FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

披露宴の夜2

2016.04.05 (Tue)


両家が招かれたお客様の数の関係からなんでしょうね、
私が座ったテーブル、新郎側と新婦側、半分ずつのお客様でしたよ。
「なんだか、合コンみたいですね」
そう、笑いながら声を掛けていただいた、隣の席の男の人、
新郎の職場の方で、聡明そうなハンサムな青年でした。

テーブルコーディネートイメージ3

同じテーブルの皆も、やっぱり嬉しそうで、
まだ、披露宴始まる前から、ウエルカムドリンクで乾杯して、
お話に花が咲いたんです。

「新婦の同級生なんでしょ、お綺麗ですね。お隣に座れて、ラッキーでした」
新婦と同じ歳って思われて、私、嬉しかったです。
本当は、幾つか歳上なんですけど、それ、黙っておきました。
ふふ。

105.jpg

披露宴、楽しかったですよ。
最近は、仲人さんも立てないし、ご挨拶も短いし、
職場の方の、楽しい出し物や、歌で、大いに盛り上がってました。
ただ、新郎側、新婦側とも、お堅い公務員のお友達ばかりだったから、
皆、品が良かったですね。
あっ、お料理、えぇ、申し分ありませんでした。

IMG_0166.jpg

「二次会行くんでしょ?」
「えっ! あぁ、どうしようかしら、まだ、決めていないんですよ」
「行きましょうよ、せっかくだから、新郎新婦のために。
それと、えーっと、僕たちのために」
「えーっ、それ、なあに?」
「これでお別れするなんて、せっかく、あなたとお逢いできたんだから」
「まぁ、恥ずかしいわ」
「いいでしょ、一緒に。行きましょうよ」

困るわ、主人には、そんなに遅くならないだろうからって、
そう、言ってきたのに。
でも、あんまり、彼が、言うから、
「ごめんなさいね」って、一度、席を離れて、主人に電話してみたんです。

6497720753_fbaea0598e_b.jpg

「ごめんなさい、二次会に誘われてるの、どうしようかしら」
「誰に?」
「同じテーブルの、若い男性の方、あっ!違うのよ、皆も一緒なのよ」
「年下なの」
「えぇ、妹さんと同じくらいかなぁ」
「順子は、どうしたいの」
「あなたが言う通りにするつもりよ」

暫く、声が途切れると、主人の息遣いだけが、微かに聞こえてました。

「行っておいでよ、楽しんでおいで」
「いいの、嫌じゃない?」
「かまわないさ、順子がそうしたいんだったら」
「本当?じゃぁ、ちょっとだけいいかしら」
「いいよ、遅くなっても、先に寝てるから」
「嫌よ、すぐに帰ってくるから、待っててね」
でも、その返事、聞けないままに、電話、切れたんです。

15.jpg


関連記事
20:42  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

やはり・・・・・・

やはり、お上手ですね。
足元にも及びませんね。
その引き付け方が、絶妙ですね。
この先を楽しみにしてます。
海原 |  2016.04.05(火) 21:29 | URL |  【編集】

まぁたいへん

海原さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、褒めていただいて、
嘘でも、嬉しかったです。
でも、そんなことに、甘えてはいけないんですよね。
これからも、精進します。

あっ て、驚くような一夜でした。
いつものように、隙だらけで、
能天気な私だからでしょうね。
お酒に酔っていたからって、
人妻としての、貞操観念はどこにあったのでしょうね。
我ながら、呆れてしまいます。

コメント、ありがとうございました。
海原さんのお話も、どきどきしながら、
読ませていただいています。

順子 |  2016.04.05(火) 21:52 | URL |  【編集】

ありがたい

旦那さまも優しい方ですね。
うらやましい限りですね。
誰も読まない物語 、読んでいただいてありがとう。
これから、自分で言うのもなんですが、面白くなると思います。
うぬぼれが、強いかな。
海原 |  2016.04.06(水) 10:14 | URL |  【編集】

