FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

近所付き合い

2015.08.01 (Sat)


今日は、梅雨の谷間の晴れの日。
ちょっと、蒸し暑いですが、
石川国際交流サロンで開かれている、
外国人留学生が製作した陶芸品などの展示会に、桐子さんたちと行ってきました。
外国の学生さんたちなのに、皆、上手でびっくり、お勉強って、大切ですよね。

a0291249_11131034.jpg


主人、今日は遅くなるっていってたから、桐子さんたちと夕食楽しみましたが、
今夜は、近所付き合いのこと、話題だったんですよ。

143290641433459212178_IMG_0314.jpg


ご近所付き合いって、難しいですよね。
幸い、私の家の場合、お隣と仲良くできていて、安心しているんですが、
仲良くし過ぎるのも、ちょっと、心配してます。

「どうしたの」
数か月前のある日、習い事とお買いものから帰ってくると、
家の隣の門の前で、ぶらぶらしてる徹君発見。
「部活、早目に終わったんだけど、家の鍵、持ってなくて」

お隣の長男坊、徹君、赤ちゃんのときから知ってて、
丁度、私の娘たちと、同じ兄弟構成で、昔から仲良くしてたんです。
庭遊びやバーベキュー、家族旅行、
ご両親がお出かけの時は、私の家に泊まりにきたこと何度もありましたよ。

「冬ソナ」をモチーフにした、メタセコイアの並木道がある街、
高級住宅街って言ってもらっているその街に、
家を建て始めた時期も、お隣と殆ど同じでした。
ご夫婦とも、もう、永いお付き合いになりましたね。

20130504111427.jpg


「うちで待ってなさいよ」って、徹君、家にあげました。
昔から、こんなこと、結構あったんです。

サッカーの練習の後だったんで、徹君、汗びっしょり、
「シャワー浴びなさい、近江龍の中華まん、チン、してあげるから」
そう言ってあげると、徹君、嬉しそうにして、
勝手知ったるバスルームに入っていったんです。

「新しい下着、ここ置いとくからね」
シャワーの音のするバスルームのドア越しにそう言うと、
主人の買え置きの下着、それと、スエットの部屋着をストッカーの上に置き、
籐の脱衣かごに脱いであった、サッカーのTシャツや靴下、そして、下着、
洗濯機に入れたんです。少ないから、乾燥まで、すぐに終わるわ。

c54d39405f1466fc39b29af71747ff9e.jpg


私のところは娘だけなんで、若い男の人の匂いって、感じることってないんですけど、
脱衣場で洗濯機を操作しながら、なんだか、いつもと違う空気に気付いたんです。
徹君、身体はもう立派な大人、身長なんか、私を見下ろすくらいになって、
可愛らしいお母さんに似て、今流行の細面のイケメンなんですよ。
でも、ちょっと、困ってることあって。

前、コメントにも書いたんですけど、
去年くらいから、庭に干している洗濯物から、私の下着、無くなることがあって、
どうやら、犯人、徹君みたいなんです。

1001shshorts3.jpg


北側にある徹君の家と、私の家の境目の煉瓦の塀には、小さな扉があって、
洗濯物干してる庭に、すぐに入れるんです。
もう、困るわって、言いたいんですけど、
そんなこと、本人にも、お母さんたちにも、言えないまま、
秘密にしてあるんですよ。

でも、男の人って、どうしてそんなことするんでしょうね。
女の人の下着、どうするんでしょうか、
まさか、自分で穿いてみるなんてことしないだろうに。
そんな格好、可笑しいですよね、ふふ。

随分長いシャワーから上がった徹君、
ダイニングのテーブルにアツアツの中華まん置いてあげると、
髪から水滴らせながら、嬉しそうに、それ、頬張ったんです。


ID00000093img2.jpg


「どうなの、最近、学校の方は」
「うん、順調だよ、サッカーだってスタメンになれそうだし、勉強もまぁまぁかなぁ」
「へえ、良かったじゃない、いろいろ忙しい年頃だからね」

バクバクって、中華まん三つ平らげて、ほっとした表情で徹君、私の方、見たんです。
けど、その視線、あらっ、嫌だぁ、露骨に胸元に注がれてたんですよ。
水色の薄いサマーセーター、胸元が大きく空いてて、
胸の膨らみ、ちょっと露わだったかなぁ。

46194454-s.jpg


「ガールフレンド、できた」
「えっ、まあね」
「可愛い子?」
「うん、でも」
「でも? 何よ」
「胸、おっきくないし」
徹君、ちょっと俯いて、そう、言ったんですが、
まぁ、私の方がちょっと慌てちゃいました。

「それはそうよ、まだ、中学生だから、これから、おっきくなるわよ、ふふ」
そう言いながら見た徹君、
私の胸元に、痛いほどの視線、注いでたんです。

やだぁ、駄目よ、私の胸、そんなに見ちゃ。恥ずかしいわ。
目の前の紅茶の水面に、徹君の、私の胸を見ている目が、
しっかりと映っていたのでした。

08.jpg
関連記事
11:00  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

はじめまして

はじめまして
以前からブログ拝見しておりました。

胸キュンのお話の数々
いつも楽しませていただいております(^^♪
これからも素敵な投稿期待しています。


ぴっころ |  2015.08.04(火) 21:10 | URL |  【編集】

胸キュンのお話

ぴっころさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

初めてのコメント、
いつも読んで頂いて、ありがとうございます。
ぴっころさんみたいに、
読んで頂いた方から、コメント、頂くことが、
何よりの励みになります。

今後ともよろしくお願いしますね。

続き、お楽しみに。

順子 |  2015.08.05(水) 07:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/341-aec70ae4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。