FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

披露宴の夜7

2018.09.10 (Mon)


家のドアを開くと、あぁ、やっぱり。
リビングの淡い光だけ残して、主人、もう、寝室に上がったみたいだったんです。
ドレスを脱いで、ハンガーに掛けると、
主人に会う前に、シャワーを浴びることにほっとして、
ひとつ、桃色の息を吐きました。

5062922e-s.jpg

楽しかったけど、初めて会った若い彼との、思いもかけない時間でもあった今夜。
私、お行儀悪いけど、下着姿のまま、バスルームに向かいました。
主人、どんな気持ちで、ベッドに入ったんでしょうか。

自分の妻が、若い男の人に誘われ、
人妻でありながら、彼の求めるがままに、遅くまで帰ってこない夜の時間を、
どんな気持ちで過ごしていたんでしょうか。

そんなことを思いながら、
その大好きな主人だけのものであるはずだったこの身体、
光る様に白い首筋を、たわわな乳房を、
そして、最も女性らしい恥ずかしい溝を、
熱く細いシャワーの水滴だけではないものが、なぞり流れているのを、
私、じっと見つめていたのです。

02335.jpg


「駄目だったら、私の身体、主人だけのものなんだから」
「だって、さっきは、ほら、あんなに、僕のもの、欲しがってくれたのに」
「もう、忘れて」
「忘れられないよ、順子さんの身体」

後ろから羽交い絞めするように回された両手が、
乳房を、乱暴に揉み包むと、
私、彼を迎えやすくするように太ももを開き、そして、腰、委ね、
濡れ滴っていた秘唇、何の抵抗もなく、喜ぶように彼のものを迎え入れていました。

3018cef8-s.jpg

「あぁん、すごい」
「ほら、いいでしょ、僕の」
「嫌! 駄目なの、人妻なのよ」
「さっきも、そう言いながら、喜んでくれたよね」
「もう、かんにんして」
「たくさん、あげるから。いいでしょ」
「それだけは、駄目よ。絶対に」
「あぁ、もうすぐ」

後ろから抱きしめられ、ゆっくりとした動きを感じていました。
あぁ、人妻であるはずの私の身体の奥に、
夫ではない男の人の、若い濃厚な液、注がれようとしながら、
抗いもしないで、その時、腰を揺らしながら、待ち望んでいたのです。

2a07df98-s.jpg

数時間前の、清潔な有料のお手洗いのボックスの中、
そんな、動物たちのように繋がった、恥ずかしい二人の姿が思い出されていたのです。



「順子!」
「あぁ、すごいわ。たくさん、ちょうだい」
「昨日、遅かったんだね」
「ごめんなさい」
「いけないことしたの?」
「あぁん!」
「若い男に、抱かれたのかい」
「そんなこと、ない!」
「出されたんだ」
「嫌!」
「だって、順子の中、ヌルヌルしてる」
「あぁ、そんなことない」
「いっぱい!」
「あぁん、いっちゃうわ」

そう、私が言ったと同時に、パパのもの、それまで以上に太くなって、
あぁ、どくどくって、大切な液、私の中に、出してくれたんです。

どこからか、小鳥のさえずりが聞こえてくるようで、
レースのカーテンから射す、淡い朝の光が、
繋がりあった二人の裸の身体を、包み込んでいたのでした。

imagesCAMKIF97.jpg

関連記事
13:03  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

違和感

旦那様は順子さんのツボに自分の竿を入れたとき、いつもと違う違和感を感じたのでは…
ぬるぬるという表現でしたが、違和感を感じたのでは
違う男の形に壷が変化していたのかも~
寝取られの至福の時間ですね‥
わんぱく |  2018.09.10(月) 19:26 | URL |  【編集】

時系列・・?

順子様
更新有難うございます。

若い男に抱かれたことを思い出しながら、ご主人に抱かれってことですね~~。

それはそうと、
「だって、さっきは、ほら、あんなに僕のモノ、欲しがってくれたのに」
「さっきもそう言いながら、喜んでくれたよね」ということは・・。

有料お手洗いに再度連れ込まれたんですね。若いって・・、そしてそれに応える順子様、最高です。
伊集院 |  2018.09.10(月) 20:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/363-9483f4db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |