FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

百万石祭りの夜6

2015.06.30 (Tue)


197-8bac0.jpg


続きの和室だと思っていた部屋には、
京畳の上に、見るからに贅沢そうな寝具が敷かれていて、
枕元の壁に設えてある障子の向こうから、
茜色の間接照明の光が部屋の中を染めていたんです。

500_33899690.jpg


意味が分からないで、狼狽えている私の背中に、そっと、にじり寄って来た女将、
「ごめんなさいね、お願いよ、内緒にするから」
そう言うと、慣れた手つきで、私の帯、後ろからほどき始め、
思いもかけない成り行きに、声も出せないでいる私を、
あっと言う間に、襦袢だけの恥ずかしい姿にしてしまったんです。

ak37-02-05.jpg


耳元で、熱い息の中で女将、こう続けたのでした
「我慢してね。それに、ほらっ」
そう言われて、俯いていた顔を上げると、
目の前には、もう、何も身に着けていない、牧田さんの裸の身体があったんです。

年齢には思えないほど、無駄のない均整のとれた身体でしたが、
下半身から、突き出た男の人のもの、おへそに付くくらい大きくして、
それを握った手、ゆっくりと動かしてたんですけど、
先の方からは、粘り気の感じられる透明な液が、滴り落ちていました。

2qv673f6.jpg


それに、女将が言ったことの意味、それ見たとき、わかったんですよ。
牧田さんのそれ、あぁ、信じられないほど、大きかったんですもの。

「ほら、あれ、入れられたら女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だから、わかるでしょ。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

020109.jpg


女将、私のこと立たせ、上手に襦袢の紐解きながら、
抱きかかえるようにして、布団の敷いてある部屋に連れて行くと、
だらしなく重ねを開いてしまった襦袢姿の私の身体、
柔らかい布団の上に、寝かせたのでした。

「女将さんがいるから、心配ないわ」って、そう主人に言っていた言葉、
その時になって、思い出したんです。

「牧田さん、じゃぁ、お願いしますね。
けど、無理させないで下さいよ。大切な人妻の身体なんだから」
女将さん、そう言い残すと、私を残したまま、後姿を見せたのでした。

500_33899690.jpg



関連記事
07:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

Comment

わーっ

順子さんの一大事!

でもまぁ女将さんも順子さんのことを良く理解してくれてるから牧田さんに身を任せることをアレンジしたのかもですね。

順子さんの乱れ具合を早く知りたいなぁ。
Pon |  2015.06.30(火) 10:02 | URL |  【編集】

一度知ったら・・・

百万石祭りの夜順子さんが密かに
願っていた事態が目の前に起こっている、

牧田さんの大きな男根そしてがっしりした
体で愛されるかと思うと順子さんの
密壷も受け入れる準備が出来ていることでしょう、

女将の言った「一度知ったら、もう、身体が忘れられなくなっちゃうわよ」
の言葉がその場の雰囲気を一層艶めかしい
雰囲気にしますね、
続き楽しみにしています。

あきら |  2015.06.30(火) 14:38 | URL |  【編集】

おかえりなさい

福岡、天草はどうでしたか?
きっと、百万石祭りでの出来事に劣らぬような刺激的な体験があったのでは?

少し嫉妬しながら、ここに帰ってこられるのを待っていました。

続き、楽しみです。
チョコパパ |  2015.06.30(火) 20:12 | URL |  【編集】

やっぱり

そうなってしまうんですね。
順子さんのファンとしては嫉妬
このブログの読者としては、待ってましたって感じでしょうか。

微妙ですね。馬鹿みたいにネットの順子さんに惹かれてしまっています。勘違いしてストーカーになる輩も出てくるのもわからないわけではありません。あまりにリアルな表現は現実との境がわからなくなって危ないかもしれませんね。

でも、続きを期待しています!
チャーリー |  2015.07.01(水) 08:53 | URL |  【編集】

牧田さんに身を任せること

Ponさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

本当、一大事。
夫以外の男の人のもの、
目の当たりに見せられて、震えていたんですから。
心配していた夜が、
始まってしまうのかしらって、
混乱していた中で、そう、思っていました。

それに、そんなことにならないようにって思っていた女将から、
帯を解かれて、
うろたえた自分を感じていたんです。

続き、読んでくださいね。
牧田さんのこと、忘れられない夜になったこと、
間違いないないことだったんです。

コメント、ありがとうございました。
順子 |  2015.07.01(水) 20:21 | URL |  【編集】

身体が忘れられなくなっちゃうわよ

あきらさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

「身体が忘れられなくなっちゃうわよ」
恥ずかしいけど、
そんなこと、今までに何度かありました。

若かった学生時代、
そして、結婚した後も。
男の人には申し訳ないけど、
自分のこと、大切に愛してくれた男の人のもの、
忘れられなくなるっこと、ありましたよ。

パパ、ごめんなさい。

主人に言ったように、
こんなことになるだなんて、密かにだって思っていませんでした。
女将さんもいるし、主人以外の男の人のもの、
目の当たりに見ることなんで、
そして、そんな夜になるだなんて。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。


順子 |  2015.07.01(水) 20:27 | URL |  【編集】

刺激的な体験

チョコパパさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

天草から帰ってきた日曜日、福岡から娘を京都に帰して、
月曜日に法事があって、
昨日の午後、帰ってきました。

「どうだったの」って、
主人意味深なこと言いながら、
昨夜は、随分と丁寧に愛してくれたんですよ。ふふ。

天草は昨年同様、穏やかな海、
美味しい海産物、楽しかったです。

従兄弟とのこと、
また、このブログに書くことになるんでしょうね。
楽しみにしておいてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。

順子 |  2015.07.01(水) 20:35 | URL |  【編集】

ストーカーになる輩

チャーリーさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

何時も読んでいただいていて、
本当にありがとうございます。
チャーリーさんのような言葉が、
励みになります。
最近は、自分の文章に、自分自信が飽きてしまって、
もぅこの辺が潮時かなぁって、
そんなこと、考えています。

Tさんとのこと幸いに今は心配することもなく、平穏な日々。
それはそれで、人妻としては、
一番良い生活なのかもしれないんですけど。

「ストーカー」って、言葉、
ちょっと、ドキドキしちゃいます。
本当は怖いことなんでしょうけど、
私のこと抱いた男の人、
みんな、優しい人たちだけだったから。

「愛妻倶楽部」に昔、「愛妻ストーカー」って作品があって、
熟読してました。
すてきな文章だったし、抱かれてしまう奥様の様子が、
なんだか自分のことを思わせるようだったんですよ。

でも、前に書いたことことがありますけど、
私のこと、探さないでくださいね。
住んでいる街も、行きつけのお店のことも、
正直に書いているんですよ。

何時も決まった曜日の、
あのホテルの、あの場所で、
紅茶を飲みながら、はがきに書き物をしているのは、
そう、私なんですけど。

「順子さんですか」って、訪ねられても、
「えぇ、あなたは?」って、
私が言うかどうかは、分からないのだから。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。


順子 |  2015.07.01(水) 20:51 | URL |  【編集】

順子さんがうられてしまう!

前回から、この展開は予想されたが、ついに順子さんの意志とは別に、おもちゃとして女将さんに売られてしまう気分です。
自ら望んだり、雰囲気に流される関係とは別に一方的に巨根を奥深く、袋の中まで入れて、多くの子種を直接袋の中に出されてしまう展開に気分が悪くなりそう~反面自分でも、こういう風でも順子さんと関係がもてるかもと言う悪魔のささやきが聞こえてきそうで怖い!
続き早く怖いもの見たさでお願いします。
わんぱく |  2015.07.02(木) 17:58 | URL |  【編集】

おもちゃとして女将さんに売られてしまう

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。
お久しぶりでしたね。

主人には、心配するようなことないって、
と言っていましたが、
思いもかけない流れになってしまいました。

夫以外の男の人のもの受け入れて、
そして、その人の液、身体の奥に注がれるって思っただけで、
たまらない気持ちでした。

わんぱくさんと私、身体の関係を持つこと、
いつかあるのかもしれませんね。
その時は、ふつつかですが、
宜しくお願いします。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでくださいね。



順子 |  2015.07.03(金) 07:29 | URL |  【編集】

コメント公開は始めてです。

以前から秘かに拝読させて戴いております。
こちらのサイトに移られてフォトが増えて妄想も広がり、この絵はもしかして順子さんそのものではないのか?、、女性ならでは、順子さんならではのエロさ、色気の柔らかな表現とてもいいですね。特に(百万石祭り・・)での女将さんとのやりとりにエロさを感じるのは私だけではないでしょうね。順子さん目線のエロさが私に合っているのかも。筆者であるほんとうの順子さんも、品のいい育ちの良い、清楚で聡明でお綺麗な方であると、信じて止みません、(でも、心の中には)・・、今後も永く続けられることを期待しています。応援します、ガンバッテくださいね。
胡蝶蘭 |  2015.07.03(金) 10:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/333-8dbb0905

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |