FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

M先生とのこと5 下着4

2016.03.29 (Tue)


次の週の講義も、同じように下着を着けない恥ずかしい身体で、出席しました。
そんなこと、慣れるはずもなく、やっぱり、不安な中での通学でした。
フレアーのスカートだったら、風が吹いたとき、とんでもないことになるので、
その日は、前とは違うスカートにしたんです。

でも、暫く歩いて、やっぱり、少し短すぎたことに気が付いたんです。
どうしよう、お尻、見えちゃうかもしれないわ、
お尻だけだったらいいけど、もう、困ったわ。

S-CIMG0647.jpg


自分と一緒にいなくても、自分が望んだことで、私をひどく困らせてること、
先生、きっと、分かっているんだろうなぁって、その時、そう、思えました。

「順子、今日はTバック? あなたにしちゃ、珍しいわね」
仲の良い友達から、そう、笑いながら声を掛けられたのは、
大学の短い階段を上がっている時でした。
返す言葉を見つけられないで、
結局、聞こえない振りして、教室に向かったのでした。

D651398_m.jpg

前の時間と同じように、先生の目の前に座った私、
暫くすると言われもしないのに、皆の目を気にしながら、少しずつ、足を開きました。
先生、そんな私をみて、気づかれないように、そっと、頷いたのです。

f9e52de2aaaf7708f4b50beecda5eb93.jpg

講義の途中で、先生、ゆっくりと立ち上がると、
天井までぎっしりと本の置かれた本棚の向こうにある、
研究室用の小さなキッチンに向かわれました。
講義の途中で、飲み物を持ってこられるの、学生たちは知ってましたから、
特に、そのこと、皆、気に留めませんでした。

新研究室HP用-thumb

暫くすると、私のこと、呼ぶ声が聞こえ、
コーヒーメーカーの操作をされている先生の前までいったんですよ。
背中を見せながら、先生が愛用されているコーヒーカップ、
お揃いのソーサーの上に準備してたら、
「濡れてるんだろ」そんな後ろからの低い声と同時に、
スカートの中に、先生の手が挿しこまれてきたんです。

09chikangt_uv_elocus.jpg

私、慌てて洋服の上からその手を押さえましたよ、
けれど、その時はもう、先生の二本の細い指が、
私の濡れた秘唇に当てられていたのです。

いやいやって腰を振りました。
もちろん、声は出せなかったけど、ほんの近くに、友達がいるんですもの。
こんなところ見られたら、たいへんだわ。

「嫌なのかい」
耳元で、先生の低い声が響きました。
先生のために、開けたピアスと一緒に、耳たぶを噛まれました。
あぁって、声にならない声漏らしながら、私、身体を震わせると、
おもわず、顔を横に振ったんです。

「指、入れてもらいたいんだろう」
「あぁ、駄目」
「駄目なのかい」

でも、気持ちとは裏腹に、先生の指、入れてもらえるように、
私、流しに両手をつくと、そっと身体を傾けたのでした。

d666b5251d8a8dca8979d52ce1105dfa-630x521.jpg

「どうしてもらいたいんだ」
「先生の好きなように」
「好きなように?」
「あぁ、入れてください」
「何を」
「指」
「どこに」
「あぁ、私の中に」
「何本」
「嫌」
「正直に言ってごらん」
「あぁ、駄目」
「ほら」
「言わせないでください」
「欲しいんだね」
「えぇ、欲しい」
「何本」
「あぁ、沢山」

ゆっくりと、先生の二本の指、私の中に入り込んできました。
それまでの時間のお陰で、私の秘唇、もう、すっかり潤んでいたのです。

血が出るほど、唇をかみ締めて、声が出るの我慢しました。
男の人の腰の動きみたいに、その二本の指、私の身体の中で広がりながら、
何度も、何度も突き動きだしたんです。

「いっちゃう」
異常な状態だったからでしょうね、驚くほど早く、
私、悦びに向かって、昇り詰めようとしました。

けれど、その瞬間を見計らったように、
先生、私の中から濡れてしまった二本の指をすばやく引き抜くと、
何もなかったように、コーヒーカップを持ち、皆がいるところに向かったのです。

20081016_480601.jpg

私、座り込んでました。
先生の指、昇り詰める直前に、秘唇から抜かれはしましたが、
がくがくって、身体全体に強い麻痺を感じてしまってたんです。

「さっき、キッチンでどうしてたの」
講義が終わって、友達に聞かれました。
「えぇ、コーヒーメーカーの調子が悪いって、先生に言われたのよ」
「へぇ、いつもはそんこと、ないのにね」

37.jpg

恥ずかしいけど、その後、私、ぉ手洗いに駆け込むようにして入りました。
頭の中が真っ赤に染まって、怖かったのです。
スカートをたくし上げ便座に座ると、私、左手を口に当て、
右手の指を、しとどに濡れた、自分の柔芽に添えました。
異常な身体の高まりを治めるには、もう、それしか、思いつかなかったのです。

jsei1506v19.jpg

聞き覚えのある何人かの友達の声が聞こえましたが、
私、指の動きを止めること、出来ませんでした。

あっというまに、悦びのときを迎えました。
いつもは、それほど、強くはしないと思える指の動きが、
今は、自分でどうしようもなく、激しく動き続け、
僅かに我慢できなかった悦びの細い声を漏らしながら、
真っ白になるようなその頂に向かって、あえなく、昇り詰めていったのです。

自分がそこにいなくても、きっと、先生、
そんな私のこと、わかっていたのだろうと思います。
先生が求めるがままの女に、染まり始めている私のことを。



関連記事
10:23  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

指1本では満足できない体にされていたのですね。おねだりを強要させられ、絶頂間際にお預けをくらい、トイレでひとりHをしてしまう…興奮しました。
佐藤 |  2016.03.30(水) 07:35 | URL |  【編集】

完全なるM調教ですね

順子さんへ
楽太郎です。
おはようございます。

朝から刺激的な内容読ませていただき、早速興奮して、午前中の会議困りましたよ(^^)
ちゃんと仕事せえよって言われそうですが、、、

いや~~、しっかし、M先生やりますね。
って言うか相当手慣れた感じも受け、過去にも多くの学生をMに目覚めさせ、世に送り出したんでしょうね、

M先生は順子さんを白地のキャンパスにみたてて、まずは水彩画のようにパステル調を好みながらも、油彩画でマカロン調の甘美を描ききっていくのでしょうか?

じんわり、やんわりの調教シーン最高です

ドキドキしながら次回も楽しみにしております。
楽太郎007 |  2016.03.30(水) 10:32 | URL |  【編集】

トイレでひとりH

佐藤さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、今、考えても、本当に恥ずかしいです。
でも、その時は、
きっと、そうするしか、なかったんですね。

ゼミのあっていた研究室奥のミニキッチン、
友達が、すぐ近くにいるというのに、
とんでもないこと、先生からされて、
思い出しても、身体が熱くなってしまいます。

コメント、ありがとうございました。
呆れないで、読んでくださいね。

順子 |  2016.03.30(水) 19:40 | URL |  【編集】

油彩画でマカロン調の甘美を描き

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「油彩画でマカロン調の甘美を描き」
素敵な表現ですね。
でも、そんな色付けされている自分のこと、
あの頃は、よくわかっていなかったんですよ。

「調教」って、言葉の意味、
今になって、分かるような気がします。
そんなことに手慣れたM先生、
「気をつけなさいよ」って、言ってくれた、
親しい友人の言葉も、
その頃の私には、聞こえていなかった気がします。

会議だったお仕事、邪魔をしてしまって、
すいませんでした。
でも、読んでいただいて、
嬉しかったでです。

コメント、ありがとうございました。
また、読んでみてくださいね。


順子 |  2016.03.30(水) 19:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/365-f4cb55e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。