FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

百万石祭りの夜8

2015.07.05 (Sun)


「良かったかい」
まぶたにくちびるを感じ、涙に潤んだ瞳を開くと、
私、そっと、頷いてしまっていました。
人妻でありながら、その瞬間は、それが、素直な気持ちだったのだと思います。

身体を繋げたままだったので、牧田さんが少しだけ身体を揺すっただけで、
私、たわわな胸揺らしながら、仰け反りました。
一度、その恐ろしく大きく、太いもので、強い悦びを教えられた身体、
それまで以上に、敏感に燃え上がっていたんでしょうね。

「離したくない身体だよ」
そう言うと、牧田さん、二度目の悦びに、私、誘うために、
ゆっくりと腰、突き出すと、二人にとって、桃色の永い夜が、また、始まったんです。

c275402b.jpg


「このまま、出すよ」
後、僅かで、三度目の頂きに、昇り詰めようとしている時でした。

私、我に返ると、喘ぎながら、
「赤ちゃんが…。お願い、それだけはかんにんして」
そう、掠れた声で、言ったのに、
そんな私の言葉が聞こえないようにして、
逃げられないように、彼、私をそれまで以上に、強く抱きしめると、
えぐるように、腰、入れ込んできたんです。

c1438029-s.jpg


身体を揺らしながら、糸を引くようなくちづけをしながら、
牧田さん、こう、言ったんです。
「僕たちの子どもを産めばいい。そして、一緒に、京都で暮らすんだ」

このまま、牧田さんのもの、身体の奥に注がれたら、
間違いなく、彼の男の人の液、私の卵、探し出して、二人の赤ちゃん、育みだしてしまうわ。
そうなってしまったら、
大好きな主人や子どもたちと別れて、
牧田さんと、昔馴染んだ京都の街で、暮らすことになってしまう。
そんなこと、しちゃいけないのに。

鴨川のほとりを歩く、二人の姿が、目に浮かびました。
私の胸元には、可愛らしい赤ちゃんが、
そして、その赤ちゃんを覗きこむ、牧田さんの優しい眼差し。
そんな人生が、今、始まってしまうのに。

photo66993.jpg


でも、私の応えを待つまでもなく、
「ほら、たくさんあげるから」って、彼、それまで以上に、強く動き出したのでした。

駄目、それだけは、かんにんして。
そう思ったのに、私、激しく動き出した彼の逞しい腰に両手を添えて、
引き寄せるようにしてたんです。

えぐるような動きに応えて、悦びが迫っていることが分かりました。
そして、
「いいんだね」
そう曇った牧田さんの熱い言葉を耳元で聞きながら、
これ以上は無理だと思えるほど、太股を開き、その脚、彼の腰に絡めながら、

「あぁ、大好き」って、
人妻として、他の男性に言ってはならない言葉を叫びながら、
許してはいけない、夫以外の男の人の液、
このまま、迎えてしまうこと、許してしまったのでした。

tumblr_mcg2ioeb6S1rgxuzno1_1280.jpg


「ほら、あれ、入れられたら女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だから、わかるでしょ。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうのよ」

そんな女将の言葉が嘘ではなかったこと、
その恐ろしいもの迎えてしまった自分の身体で、しっかりと、納得させられていたのです。

膝が乳房に触れるほど、太股を曲げられ、
彼のものの先が、子宮の入り口にねじ込まれると、
とうとう、熱い男の人の液が、注ぎ込まれ始めました。

59b88c8a-s.jpg


あぁ、駄目ぇ、
けれど、その驚く程多量の牧田さんの液に誘わるようにして、
私、身体を仰け反らせ、嫌らしく腰を振りながら、
ためらいもなくその液、しっかりと、迎え入れてしまったのでした。

あぁ、熱い。それも、こんなに沢山。駄目ぇ、間違いなく、赤ちゃん、できちゃう。

けれど、訪れた、恐ろしいほどの悦びのため、
薄らいでいく意識の中で、
私、自分の身体の求めのままに許してしまうしか、
しかたがなかったのです。

222.jpg

関連記事
21:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(15)

Comment

皆さん コメント、ありがとうございました。

チョコパパさん、おはようございます。
素敵な牧田さん、そして、京都のお話。
人妻でありながら、牧田さんに惹かれて行ってしまったんですね。
主人に申し訳ないです。

STELLAさん、おはようございます。
そんなに悲しまないでください。
私だって、良い人妻でいたいんですから。
でも、こんなこと思ってしまう年頃なんでしょうか。

わんぱくさん、おはようございます。
私と結ばれること、思っていただいてるんですね。
恥ずかしいわ。
ブログの中の写真、何枚かは主人が撮った間違いのない私の写真です。
どうか、可愛がってくださいね。

けんじさん、おはようございます。
着物や躾けは、母親や叔母から随分と厳しく言われています。
それが、良かったのかもしれませんね。
上品でいたいんですけど、
男の人に抱かれると、
恥ずかしい自分になってしまうの、
止められないんですよ。

皆さん、コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。
順子 |  2015.07.06(月) 10:30 | URL |  【編集】

快楽のスパイラル

牧田さんの太くて大きなシンボルを
子宮の中に迎入れた順子さんは
自分の立ち位置も忘れるほどに快楽の
スパイラルに沈んでいきましたね、

主人と子供と別れてまで牧田さんの
子種が欲しい、そう思って牧田さんの
射精を促すように牧田さんの腰に順子さんの足を絡めて
射精を望んだ順子さんは
この時順子さんの女の本能の部分が
そうさせたのかも知れませんね(-_-;)

この夜の出来事は非常に興奮させられました
きっとこれからは牧田さんの愛人になって
ご主人を喜ばせることになるのかな^^;
妊娠が心配ですね、それとも牧田さんがすでに
避妊のゴムを付けていたとか?
あきら |  2015.07.06(月) 12:44 | URL |  【編集】

牧田さんの愛人

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、身体の要求に負けて、
夫以外の男の人のもの、迎えた私。
それも、大丈夫な日ではなかったのに、
男の人の熱い印、注がれてしまう。

大好きなのは夫だけなのに、
熟れ始めた女の身体が、
そんなことを許してしまうのでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
いつも、ありがとうございます。
順子 |  2015.07.06(月) 14:18 | URL |  【編集】

ご無沙汰しておりました。
一寸この所忙しくしており、中々ゆっくりPCを開く時間がなく、でも、毎日順子さんの日記は読ませて頂いておりました。
今回のコメントの多さ、その通り皆驚きが隠せないのでは。今朝早くに拝見して、思わず以前お目に掛かった時を思い出しながら、、、、、それほど、強烈なインパクトがありました。どんどんエスカレートしている順子さんの体。これからどうなってゆくのでしょう。期待しつつも、心配が先立っております。月末に金沢に入りますので、又ゆっくりお話しできれば。
寅之助 |  2015.07.06(月) 15:02 | URL |  【編集】

寅之助様のように、順子さんにあえる方がうらやましいです。
せめてメールで内緒のお話したいです。
今回のお話スゴく興奮してしまいますので、この後の展開が気になって仕事が手に着かないので早く続きを掲載してください。
よろしくおねがいします。

わんぱく |  2015.07.06(月) 17:29 | URL |  【編集】

順子さん、こんにちは。
バタバタしていて、気持ちに余裕が無かったので、コメントせずに読むだけファンになっておりました。

今回は大変なことになっていますね。
何となく想像はしていましたが、その想像をはるかに上回る展開に楽しまさせて頂いています。

初めてのお手合わせされる牧田さんが「離したくない身体だよ」と仰るぐらいなのですから、容姿も躰も順子さんは男性を惹き付ける魅力をお持ちなのだと改めて感じました。
私にはとても近寄りがたい存在です。

せめてこれまでと同じ様に、順子さんを想像の中で、思い切り幾度も抱かせてくださいね。

次回以降のた展開にも期待していますね。



のり |  2015.07.07(火) 15:01 | URL |  【編集】

どんどんエスカレート

虎之助さん、こんにちは。
お久しぶりにコメント、ありがとうございます、

ええ 自分でも身体が男の人、
欲しがってて、困ってるんですよ。
そんな年頃なんでしょうか。

ああ 又 こられるんですね。
お会いできればいいですね。

コメントありがとうございました。
また お願いしますね。

順子 |  2015.07.07(火) 15:33 | URL |  【編集】

虎之助さんとのこと

わんぱくさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

虎之助さんは、
前に書いた 光川やスカイツリーで分かるように
私にとって特別な人です。
主人にも二人のことは、話してあるんですよ。
これからもお付き合い続きそうなんです。

わんぱくさんともお会いできればいいですね。

コメントありがとうございます。
また お願いしますね。
順子 |  2015.07.07(火) 15:41 | URL |  【編集】

離したくない身体

のりさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、今回は思っても居ない展開で、
本当、自分でもどうしてこんなこと思ったのか
驚きます。

「想像の中で、思い切り幾度も抱かせてください」
えぇ、いいですよ。
のりさんの想像の中で、
私、思いっきり乱れるでしょうから、
優しくしてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。
順子 |  2015.07.07(火) 18:23 | URL |  【編集】

相変わらず、主人に申し訳ない…とか、困ったことだ…と自分に言い訳しつつ、嬉々として初めて会った牧田さんに抱かれる順子さん。
いつも男性と会う前にはエステに行って体を磨き上げ、準備も万端、バージンママならぬベテランママになりつつありますね。

ただひとつ不思議なのは、わりと抵抗なく初めて会った人に抱かれる順子さんが、ことTさんに抱かれるのに躊躇されるのは何故なんでしょう?
タイプじゃないのかな?
ナオ |  2015.07.07(火) 18:29 | URL |  【編集】

この後の展開、予測してますが、赤ちゃんの対応はきっと女将さんが責任もって助けてくださると願ってます。というか、女将さんがちゃんとあれを順子さんのために準備していると思います。
わんぱく |  2015.07.07(火) 19:59 | URL |  【編集】

こんばんは。コメントメッセージありがとうございます。
仰る通り、順子さんは今一番、女として花が咲き誇っている時なのでしょうね。以前、そういう女性とお付き合いした事が有ります。
でも、咲き誇る花も永遠ではない事は頭では解っている。そこで、一つアドバイス。これは男も一緒ですが、どう散るか!散るというのは、終わりとかあの世に行くという意味ではなく、ですよ。色んな散り方があります。この先のお話がそこまで続くこと、心から応援しています。
順子さんに「特別」なんて言われて、ちと恥ずかしいです。
因みに虎之助ではなく、寅之助でした。
寅之助 |  2015.07.07(火) 20:01 | URL |  【編集】

ベテランママ

ナオさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

ふふ、ベテランママって、おもしろいですね。
でも、人妻として、そんなこと言われたらいけないんですよね。

Tさんのこと好きですよ。
それって、主人のお友達って範囲で。
そのTさんとのことで、
いろいろ思い悩むこと多いですけど。
時々、メールがあります。
また、二人だけで旅行に行きたいって。
もちろん、主人にも言ってあるんですけど、
断わりなさいっていわないから、
困るんです。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願いします。
順子 |  2015.07.08(水) 07:08 | URL |  【編集】

準備

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

ええ、この夜、赤ちゃん、
大丈夫な時期ではありませんでした。
だから、男の人の液、
私の身体、欲しかったのかもしれませんね。

女将さんが準備しておいてくれればよかったんですけど、
そんなこと、聞けるはずもないし。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。
順子 |  2015.07.08(水) 07:12 | URL |  【編集】

女として花が咲き誇っている時

寅之助さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「女として花が咲き誇っている時」
えぇ、自分でもなんだか自分でもそう思います。
身体熱くなって、主人に毎日でも抱いてもらいたい気分なんですよ。
今、思うと、もう一人、子ども欲しかったですね。

お名前間違ってごめんなさい。
変換違ってたんですね。
これから気を付けます。
大切な寅之助さんだから。

コメント、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。
順子 |  2015.07.08(水) 07:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/335-d671deee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |