FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

天草への旅3

2015.08.15 (Sat)


ca6fa78ec7.jpg

部屋の灯りを暗くして、レースのカーテンを開くと、
目の前に、先程とは違った、
月明かりに僅かに照らされた波が、黒い海に広がっていました。

私、窓際の籐の椅子に座ると、ひとつ、ゆっくりとした息を吐いたんですが、
その時、つい最近使い出した、腕時計が震えました。
あら、パパからだわ。

008.jpg

「お料理美味しかったわよ」
「へぇ、そりゃあ、残念だったなぁ」
「そうよ、お部屋も、眺めも素敵だし、パパも来られたらよかったのにね」

そう言いながら、
ここにはいない大好きなパパのこと、その声を頼りに引き寄せていたんです。
目の前にはいないパパ、でも、そんな逢えない時間に、
狂おしいほどの愛情を感じていました。

「順子、胸開いて」

どきってしました。
だって、言われる前から、パパの声聞きながら、
私、浴衣の重ねから、胸元に左手、滑り込ませていたんですもの。

00232.jpg

「パパぁ」
そんな甘い声聞かせながら、
今だけは、大好きなパパのものではない、そして、パパ以外の男の人のものでもない、
自分ひとりだけのたわわな乳房、ゆっくりと揉み始めたんです。

あぁ、いい気持ち、感じるわ。
なんだか最近、自分の女としての身体、じわぁって、熟れ始めているって、
そんなふうに、思えること多いんですよ。

無題31

「純君もいるの」
って、パパから、思いもかけない言葉でした。

驚いて声、出せないでいると、
「いるんだね、純君」
馬鹿ぁ、純君、ぎっくり腰で、たいへんだし、
今、叔父さんたちの部屋にいるのよって、応えようとしたのに、パパったら、
「やっぱり、そうだと思った」だって。

「いいんだよ」
「何が」
「純君と」
「純君と?」
「……」
乳房を揉みながら、指先の間で乳首、思わず摘まんでました。

「あぁ、パパ、ごめんなさい」

こうやって、自分でよくなっちゃうこと、許してもらう言葉のつもりだったのに、
「かまわないよ、順子が、良いんだったら」
「えっ」
「だけど、順子、大丈夫な日じゃないだろ」
「そうじゃないのよ、パパ」
そんな言おうとしたのに、電話、切れてたんです。

やだぁ、パパったら、早合点して、純君とのこと、誤解しちゃったわ。
どうしよう。
でも、そんな風に思いながらも、私、胸元から広がる桃色の快感に、
自分の身体委ね、息、弾ませていたんです。

2336-690x500.jpg

少し風が出てきたのでしょうか、
そんな私の視線の先、遥かに見える海に、月光に照らされた僅かな波が、見えていました。

ca6fa78ec7.jpg




関連記事
17:26  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

パパさんから

お許しが出ちゃいましたね。
後押ししてくれてるのかな?

甘い声のパパさんから前戯を受けた後の純君の訪問…
部屋にどう迎え入れたんでしょうか…

続き楽しみです。

チョコパパ |  2015.08.18(火) 23:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/345-1dda5ae0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。