面白くなると思います。

海原さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、主人、本当に優しいですよ。
大好きで、大切な夫であること、
間違いのないことなんです。

これから、どんな風に進んでいるのか、
楽しみにしています。
いろいろなことが考えられる、
ストーリーですよね。
海原さんの力量、期待してますよ。

コメント、ありがとうございました。
小説、楽しみにしています。

順子 |  2016.04.06(水) 21:17 | URL |  【編集】

こんばんわ

順子さんへ
楽太郎です。
こんばんわ、
昨日コメントさせていただいたのですが、こちらのコメント欄に反映されたいなかったので再度アップすることをお許し願います。

ご主人は朧月を眺めながら霞んでいく順子さんの貞淑さが、雲に隠れていく月のように流されていくさまを思い巡らせ、ご主人はお一人で影となりつつある儚い人妻の理性すらも慈しみをもって待ち焦がれるのでしょうね。

絢爛豪華な祝宴の場で刹那的な出会いから始まる享楽。
一人の成熟しつつある美しい肢体が若い肉樹によって、耽溺なひとときを過ごしてしまったんでしょうね。
順子さん自身の性愛が満たされる以上に想像の世界で果てることのない嫉妬と興奮の渦に巻き込まれているご主人の性癖が今後どういった形になっていくのか?興味津々です。

クルーズ旅行編も今から超楽しみです。
楽太郎007 |  2016.04.07(木) 17:40 | URL |  【編集】

成熟しつつある美しい肢体が若い肉樹によって、耽溺なひととき

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

なんだか、メールの調子が悪くて、
そのことが、影響しているのかもしれません。
Gmailのパスワードを、アカウントが認識してくれなくて、困っています。
ソフトバンクの方は、変わらないんですけどね。

今夜の、楽太郎さんの文章、素敵でした。
勉強させていただきました。
私も、こんな文章が書けたらいいなぁって、
そう、思いましたよ。

クルーズまで、後僅かになりました。
のんびりしてる主人の代わりに、
私の方は、準備に大忙しです。
あぁ、神戸のあの方から、
二日前に、電話があり、
ここに書けないような、恥ずかしいこと言われました。
旅行、なんだか、心配です。

コメント、ありがとうございました。
新年度になって、
いろいろなことで、忙しくしています。
楽太郎さんは、いかがお過ごしですか。
では、続き、読んでみたくださいね。


順子 |  2016.04.07(木) 21:24 | URL |  【編集】

光栄です

順子さんへ
楽太郎です。
こんばんわ、
あるときは緻密な場面描写をされ、常体と敬体をうまく使い分けながら、切なくもキュートな流れを組み立てている貴女からお褒めの言葉は嬉しい限りです。

正直私の表現は堅苦しくっていけません、、、
ただ、エロい表現は😂自信ありますので、長い文章を送らせてもらえればと願っております。

神戸のご主人やりますね!言葉で順子さんをその気にさせて、お会いしたその日に彼のモノを、、、この出会いが貴女をもっと美しくすることになるとご主人は期待されているんでしょうね。

私も前戯の手段の一つとして、言葉責めから相手に想像をかきたてさせ、籠絡させる下半身を徐々に潤わしていきますよ。

ご主人の反応が楽しみです
楽太郎007 |  2016.04.08(金) 19:55 | URL |  【編集】

常体と敬体

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

常体と敬体。
文末の大切なお約束事ですけど、
余り、意識したことありません。
でも、敬体の方が、自由が利くのかなぁって、
そう、思っています。

「幸せの行方」は常体の文末で書いてたんですけど、少し、窮屈だったこと、
多かったです。
今の、敬体でも、上手くかけないことが、
結構ありますね。
早い話が、下手くそなんだと思っています。
ふふ。

変なこと言わないでくださいね。
大好きな主人とのクルーズの旅、
ただ、ただ、楽しみにしてるんですから。

コメント、ありがとうございました。
Pcと携帯の調子が悪くて困っています。
ご迷惑かけてないのかなぁ。
順子 |  2016.04.08(金) 21:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/358-34537e27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |