FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

M先生とのこと3 痛み

2015.08.31 (Mon)


「M先生とのこと」の続きです。

先生から抱かれてからの生活、
授業も、サークル活動も、それまでと変わらないように、しっかりと取り組むつもりでした。

実際、大学をお休みすることもなく、
女友人たちとも、それまで通り、あたりまえの毎日を過ごしていたんです。
先生とのこと、皆に、気づかれないままに。

289.jpg


先生からの誘いは、携帯電話でのことが多かったです。
私の方から掛けることは、殆どありませんでした。
先生に逢いたくて、逢いたくて、堪らないころになると、
図ったように、携帯電話の画面に先生のお名前が現れました。

それまで、日頃通りの生活を続けていても、
先生のお名前を見た途端に、
身体とこころがとろけるようになっていくのが分かりました。

それまで、舌を巻き付かせながら、
優しく口に含んでくれていた左側の硬くなっていた乳首を、
それまで経験のないほど、強く噛まれたのは、
二度目の夜の営みの後でした。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg


まだ、身体に麻痺が走り、喘ぎの治まらない私のくちびるに、
先生の指が微かに触れ、
それは、自分のものを口に含むようにとの、合図だとなぜだかわかったのです。

先生の大切な男の人の液と、私の愛液に濡れた男の人のもの、
なんのためらいもなく、頬擦りをして、ゆっくりと、お口に含むと、
手をゆっくりと動かし、指を絡めながら、
少しだけ柔らかくなったものの中から、残った白い液を吸い出したのでした。

bf801a14-s.jpg


「嫌なこと、させるかもしれないよ」
私は、慌てるようにして、髪を揺らしました。

「私のこと、先生の好きなようにしてください」
その微かな恥ずかしい言葉が、その時の、私の、正直な気持ちだったんです。
数回、肌を合わせただけだというのに、
もう、すっかり、私、先生のものに、染まり始めていたんでしょうね。

「いやぁん、先生、痛い!」
乳首の強い痛みに、仰け反りながら、私、そう言うと、

「我慢するんだ」
一度、乳首からくちびるを離すと、先生、強くそう言いながら、
もう一度、硬くなった乳首に歯を当ててきたんです。
前よりも、鋭い痛みが乳首を走り、悲鳴のような細い声を我慢することができませんでした。

8fa2362a-s.jpg


「嫌いになったかい、僕のこと」
髪を振って、先生のそんな言葉に応えました。

痛みのため、涙が頬を伝いました。乳首から血が滲んでいるようにも、思えました。
そんな風にされたこと、もちろん、初めてだったけど、
先生が私にしたいと思ったそんなことのために、自分が一生懸命に我慢できたこと、
ひどく嬉しくも、思えたのです。

シャワーを浴びた後、鏡で自分の裸の身体を見たとき、
「あっ」って、小さな声あげました。
左胸の乳首の上に、くっきりと朱色のくちびるの跡があったからです。

「これが消える前に、また、逢おうね」
気付かない間に、私の背後に来ていた先生、そう言うと、
後ろから回された両手が、私の乳房に覆いかぶさり、
さっき、噛まれた乳首、もう一度、強くつままれたのです。
少しずつ、先生のものになり始めた、私の身体。
私は、振り向くと、先生のくちびる、泣きながらねだったのでした。

e523568a-s.jpg


関連記事
11:01  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/323-c7e5eeb7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |