FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

M先生とのこと5 下着

2016.03.21 (Mon)


M先生との関係が始まって、数週間が過ぎました。
思いもかけない成り行きではありましたが、幸せな時間を感じていました。

毎日、大学に行って講義を受けて、
週に何回かサークルの仲間とスキーや山のお話をするなど、
それまでと一見変わらないような、満たされた生活を過ごしていたんです。
けれど、M先生とのこと、もちろん、誰にも知られていないように、気をつけてました。

kyojo10.png

「下着を着けないでおいで」
そう言われたのは、先生のお部屋でのことでした。

私が欲しくて堪らない、先生の男の人のものの先が、
たっぷりと愛液を滲ませ、開き始めた秘唇に、あてがわれてるときです。
早く、それ、欲しくて、欲しくて、
教えられもしないのに、嫌らしく、腰をくねらせながら、
「あぁ、先生…」と、微かな声で、懇願したんです。

103.jpg

「僕と逢うときは、下着を着けないでおいで」
先生の言われている意味が、よくわかりませんでした。
「講義に来る時も、短いスカートで」
後になって、そんな恥ずかしいこと出来るはずないって思いましたが、
その時はベッドの上で、
そんなこと思う余裕など、ないようにさせられてたんです。

D628152_m.jpg

「いいんだね!」って、
それまでにないような、ちょっと強い口調だったこと、覚えています。
朦朧とした中で、私、先生に分かるように、しっかりと頷くと、
それと同時に、泣きたいほど欲しかった先生の熱い男の人のものが、
自分の身体を押し開きながら、一番奥にまで突き入れられてきたのでした。

f49a3cf7-s.jpg


声にならない細い掠れた声を漏らし、
私、たわわな胸を揺らしながら、大きく仰け反ったのです。
狂おしいほど、待ち望んでいた、悦びの一瞬でした。
それは、どんなこと言われても、どんなことさせられても、
先生が望むんだったら、何だってするんだって、
改めて納得させられた時でもあったのでした。

e6e6b8b4-s.jpg


関連記事
21:31  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

M先生って

悪い奴やな〜なんて、つまらないコメントで済みません。
でも、今の順子さんを作った?人なので、尊敬しますね。今だったら、セクハラ、パワハラで訴えられますよね。今は、どうされているんでしょう。どこかの教授とか、、、。

ハラスメントは相手が不快に思わなかったら何をしてもOKというのは、納得できませんが、、、。

僕も、結構ハラスメントしているかもしれません。気をつけねば。
にせ医者 |  2016.03.23(水) 08:42 | URL |  【編集】

何をしてもOK

にせ医者さん、おはようございます。
コメント、久しぶりだったですね。

悪い奴、その頃の私、そんなこと思ったこと、
一瞬もなかったですね。
ただ、先生のことが好きで、
書いているように、
先生が求めること、なんでも、できるって思っていました。

今、どうされているのか、よく、知っています。
数年前も、同窓会でお逢いしました。
危なく、昔のように、
抱かれる寸前まで、いったんです。
昔の、お話に書いています。

ハラスメントなんでしょうけど、
今でも、その時のこと、
後悔はしていないんです。

コメント、ありがとうございました。
暫く、M先生とのこと、書いてみますね。


順子 |  2016.03.23(水) 09:34 | URL |  【編集】

Re: ようやく

海原さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

「幸せの行方」から、読んでいただいているのでしょうか。
結構な、文量がありますので、大変だったと思います。
ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします。

順子 |  2016.03.23(水) 09:39 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

> はじめてコメントさせていただきます。
> ライブドアブログから読んでいます。
> 先生とのエピソード、興奮させていただきました。
> 女性としてのいじらしさ、恥ずかしさ、同時に肉欲に抗えない淫らさが感じられてますますファンになりました。

佐藤さん、おはようございます。
初めての、メール、ありがとうございました。

M先生とのこと、ずいぶん昔のことなんですけど、
私にとっては、忘れることができない時間です。

えぇ、先生への愛情と、自分ではどうすることもできなかった、
身体のうずき。
どうかしていたんだろうなって、今は、そう思います。

コメント、ブログのものを使っていただくと、
助かります。
よろしく、お願いしますね。

順子 |  2016.03.23(水) 09:45 | URL |  【編集】

Re: ファンになりました


よしさん、おはようございます。
初めての、コメント、ありがとうございました。

作品のこと、褒めていただいて、嬉しかったです。
ライブドアのことがあって、もう、ブログ続けるの、潮時かなぁって、
そうも、思いましたが、
皆さまに励ましていただいて、頑張れたこと、
良かったって、思ってます。

「分身を擦りあげる程」って、
どうゆうことですか、まさか!
今度、教えてくださいね。ふふ。

コメント、ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いします。

順子 |  2016.03.23(水) 09:50 | URL |  【編集】

M先生って

順子さん、楽太郎です。こんにちわ

やるなぁ(笑)って感じが率直な感想ですね。

だって、普通に考えれば学生に手を出した教授はバレたら大スキャンダルですからね。

さらに、講義の時には下着つけてくるな…って言うのは超興奮するシチュエーションですが、これも一歩間違えば、大事件でしたよね(笑)

興味深いのは聡明な順子さんなのに「大変なRiskを背負ってしまう!」と頭をよぎることなく先生とのsexに溺れてしまった!

これは愛のなせる業なんでしょうね。

それとも、火照りが寒空に逃げることなく、躾けられた悲しい牝の性でしょうか?

先生はきっと順子さんの深いM性を見抜き自分色の女性に仕上げたかったんでしょうね。

続きも期待しております。
楽太郎007 |  2016.03.23(水) 13:08 | URL |  【編集】

躾けられた悲しい牝の性

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、前にも書きましたけど、
当時、どうかしていたんだろうなぁって、
そう思います。
先生のスキャンダルになること、
そして、私自身が、皆から軽蔑されること、
少しも考えませんでした。

とにかく、先生に、
私のこと、向いていただくことしか、
考えていなかったんです。

でも、卒業の年は、
だんだんと周りの人たちが、
私を見る目が変わってきていました。

内定していた、母校の国語の先生のお仕事、
父親から許してもらえなかったことも、
そんなことからだったのだと、
思います。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2016.03.23(水) 14:20 | URL |  【編集】

ライブドアがクローズになり、慌てましたが、
こちらで再開されてほっとしています!

M先生とのこと、
順子さんの薄紙を1枚ずつ重ねるような、耽溺のプロセスの表現に釘づけです!

心と体がらせん状にわしづかみにされていく様子、引き続き楽しみにしています!
しまだ |  2016.03.23(水) 18:18 | URL |  【編集】

Re: こんばんは


よしさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

ブログ、褒めていただいて、ありがとうございます。
まぁ、たくさんの男性から、喜んでもらっているのでしょうか。
それって、恥ずかしいけど、やっぱり、嬉しいです。

今後とも、よろしくお願いしますね。
コメント、ありがとうございました。

順子 |  2016.03.24(木) 09:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/355-2492ab0b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |