FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

近所付き合い2

2015.08.05 (Wed)


「ねぇ、おっぱい、見せて。ちょっとでいいから」

徹君、そんなこと言いだしたら、どうしようかって、思いました。
駄目よっていいながら、でも、可愛い徹君のお願いだからって、
もしも、セーター脱いだら、私の胸、徹君に全部見せることになっちゃうわ。
そう、思っただけで、ブラの中の乳首、恥ずかしいけど、
パパから甘噛みされた時のように、
キュンって硬くなって、身体の芯、熱くなったのわかったんです。

c54578eb-s.jpg


セーターを頭から抜くと、
ワイヤーレスの薄いハーフブラ、徹君の目の前。
背中に回した両手で、慣れたようにホックを外すと、
待ちかねたように、たわわな乳房がこぼれ出たんです。

2029-690x900.jpg


慌てるようにして、微笑みながら両手で胸元を隠しましたが、
豊かな膨らみも、薄桃色の乳首も、徹君の目の前にあって、
乱れだした彼の熱い息が、硬くなった乳首に、届くようでした。

76c7739f-s.jpg


「あぁ、すごい」
虚ろになった眼差しで、食い入るように私の乳房見ていた徹君、
私も、その言葉に応えるように、
交差していた両手下ろしてあげたんですよ。

「ごめんなさい」
微かにそう言いながら、彼、右手をテーブルの下におろすと、
やだぁ、その手、ズボンの前で、動かしながら、
なんだか、やるせない息、吐いたんです。

そんな彼のこと見てたら、私も、段々と堪らなくなって、
自分の右手の手のひらを、左胸の膨らみに被せ、ゆっくりと揉み始めてしまいました。
あぁ、いい気持ち、身体がとろけそうだわ。
指先が、硬くなった乳首に触れると、身体がピクン、ピクンと震え、
柔らかい両房が、ゆったりと揺れたんです。

b9f70468-s.jpg


「あぁ」
テーブルの下だから、こちらから良く見えなかったけど、
彼が、ズボンの前を開いて、おっきくなったもの、外に出したのがわかりました。
やだぁ、私の乳房見ながら、自分で男の子の白い液、
出しちゃうつもりなのかしら。

彼の手がテーブルの下に当たって、曇った音が聞こえると、
彼が望んでいる瞬間に向かって、手の動き段々と早くなったこと、
こちら側からもわかったんです。

「ごめんなさい、もう」
前にも増して、手の動き早めながら、彼、敢えない声をだしたんです。
私、その声に誘われるようにして、
乳房に被せていた細い指先で、硬くなった乳首、摘まむと、
身体に甘い快感が広がって、私も、堪らなくなっていたんです。

2cfc51f8-s.jpg


私、立ち上がると、徹君の方に行くと、彼の前に跪きました。
目の前に、パパのに比べると随分と白いけど、
もう、大人の人と同じようなおっきな男の人のものがヒクついていて、
先から透明な液を滴らせたものに、私、眩暈を覚えながら手を添えると、
ゆっくりと動かしてあげました。

その途端、
「あぁ、もう」
私の手のひらの温かさや動き、気持ち良かったのかなぁ。
女の人のような細い声あげた彼、跳ねるように腰、突き出したんですよ。
あぁ、このまま、出しちゃうんだ。

そう思うと、私、求められてもいないのに、
彼の、その、張り裂けるようにおっきくなった男の人のものにくちびるを被せ、
太く膨れ上がったもの、喉の奥にまで咥えこむと、手のひらの動き、早めてあげたんです。

8a97e372-s.jpg


「あぁ、でちゃうよ!」
女の人のような、彼の情けない声が、聞こえました。
そして、その途端、私の喉の一番奥に、熱いほどの男の人の液、弾き出してきたんです。
驚く程の量と、青臭い強い匂いにむせながらも、
彼のものに舌を巻き付かせ、私、一生懸命髪を揺らしながら、
迸る液、涙を滲ませながら飲み下したのでした。

