FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

百万石まつりの夜9

2015.07.08 (Wed)


「女将、今夜は楽しませてもらってるよ」
「まぁ、それはよろしゅうございました。順子さん、ありがとうね」
「今だって、彼女にキスする寸前だったのに、無粋な人が邪魔したよ」

「まぁ、ご冗談ばっかり」
そう言うと、ゆっくりと、女将立ち上がると、次の間の障子の引手に手を添えたんです。

「お待たせしましたね、先生」
蝋燭を使われているんでしょうね、障子、音も立てないで、すっと、開きました。
けれど、開いたその先が見えた時、驚いて私、「あっ」って、声出しそうになったんです。

197-8bac0.jpg


次の座敷には、眩しいばかりの金屏風の前に、
薄いクリーム色の着物を着た、日本髪の舞妓さんが、ちょこんと座っていたんです。
「まぁ、可愛らしいわ」って、そう言ってしまいました。

images2.jpg



牧田さんに勧められるまま、杯を重ね、
そして、成り行きで、そっと、肩を抱き寄せられた私。
女将さんが障子を開けた、ほんの僅かな時間の間に、
酔いのためだったんでしょうね、素敵な牧田さんとの恥ずかしいこと、思ってたんです。

c275402b.jpg


衿かえが終わってないから、えぇ、二十歳前の、可愛らしい舞妓さんです。
置屋で、三味線やお囃子の修業しながら、芸妓さんになるんですよね。
踊りが始まると、舞妓さんだけしか結ばない、だらりの帯が揺れて、素敵だったし、
綺麗に結ってある髷も綺麗でした。
牧田さんも、杯持った手、途中で止めて、一生懸命、見てたんです。

img_6.jpg

地方さんも素敵な女性でしたよ。
お座敷では舞妓さんの方に目を向けること多いけど、
やっぱり、三味線や唄いが大切ですよね。
それに、私と同じくらいの歳だろうから、
地方さんとしては、まだ、これから大変でしょうけど、
あらって思うほど、綺麗な方で、三味線も唄いも、楽しめたんです。

舞が終わった後、舞妓さん、牧田さんの隣に座ってお酌してくれましたよ。
まだ、若いけど、お座敷での立ち居振る舞い、やっぱり、かなわないわ。

はらはらした、私の初めてのお座敷、
こうして、つつがなく、終わろうとしていました。

004.jpg


ホテルに帰る牧田さんを送った後、女将さんと、まかないを頂きました。
最初に、言われていた通り、牧田さんに出されたものと、変わらなくて、
なんだか、申し訳なかったんですよ。

「助かったわ、牧田さん、あんなに喜んでくれて」
「だったらいいんですけど、何だか、無我夢中で」
「いえ、順子さん、落ち着いてて、ふふ、玄人みたいだったわよ」
そう言うと、お酒、注いでくれたんです。

「時間があったら、また、時々、お願いできるかしら」
「えっ、えぇ、たぶん大丈夫だとは思いますけど」
「旦那さん、やっぱり、煩いんでしょ」
「そんなことないですよ。今度も、何も言わなかったし」
「そう、じゃ、牧田さん、来られたら、また、お願いしますね。お花代、奮発するから」

あぁ、牧田さんがお相手だったら、私も、また、お逢いしたいって思いました。
でも、思ったよりも早く、再会することになったんですけど。

本格花魁体験1

関連記事
10:13  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

皆さん、コメント、ありがとうございます。

皆さん、おはようございます。
順子です。
「百万石まつりの夜7、8」読んでいただいてありがとうございました。
また、沢山のコメント、ありがとうございました。

皆さんから、たくさん、コメント頂きましたが、
今回読んでいただいたように、
襖の開いた瞬間の、ほんの僅かな時間に私が思った、
恥ずかしい出来事だったんです。

成り行きをいろいろと想像していただいて、とても嬉しく思っています。

今後とも宜しくお願いしますね。
ありがとうございました。
重ねてお礼申し上げます。


順子 |  2015.07.09(木) 07:14 | URL |  【編集】

思い切り順子さんの手のひらの上で、私たち
が心配とどきどきを味わっているのを順子さんは楽しんでいたことでしょう~
全くいい意味で悪女ですよ!
これからも、楽しませてくださいね。じっくり読み返せば、後でおいしい料理食べましょうと女将さんが言ったフレーズがヒントでしたね。
「あれを知ったら…」のフレーズが残ってしまいました。
きっといい推理小説書けますよ~耳に残る言葉うまく使えていますから。

でも、この後の再会で、また危険?がありそうですね~
楽しみです。
わんぱく |  2015.07.09(木) 08:18 | URL |  【編集】

いい意味で悪女

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

お酒に酔って、肩を抱き寄せられて、
思わずこころに浮かべてしまったこと、
今回、書いてみました。
ごめんなさい。

本格的な小説、書いてみたいなぁって、
思ってはいますが、
今は、「バージン★ママ」と、
もう一つ書いているブログで精一杯です。

コメント、ありがとうございました。
次の日に、また、牧田さんとお会いしたんですよ。

順子 |  2015.07.09(木) 10:39 | URL |  【編集】

思わず引きこまれる、感性の有る文章力

現実と想像の夢のような文章に心が入り込み、そして皆さんそれぞれのコメントもうなずきながら読ませて頂いております。

ハラハラ、ドキドキですね、読んでいて思わず文章に引きこまれます。
チョコパパさんも言っておられますが、離れられませんネ。

順子さんのその、読者を引き付ける感性の有る文章力が、いいのですね。
日記と題するゆえの現実感の中に、ファンジーとフォトを折りまぜることによって読者の心が引きこまれるのでしょう。

私も前の「愛妻・・」で一度、こちらのサイトでも読ませて頂いたことがあり、
最近のどなたかのコメントにも出てきた「幸せの行方」がとても好きです。

いつも愛読しております。
隠れファンに、コメント癖がついたようで・・ごめんなさい。。
けんじ |  2015.07.09(木) 10:59 | URL |  【編集】

「幸せの行方」

けんじさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

たくさん褒めて頂いて、ありがとうございます。
大学時代文学部だった以外は、
特に文章の勉強はしていませんでしたが、
小さいときから読書が大好きで、
それが、少しは役にたっているのかもしれませんね。

「幸せの行方」読んで頂いて、
本当にありがとうございます。
もう少しで終われるんですけど、
慌てる必要もないので、ぼちぼち更新する予定です。
今後とも、よろしくお願いしますね。

隠れファンじゃなくて、
コメント待ってますから、
よろしくお願いします。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。


順子 |  2015.07.09(木) 15:12 | URL |  【編集】

こんにちは、寅之助です。
雨が上がったと思ったら、急に夏の天気になりましたね。私はエアコンが苦手で、まだ使っておりませんが、今日は多少風が吹いているので何とかなってます。
夜遅くに帰宅され、着物のまま、、、
僕も昔そんな思い出が。日本人は着物でのセックスに何かホッとするのでは。沢山ご主人に可愛がって頂けたようで、良かったですね。
でも、順子さんはご自身では気づいていないかもしれませんが、かなり艶気を出してしまっているんですよ。その艶気は俗にいうフェロモンではないところが味噌なんですが。若い人には、その艶気が堪らないんですよ。僕も小学生の頃、大河ドラマに出ていた、若尾文子さんを思いながら、、、
既に、何か起こってしまったようですね。楽しみにしています。あまり、大人の世界に引き込まないように。
寅之助 |  2015.07.13(月) 15:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/336-5495aec1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |