FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

百万石祭りの夜7

2015.07.03 (Fri)


さっきまで、笑い声さえ聞こえていた座敷の灯りが消されると、
うっすらとした燈が、布団の敷いてある和室の中を照らしました。
牧田さん、何も言わないまま、
脚元に座ると、私の膝の後ろに手を添え、ゆっくりと太腿を開かせたのです。

see473.jpg

なぜ、強く拒まなかったのかわかりません。
恥ずかしくて、顔を覆っていた両手を、引きはがされると、
たわわな胸と白い身体を、しっかりと、見下ろされていることを感じてました。

牧田さんのもの、私の、秘唇にあてがわれ、
さっき見せられた、透明の液にまみれた先が、
ゆっくりと、私の身体を押し開き始めたの分かりました。
けれど、すぐに、とても、無理だっておもいました。
牧田さんのもの余りに太くて、
身体自体が、上に押されるだけで、とても、受け入れられるとは思えなかったのです。

a702fbce-s.jpg


「狭いんだね」
けれど、そう言った牧田さん、何度か腰を揺すりながら、段々と、自分のもの、
私の身体の中に、埋め込み始めたんです。

身体の奥が、押し広げられるように思え、
背中が反り返り、身体が仰け反るのが分かりました。
辛くて、恥ずかしくて、何度も膝を合わせようとしましたが、
その都度、また、彼の両手が、太股を大きく開き、
私と自分の性器が、今、まさに、繋がろうとしているところを、
見ているのが、わかったのです。

59b88c8a-s.jpg


とうとう、彼のもののすべてを、身体に迎えたと思った後も、
ゆっくりと彼の腰が押し込まれるように進むと、
それまで、私自身が知らなかったと思える子宮の入り口にまで、
牧野さんのものの先が、ねじ込まれてきたように思えました。

私、両手でシーツをこれ以上は無理だと思えるほど、強くつかむと、
仰け反らせた口を広げました。
そうでもしないと、私の身体の中、張り裂けるようにも思えたのです。

02802992-s.jpg


「なんて、絞まるんだ」
牧田さんのもの、私の中を味わうように、ゆっくりと動くと、
それに応えるように、私の身体の中、
牧田さんのもの、じわぁって、締め付けるのがわかりました。

今夜、初めてお会いした人だというのに、
繋がり合った身体の相性は、これ以上ないようにも思えたのです。

see376s.jpg


驚くような僅かな時間で、悦びが訪れる予感がしました。
それは、ほんの数分だったような気もします。

自分と私の性器が、しっかりと繋がり合っているところ、
ゆっくりと動きながら見下ろしていた彼、
そんな、危うくなり始めた私の様子を察したのか、
身体を倒してきて、抱きしめてきたんです。

「堪らないよ、君の身体」
そう言うと、それまでよりも腰を強く揺すると、
私、あっけなく、アクメの頂きに登り詰めさせられたのです。
それは、自分にとっても、驚くような深く強い悦びでした。

夫も子どものいる人妻でありながら、
心ならずも、主人以外の男性に抱かれ、
恐ろしいような男の人もので、深く繋がり、
あえなく悦びの声を聞かせてしまったというのに、
翻弄されてしまった私、
牧田さんに強く抱きしめられ、悦びの余韻に浸りながらも、
背中に回した手、いつまでも離すことできなかったのでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


「ほら、あれ、入れられたら女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だから、わかるでしょ。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうのよ」

222.jpg


でも、その時になって気付いたんです。
さっきまで、しっかりと絞めれていたはずの廊下側のふすまが、
少しだけ開いて、うっすらとした光が射していることを。
そして、そこには、女将と思える女性の、瞳の光が見て取れたんです。

私たちのこと、覗いてたんだわ。
間違いなく、私が、牧田さんに抱かれたこと、
そして、私が、悦びに登り詰め、身体を震わせながら、細い声をあげたこと、
そんな、牧田さんとの営みのすべてを、しっかりと、見られていたのでした。

20140820_1.jpg


関連記事
07:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

覗かれた淫行・・・

牧田さんに抱かれてあっけなく
上り詰めて果てた順子さん、悦びのの余韻を
楽しむ為にしっかりとしがみつく様子を
襖のすき間から見ていた女将さんも又
牧田さんの体を忘れられない女だったのですね(^_^)

順子さんは覗かれていることに興奮を覚える
方なのかなそれとも、嫌悪感を覚える方なのかな、

女将さんに背中を押されるように
男と布団を一緒にする事で女将さんの言った
「一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうのよ」
の言葉通り順子さんの体は理性より本能の方が勝って、
再び牧田さんを求めてしまうのでしょうか、
順子さんは最近自分でもどうしようもなくなってしまう事があるのと言っているように・・・
これも又寝取られご主人の性癖に火を付けるのでしょうね(^_^)楽しみにしています。

あきら |  2015.07.03(金) 10:38 | URL |  【編集】

私も女将さんがすでに牧田さんの肉棒を何度も受け入れていて、今回ステキな方を所望されたから、順子さんに白羽の矢が~
順子さんは、経産婦だから、子宮口から長い棒がきっと袋のなかまで入ったことでしょう!
このことがからだが忘れられなくことだと思います。

その日は、液を受けても大丈夫な日だったのかな~

ここでは、書けないことがいっぱいあるので、よければメルアド教えてもらえませんか?






わんぱく |  2015.07.03(金) 12:24 | URL |  【編集】

牧田さんの体を忘れられない女

あきらさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「牧田さんの体を忘れられない女」
女将さんがそうだったのかどうかわかりません。
とにかく、恥ずかしい時間だったことは、
間違いありませんでした。

牧田さんとお酒を飲んで、
肩を抱き寄せられて、
こんなふうになる準備、
嫌がることもしなかったのが、
いけなかったんでしょうね。

コメント、いつもありがとうございます。
これからも、宜しくお願いします。

順子 |  2015.07.03(金) 14:31 | URL |  【編集】

大丈夫な日だったのかな

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

どんな理由で私に白羽の矢が立ったのか、
分かりませんが、
まさか、こんなことになるだなんて。

でも、正直に言うと、
牧田さんとの時間、幸せでした。
次に書きますけど、
京都でくらされていて、
いろいろなお話で来たんです。

メルアド、ふふ、駄目ですよ。
このブログを通して、
お逢いした人、ほんの数人なんだから。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。

順子 |  2015.07.03(金) 14:39 | URL |  【編集】

ふすまの奥で…

女将さんがふたりの行為を覗いていたということは…。
この後何かが起きたんでしょうか?
それとも女将さんの老婆心?

順子さん、秘めていた「淫」な炎が燃え盛るのを止められなくなっているんですね。
そんな気持ちを解放している姿が素敵です。
チョコパパ |  2015.07.03(金) 19:42 | URL |  【編集】

わからない…

最近バージンママを知り読ませていただいてますが文章や表現力など大変面白く愛読させていただいていますが…『今回の百万石祭りの夜』はなんかとても寂しいく悲しい感じです…パパさんの事が大好きなのに知人に頼まれたからといって初見の人に抱かれる…わかりません。旦那様も公認のそういう世界なんでしょうが理解出来ません…自分は順子さんの大好きなパパさんって表現が大好きでした。可愛いとても素敵な表現方法だなと思ってました。が、今回の百万石祭りのはなぜか読んでて悲しかったです…すいません、こういう場ではこんな事書き込んでいけないかもしれませんが本当にすいません。
STELLA |  2015.07.04(土) 14:53 | URL |  【編集】

現実も妄想も

順子さんの日記は、現実も妄想も背中合わせ。

その足を一歩踏み出し、興奮と快楽の坩堝へ身を委ねていたのか、ただただ妄想の世界で泳ぎ漂っていたのか。

我々もいつか順子さんと結ばれることの妄想の中で漂いながら、日記を読み進めることで順子さんの掌の中で遊んでもらっているのかもしれませんね。

愛のかたちも価値観も、他人には理解できない欲望を持つ者がここに大勢集ってるんだと思います。
チョコパパ |  2015.07.04(土) 20:54 | URL |  【編集】

STELLAさんの気持ちよく解ります。
私も前に書き込んだとおりに気持ちを感じましたが、チョコパパさんの書いたことを読むと、まさに自分が順子さんと結ばれれば、どんな状況でも構わないこともわたしもかきました通りだと思います。
いいか悪いかではなく、順子さんが納得した行動であれば、私たちは受け入れるしかないと思います。

わんぱく |  2015.07.04(土) 21:13 | URL |  【編集】

清楚で品位を醸し出す女性でも、秘めたるものは。

隠れファンです。
子供が勉強で離れている時に、叉、深夜に楽しく夫婦で秘かに拝読させて頂いております。

和装、着物姿もとてもお綺麗ですね。
横顔とうなじから感じる、色気には、惚れぼれします。
御座敷での立居振舞、御酌もうまくできて、
清楚で品位を醸し出す、お綺麗な姿に育ちの良さを感じますよ。

でも、心の底に秘めたる思いは、・・有りますよね。
牧田さんに感じさせられたアクメは叉、特別の・・。
女将も同じ綺麗な女性の、みだれ姿には、イクさまを覗かずには居られませんよ
けんじ |  2015.07.05(日) 05:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/334-43b7aa9f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。