01668.jpg


喉の奥に注がれた彼の液、ゆっくりと首筋の中、伝い流れるのが分かりましたが、
自分の一番女らしい恥ずかしい秘唇から、
もう、耐えきれなくなった愛液が、滲み溢れそうになっていること、分かっていたんです。

a339df84-s.jpg


このまま、下着を脱いで、彼の両肩に手を当て、
硬さと太さを失わないものに手を添えながら、ゆっくりと向かい合わせで彼の腰に跨れば、
濡れ滴った自分のものが、それ、身体の奥にまで、しっかりと迎え入れてしまうことがわかりました。

きっとまだ、女の人の身体知らないんですよね。
私が、彼にとって、始めての女性になるのかもしれないわ。
そんなこと、震えながら思うと、
口の中にまだ残っていた徹君の液、もう一度、飲み下したのでした。

無題6


電話の音で、我に返りました。

目を開くと紅茶の水面に、徹君の、私の胸を見ている目が、
さっきと同じように、しっかりと映っていました。
紅茶が少しだけ冷める僅かな時間の間に、
私、徹君との恥ずかしいこと、思ってたんですね。

08.jpg


「えぇ、徹君、来てるわよ。シャワー使わせて、中華まん食べさせたとこ」

暫くすると、徹君のママ、件の扉を開いて、庭先からやってきました。
「ごめんなさいね。いつも言ってるのよ、お家の鍵もってなさいって」
そう言うと、テーブルの上に、広皿に載ったカットしたメロン置いたんです。
徹君、それに手を伸ばすと、さっきと同じように、美味しそうに食べ始めました。

20140618180539cdd.jpg


「だめでしょ、それ、順子さんへ、お礼のメロンよ」
「いいのよ、そんなこと」
「ねぇ、近々、また、バーベキューしようかって、主人、言ってたわ」
「まぁ、いいわね、今度はお肉、うちが用意するから」
「じゃぁ、うちのお庭、使いましょうか」

彼の濡れたくちびるの中に、程よくカットされたメロンが消えていきます。
若い男の子って、本当に可愛いわ。
小さいころから知ってるお隣の徹君、
もしかしたら、近所付き合い以上なこと、あるのかもしれませんね。




関連記事
11:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

ネットサーファーさん、こんにちは。
ご注意、ありがとうございます。

私のこと探さないでくださいねって、
前に書いたことあったんですけど、
写真から、そんなことまでわかるんですね。
怖いわぁ。

ご注意、本当にありがとうございました。
今後、気をつけます。

これに懲りないで、ブログ読んでいただいて、
いろいろ教えてくださいね。

ありがとうございました。

順子 |  2015.08.06(木) 13:37 | URL |  【編集】

近所付き合い以上なこと?

そんな、ゆきひとさんのような羨ましい体験させちゃだめですよ(^^)

でも、女性にも、そんな願望があるんですね
チョコパパ |  2015.08.06(木) 22:53 | URL |  【編集】

羨ましい体験

チョコパパさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、これって、私の完全な妄想なんですけど、
小さい頃からよく知ってる徹君、やっぱり可愛いんですよ。
このお話のようなこと、あるはずないんですけど、
二人だけになると、そんなこと、
思っちゃうんですね。

女の人、若い男の子、受け入れたいって、
そんな願望あるんだろうって、思いますよ。

娘たちが帰省して、賑やかになりました。
家族が揃って、主人も嬉しそうです。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。



順子 |  2015.08.07(金) 07:10 | URL |  【編集】

興奮する日記

達之さん、おはようございます。
メール、ありがとうございます。

日記読んで頂いて、ありがとうございます。
そんなメール、励みになって嬉しいです。

個人的なメールは、
コメントをよく頂いている方としかしていないんですよ。
そのうち、幸いにお会いできた人も、
ほんの少しです。
皆さん、素敵な方ばっかりで、
よかったなぁって、思っています。

個人的なメールはできませんが、
コメントで、お話しできますから、
よろしくお願いします。

メール、ありがとうございます。
今後とも、よろしくおねがいしますね。

順子 |  2015.08.07(金) 07:17 | URL |  【編集】

メール、ありがとうございました。

ふふ、隣のぼっちゃんだから、
間違いないようにって、思ってますよ。
でも、主人にでも言ったら、
また、変なこと言い出しちゃいそうで。

残念でした、違いますよ。
でも、時々、私自信の写真載せてますので、
探してみてくださいね。
ふふ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。

残念でした。 |  2015.08.07(金) 15:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/342-62363e1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。