FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

地中海での過ち あきらさんのこと

2016.10.17 (Mon)


「素敵だよ」

思いもかけないだんな様の低い言葉に、思わず振り返ろうとしましたが、
その時には、もう、首筋に、唾液を感じるだんな様の温かなくちびるが、
ゆっくりと、這い回りだしていたのです。

主人や奥様がいるはずなのに、
いつの間にか、うっすらとした部屋の中には、
だんな様と私、二人だけになっていたのでした。

「駄目ですよ、冗談は」

そう言って、だんな様の傍らをすり抜けようとしましたが、
上手に捕まえられてしまったのです。

「二人、戻ってこないさ」

あご先に指を添えられると、
だんな様の、ワインの匂いが残る、温かな息遣いが近づきました。

抗うこと、できたはずなのに、
なぜだか、私、観念したように、震えるまぶたをそっと閉じると、
触れてきた濡れたくちびるから伸びた舌先を、
逃げることもしないで、迎え入れてしまったのです。

0ffd94d0fe5ab900e8c13b6f2b98e19b-630x450.jpg

いつか見たような、恥ずかしい夢ではありませんでした。
時折、私が見てしまう、妄想でもありませんでした。

大好きな夫と楽しむはずだった夜に、
夫ではない男の人に、舌と唾液を吸われ続けながら、
間違いのない現実の時間の中で、力の抜けてしまった身体、震わせていたのです。

01313.jpg

学生時代が終わるころ、
人には言えない、濃密な時間を過ごしあったあきらさんと、
去年の晩秋から師走にかけての数ヶ月間、
彼に求められるままに、そして、夫に許されるがままに、
週に一度、彼のマンションに通った私は、
愛人と言われても仕方のないような、そんな日々を過ごしました。

berochu_5205-064s.jpg

その夜に戻ってはこないだろう、最愛の妻の後姿を見送る、
計り知れない主人の眼差しを背中に感じながら、
でも、そんな、自分のありきたりな生活に背を向けた瞬間、
もう、私のこころは、これから向かう、あきらさんとの時間だけしか、
考えられなかったのです。

向かい合って二人で食べる夕食のために、
あきらさんの大好きなものを、あきらさんのために作るその時、
大好きであるはずの夫のことは、一瞬たりとも、私のこころにありませんでした。
ただ、夕刻に迎える、あきらさんの笑顔だけが、
私のすべてを、支配していたのです。

640x640_rect_4159362.jpg

二人の子どもたちも、すっかりと手が掛からなくなり、
夫婦だけで過ごす生活に、自分にはわからない、
いくらかの、けだるさを感じていたのかもしれませんね。

週に一度だけの、そんな夜。
抑えきれない喘ぎと桃色の細い声が恥ずかしくて、
自分から、あきらさんのくちびるを求めると、
彼の舌先を探し、絡め、吸い上げ、泣き声さえあげながら、
唾液、すすっていました。

17dbdc90.jpg

それに、赤ちゃんのこと、大丈夫ではないと思える夜でさえ、
彼が枕元に置いてくれてたスキンを使うこともなく、
彼に心配されながら、そのまま身体の奥に迎え入れることを望み、
欲しくて欲しくて堪らなかった、白く、温かな彼の精液、
そのまま、出してもらうように、願ったのでした。

隔たるものなく、身体の一番奥に注いでもらうために、
彼の逞しい腰に自分の白い太ももを絡め、叫ぶようにして、腰、振り続けたのです。

72d93574178314c4d26380d03e5519a51.jpg

どうかしていたんだと、今も、そう、思っています。

女としての自分の身体が、ゆっくりと熟れ始めているの、感じてました。
大好きな夫がいるというのに、そうではない男の人にも抱かれた私。

人生の中で、男の人のこと、一番欲しくて堪らない時期だったのかもしれませんね。

とにかく、自分の身体を燃え上がらせる情欲を、
自分ではどうすることもできない頃だったのです。

see376s.jpg

けれど、なぜだか、
今年になって、あきらさんからの連絡、一切、無くなりました。

何度か、私から連絡をって、そうも思ったんですが、
その空白は、あきらさんが決めたことで、
もう、私が求めることでは、無いことだとも思えたんです。

それに、夫に対しても、
やっぱり、そんな、あきらさんと続いてた時間が、申し訳なくて。


今年の、尾山神社への初もうで、
パパや子どもたちの、健やかな一年を祈った最後に、

 神様、どうぞ、今年の私の身体をお守りください。
 大切な夫以外の男の人に抱かれないように、
 もしも、そんなことになりそうになっても、
 私が、しっかりと拒めるよう、お願いします。

