FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

M先生とのこと6 教授室

2017.02.08 (Wed)


連休の二日間を、先生と神戸のホテルで過ごした私、
五月の爽やかな風が吹くある日、先生の教授室に、呼ばれました。

神戸でのことは、また、書きますね。

先生、私の大学で講義をされるときは、科の研究室におられましたが、
日頃は、隣にある系列校の教授棟にあるお部屋で、過ごされていました。
歩いて、それほどかからない系列の大学、
私の大学と同じように、煉瓦造りの校舎が並び、緑も多くて素敵なキャンパスですよ。

main_3-2-1.jpg

先生のお部屋は、教授室のある階の一番端にあり、
廊下には、誰もいなくて、ひっそりとしていて、
その階にある在室を案内するボードのお名前に横に、
薄緑色のランプが点いていました。

c0352861_19084694.jpg

ノックをして、そっとドアを開け、部屋を覗きこみました。
本棚の向こう側に、先生がいらっしゃるのわかり、
小さな声で挨拶をすると、暫く、待つようにいわれたんです。

experiment0.jpg

始めて来た、先生のお部屋。
天井までの本棚、手前にテーブル、きれいに片づけられていました。

「コーヒーお入れしましょうか」

部屋の隅にある小さなキッチンにある、コーヒーメーカーに気付いて、
そう、言ってみました。

「あぁ、君も飲みなさい」

二人分のコーヒー、テーブルに置くと、
部屋の中に、コーヒーの良い香りが漂い、それに、誘われるようにして、
先生が、こちらにこられたのです。

se_cofe_takokara_.jpg

「初めてだったよね、この部屋」
「はい、綺麗にされているんですね」

って、言ったのに、

「約束、守ってる?」

そう言われて、思わず足を閉じたんです。

f9e52de2aaaf7708f4b50beecda5eb93.jpg

「僕と逢うときは、下着、付けないで」

恥ずかしい先生との約束、今日も、守ってたんですよ。
私、恥ずかしくて、俯いたんですけど、
一度、机に行った先生、手に何かもって、戻ってこられました。


「これ、身体に入れてみて」

そう言って、差し出されたのは、よくある綿棒の袋だったのです。

身体に入れる?それって、どういうこと!

「僕のもの、欲しがってるところに、入れるんだよ」

そう言うと、仕方なく差し出された私の手に、それ、握らせたのでした。

mennbou (1)

「それが出来たら、ご褒美に、キスしてあげるから」

先生、そう言うと決断を促すようにして、もう一度、頷いたのでした。
言われるがまま、私、手を下ろし、
自分がどうなってしまうのか、想像もできないままに、
短いスカートの中に、その手を差し入れながら、そっと、目を閉じたんです。

「目を開けるんだよ、僕のことを見ながら入れるんだよ」

恥ずかしい自分の姿を見られるのが堪らなくて、
視線を避けたつもりだったけど、そう、言われてしまったのでした。

「さあ」

もう一度、促された私、綿棒の先を、そっと、秘唇にあてがいましたが、
しっとりとしていることが、もう、わかっていました。
言われるまま、少しだけ力を入れると、その柔らかい先の部分が、
自分の一番女らしい溝に、少しずつ、入り込んだのがわかったんです。

telephone_sex_5725-010s.jpg

「あっ」って、小さな声。

「目を見なさい」

思わず目を逸らしたこと、たしなめられ、
もう一度、潤んだ目で、先生のこと、見直したんです。

「入ったのかい」

ぶるぶるって、震えた身体が、先生の問への応えだったのかもしれません。
そんなに細いものだったのに、
自分の身体が、喜ぶようにして、濡れて、
そして、それを締め付けているのが分かりました。

「ゆっくりと、動かしてごらん」

それほど深くまで、入ってないのに、
自分の入り口のところが、そんなふうに感じるなんて、その時初めて知ったのです。

「あぁ」って、おとがいを仰け反らせると、
そんな私を待っていたかのようにして、
テーブル越しに、くちびるが重ねられてきました。

私、慌てるようにして、手はそのままゆっくりと動かしながら、
先生のくちびるをねだりました。

くちびるの間から挿し入れられてきた舌に、自分の舌を委ね、
そして、絡め吸っていたのです。
そして、何の躊躇もなく、流れ込んできた唾液を求めるように飲み下すと、
更に吸い続けていたのでした。

a6dd3de1-s.jpg

本当に細い、可愛らしいもの、身体に少し入れられただけなのに、
私の身体、驚く程熱く、燃え上がっていったんですね。

唾液を滴らせるようなくちづけが続き、
桃色の快感に、私、恥ずかしい声、漏らしてました。

先生のこと、欲しくて、もう仕方がなかったのです。
でも、こんなところで、できないですよね。
ここは、先生の大切な、お勉強される教授室なんですから。

その時だったんです。
ノックの音が聞こえたような気がして、
次の瞬間、
「先生いいですかぁ?」って、ドアが開いたのでした。

joiner008.jpg

関連記事
15:42  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

順子さん こんばんは
しばらく体調不良で休んでいたら
ブログのフォームが変わっていました
久しぶりなのがばれちゃいますね
また雪になりそうなので体調には気をつけて下さいね
あいぼ |  2017.02.09(木) 00:15 | URL |  【編集】

M先生シリーズ再開ありがとうございます。

順子さん、こんにちわ!楽太郎です。

M先生の順子さんに対するM調教はすごいですよね。
って言うのもこの有名大学構内での所業に驚きを隠せません。

う~~ん、M先生やるなぁ。。。

それにしても、順子さんの性愛描写のタッチが本当に変わりましたね。

今まで以上に表現力に溢れ、臨場感を楽しませていただいております。

次回も楽しみしておりますね
楽太郎 |  2017.02.09(木) 12:53 | URL |  【編集】

謎の訪問者

新たな女性とが訪問してきたのでしょうか?
またまた、こちらの系列校の女生徒にも手をつけたのかな…
わんぱく |  2017.02.09(木) 13:10 | URL |  【編集】

また、雪になりそうです。

あいぼさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

まぁ、体調悪かったみたいですね。
もう、いいんですか?
お大事にされてくださいね。

えぇ、暫く穏やかだったんですが、
また、寒くなりそうですね。
雪、このあいだみたいに、降らなければいいんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2017.02.09(木) 15:30 | URL |  【編集】

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

M先生とのこと、
もう、随分と昔の出来事なんですけど、
やっぱり、今も、こころにしっかりと刻まれています。
一生、忘れることのできない人なんですね。

あぁ、そうですか、前にも言っていただいたんですが、
表現の変化、自分ではわからないんですよ。
良くなったのか、そうじゃないか、
心配しています。

コメント、ありがとうございました。
寒くなりそうな週末ですね。
風邪などひかないように、お過ごしください。
順子 |  2017.02.09(木) 15:35 | URL |  【編集】

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

謎の訪問者、ふふ、次回を楽しみにしてくださいね。

系列校の女学生、
ちょっと、どきってしました。

まだ、書いていない、ずっと先の出来事の原稿に、
その女性、出てくるんですよ。
まぁ、わんぱくさんの先読みって、
本当に怖いくらいです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2017.02.09(木) 15:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/366-c0938dc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |