寒くなってきましたね。
こんなときは、人肌が一番ですよね。
ふふ。
さっき、九州から帰ってきました。
寒い時にほっとする、温泉三昧してきたんですよ。
また、いつか、書きますね。

こちらは、今日は温かです。
いつも、こうならいいんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2016.10.24(月) 16:23 | URL |  【編集】

自撮写真

伊集院さん、こんにちは。
コメントへの返信、遅くなってすいませんでした。

「男の人、放っておかないわ」
それって、嬉しいこともあるけど、やっぱり、
人妻としては、困ることが多いですね。
自分では、大丈夫だと思っていても、
ほら、この旅行みたいなことがあって、
主人に申し訳ないです。

書くことがないっていうのも困るけど、
本当は、それでいいのかもしれませんね。

自撮り写真は、多分ないと思います。
写真の管理、貼り付けは、全部主人に任せていて、
出来上がったのを見て、
恥ずかしかったり、びっくりしたりって、
そんな状態です。

あぁ、この間は、ありがとうございました。
あんなしていただいて、お礼申し上げます。

コメント、いつも、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.10.24(月) 16:30 | URL |  【編集】

黒い生地が情念と悔恨の印

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、本当に、恥ずかしいです。
こんなことにはならないって、そう、思っていたのに。
駄目ですよね。

地中海旅行、楽しい思い出ばっかりだったのに、なんだか、ちょっと、違う思い出もあって、残念でもあるんですよ。

前にも書いたように、
奥さまとのこと、一切聞いていませんし、主人も何もいいません。
それで、仕方のないことだと思っています。

コメント、ありがとうございました。
呆れないで、読んでくださいね。

順子 |  2016.10.24(月) 16:35 | URL |  【編集】

下の秘口

お口に出されるのを回避したのもつかの間、濡れまくった秘口に太い竿をぶすりと差し込まれたことでしょう~
そして、背徳の白い液をまき散らされたことでしょう!
明日は、今の彼女と恵那に栗三昧のお出かけ予定ですが、雨かな…
わんぱく |  2016.10.24(月) 18:46 | URL |  【編集】

背徳の白い液

わんぱくさん、こんんばんは。
コメント、早速、ありがとうございます。

えぇ、心配したことになってしまって、
頭の中が、真っ白になるくらい、
慌てていたんです。

まぁ、明日は彼女さんとお出かけなんですね。
どうぞ、仲良くなさってくださいね。
天気よくなること、お祈りしています。

コメント、いつも、ありがとうございます。
頑張ってくださいね。
ふふ。

順子 |  2016.10.24(月) 19:11 | URL |  【編集】

たぶんですが、、、

順子さん、おはようございます。
楽太郎です。

順子さんの気持ちの中にある僅かな抵抗感をN部長はオスの本能で嗅ぎ取り、征服という達成感に溺れたことでしょうね。
征服後に発せられた言葉が楽しみです。

また、順子さんは葛藤の中、既に肉体は気持ちから離れて享楽のみを貪るメスに変容し性の隷属感に浸ってしまったでしょうね。

本当に性愛描写が過激になってきましたね、興奮します!

けどけどけど、確実にご主人は奥様を堪能されているはずですし、むしろ順子さんに聞いてほしのでは?

寝取られ族としては性愛を共有することも大事なんで、、、
楽太郎007 |  2016.10.25(火) 11:19 | URL |  【編集】

性愛描写が過激

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

もう、だんな様のこと、そして、私のこと、
そんな風に、分析しないでくださいね。
恥ずかしいです。
でも、やっぱり、女の身体の情感って、
どうしても、理性を上回ることが多くて、
自分でも、呆れてしまうこと、
多いですね。

表現、変わりましたか。
前にも書いたように、自分ではそんなつもりなくて、自然に書いているつもりなんですけど、
いろいろなことがあって、私の中、
少しづつ、変わっているのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
お買い物から帰ってきて、
ちょっと、のんびりしています。
今夜は、パスタ。
ボンゴレにするつもりです。

続き、読んでくださいね。

順子 |  2016.10.25(火) 14:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/386-c5fce1ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。