って、そんなこと、一生懸命、お祈りしたんですよ。
もう、夫以外の男の人とのことで悩む、そんな、自分に、
正直、呆れ、そして、疲れていたのだったと思います。

joh14060305030001-p9.jpg

街中で、知らない男性に、声をかけられることは、前と同じだったし、
いつものTさんの別荘に集まっての、ちょっと、ドキドキの時もありました。
けれど、間違いなく、今年になってからの私の身体、
大好きな主人だけのものだったのに…。

ju65s.jpg

関連記事
15:38  |  地中海旅行でのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

身体が求めるもの

順子さんの本能と言うべきか…女性の本能なのか…機会があれば違う種で身ごもって、別な子を身ごもるのが潜在的な営みかもしれません。古い地方には夜這いの風習があり、これはすばらしい種の子をわからぬまま身ごもることで種族を繁栄させるすべだったのではないかと思います。
これの現実がサラブレットの、競走馬に当てはまるものです。
妊娠までにいたらなくてもある女体に違う液を受け入れるとホルモンの作用でより美しく若くなるのではないでしょうか?
まさしく順子さんのように…
うらやましいです。
来月初旬に金沢に1泊しますが、自由な時間はないので残念です!
また、そのときが近づいたら、気温などの状況教えてくださいね~
わんぱく |  2016.10.17(月) 19:34 | URL |  【編集】

機会があれば違う種で身ごもって

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

いつになく、長いわんぱくさんのコメント、
いろいろなことが書いてあって、
へぇーって、読ませていただきました。

そうですね。
主人に抱いてもらった次の日の朝は、
やっぱり、驚くほどお化粧の乗りがいいです。
それが、主人ではない人となると…、
わんぱくさんの、言われる通りかもしれませんね。

まぁ、来月の始めに来られるんですね。
きっと、もう、随分と寒くなっていると、
思いますよ。
また、お知らせしますね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2016.10.17(月) 19:48 | URL |  【編集】

あきらさんの愛人

順子様
更新有難うございます。

あきらさんとのことを執筆することがあまり気が進まないという理由がわかりました。

すごいです。週末はご主人のことはOutof眼中(古い!)、脇目も振らずにあきらさん命。
ほんとにご主人に申し訳ないほど、淫乱な女になっていた時期だったんですね!

読者としては興奮MAXですね。できれば愛人になったいきさつもお伺いしたいです。
伊集院 |  2016.10.17(月) 20:29 | URL |  【編集】

6枚目の写真

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
「明さんとのこと」鮮明に記憶に焼き付いております。

順子さんは間違いなくご主人を愛している。その気持ちに嘘はない、けど、心とは裏腹に多くの経験が熟れた肉体に自我を注ぎ込み淫欲という波に溺れていったんでしょうね。

そして、年初の誓いを地中海にて投げ捨て、情欲を貪る罪深き雌となったんですね。

けど「過ちて改めざる、之を過ちと謂う」という言葉の通り順子さんご自身は理解されているんでしょうけど、むしろご主人が順子さんの女磨きの為に敢て過ちを犯さそうとされていると思いますよ。

ちなみに6枚目はの使用済みスキンを持った女性は順子さんでは?
 |  2016.10.18(火) 01:29 | URL |  【編集】

淫乱な女になっていた時期

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

あきらさんとのこと書くの、
おっしゃるように、気が進みません。
でも、去年の暮、忘れたいような、
そんな時間を過ごして、
ほとほと、自分に呆れていて、
お参りのときも、書いたようにお祈りしたのに、
また、過ちを犯してしまったんです。

あきらさんから、あれから一度も連絡ありませんし、もちろん、私からもしていません。
もう、このまま、お逢いすること、
ないのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
だんな様とのこと、
恥ずかしいけど、書くことにしました。

順子 |  2016.10.18(火) 15:34 | URL |  【編集】

過ちて改めざる、之を過ちと謂う

楽太郎さん、こんにちは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

すてきな文章で、参考になりました。
「心とは裏腹に多くの経験が熟れた肉体に自 を注ぎ込み淫欲という波に溺れていった」
「年初の誓いを地中海にて投げ捨て、情欲を貪る罪深き雌」
あぁ、良い文章ですね。

それに、
「過ちて改めざる、之を過ちと謂う」
なんだか、高校時代の国語に先生に、
叱られているような気分になりました。

6枚目の写真!
それは、ひ・み・つ です。

コメント、ありがとうございました。
続き、呆れないで、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.10.18(火) 15:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/384-50303de1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。