FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

みどりさんの彼と5

2018.01.30 (Tue)


「順子、まだ、起きないの? ご飯できたわよ」
美味しそうな匂いに誘われるようにして、まぶたを開きました。
思いもかけない夜があけた朝、僅かに開いたレースのカーテンの隙間から、
いつもと同じような、爽やかな春先の薄い空が見えました。

20141231200129.jpg


椅子に座ると、たっぷりとパンに塗られた高そうなバターの匂いが、
食欲をそそります。
「昨日は、迷惑かけちゃったわね。あぁ、彼、もう、帰ったのよ」
スクランブルエッグを口に運びながら、みどりさん、そう、言いました。

60870001a0btb_2.jpg


「ごめんね、彼のこと」

どきって、しました。それはそうですよね。
みどりさんの恋人だった彼に、私、抱かれちゃったんだから、
みどりさんにとって大切な彼の男の人の液、私の身体の奥に注がれたんだから。
それも、寝てるみどりさんの隣の部屋で。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg

私、持っていたオレンジジュースの可愛らしいコップをテーブルにそっと戻すと、
顔、伏せるしかなかったんです。

「隣の部屋に順子がいるって言ったのに、どうしてもって聞いてくれなかったの。
 そろそろ目を覚ますわよって、言ったのに、私の泣き声、聞こえたでしょ?」

えっ、って、思いました。
みどりさんが謝ったの、あら、私と彼とのことじゃないみたい。

彼、朝方、みどりさんの身体求めてきて、
隣の部屋に私がいることわかっていたのに、みどりさんのこと、抱いたみたいなんです。

02331.jpg


彼、私の中に、二度も済ませていたのに、
やっぱり、本当の恋人の身体、欲しかったんでしょうね。
でも、私とのこと、みどりさん、気付いていないみたいで、ほっとしたんですよ。


こうして、親友の彼と、身体の関係を持ってしまった私、
その関係は、その夜だけでは済みませんでした。

暫くして、また、私を抱き締めながら、
「君の身体、忘れられないんだ」 そう、言ってくれた彼。
そして、そう言ってくれた、彼の逞しい身体を忘れられなくなってしまった私。

a98ed4074f29b011c43a9a9de1ca7f66-630x456.jpg


そんな関係は、彼が大学を卒業して、就職先の東京にいくまでの一年近く、
みどりさんが、帰省しているとき以外にも、
ウイークデイの夜に誘われ、彼のマンションでの関係を続けることになったのでした。

みどりさんと、隣同士で講義を受けている時、
急に、彼のこと、そして、彼のものを思い出して、身体を熱くしてしまうことがありました
ごめんなさい、そう、こころで思いながらも、
潤い始めてしまった自分の身体を感じて、そっと、目を閉じるしかなかったのです。

s4-7.jpg


みどりさんと彼、大学を卒業して、数年して結婚しました。
彼は東京の一流商社のエリート社員、みどりさんは専業主婦、
二人の子どもさんにも恵まれ、幸せな家庭の様子です。

みどりさんたちとは何年かに一度と逢って、昔話してて、
(前に書いた「スカイツリーの夜」のときの、
東京の友達って、みどりさんたちのことです)
でも、やっぱり、今でも、あの頃のこと思い出して、どきどきしちゃいますね。

それに、「スカイツリーの夜」での東京の夜、
みどりさんや私の主人が席を離れた僅かな時間に、彼ったら、
「ねぇ、二人だけで逢おうよ、いいだろう、あの時みたいに」って、
隅々まで知っている私の身体、思い出すように眺めたんですよ。

ju65s.jpg


ばかぁ そんなわけいかないでしょ。って、その時は、そう、思ったんですけど。
あの時と同じように、みどりさんに言えないような彼とのお付き合い、
まだ続いちゃうのかもしれないなぁって、そうも、思ったのでした。



関連記事
11:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(15)

Comment

幸せな結末・・

順子様
更新有難うございます。

いや~それにしても、順子様はほんとに性の女神なのではないですか?
SexGoddess!

なぜかと言えば、あきらさんを除いて、皆さん順子さまを”卒業”して、新たな家庭をつくられ、そしてちょっかいを出しに戻ってくる。

なんにせよ、かんにせよウエット、な感じではなく、ドライで後を引きずらないですよね。それぞれが幸せの行方ならぬ、幸せな結末(※途中もありますが)な感じです。

リクエストシリーズ:佐渡の筆下しく後の彼との続きをお願い申し上げます。
伊集院 |  2018.01.30(火) 21:08 | URL |  【編集】

忘れられない身体

男を引きつける魅力って、やっぱり抱かれたあとに再度機会があれば求められるかどうかですね~
順子さんの場合、言うまでもなく、ほぼすべての男たちはことあるごとに順子さんと関係を持つことを望み、順子さんもそれに心から応じている様子は天女のようで、男たちは天女の手の中で転がされて居るように思われます。
こんなすてきな女性に駒の一つでいいので転がされたいです。
わんぱく |  2018.01.31(水) 11:46 | URL |  【編集】

オッとこれは、寝取りですね

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
皆様のコメントからも男性にとっては順子さんの女神様的な行為は所謂「あげまん」と言って過言ではないですね。
だって、一方で背徳な行為を重ねながらもバレルことなく相手に幸福な家庭を導くことはすばらしいの一言ですね。

寝取りと書きましたが、明治時代の鹿鳴館華やかりしころは華族はじめ紳士淑女のたしなみが婚外恋愛であったことは有名ですが、まさしく「不倫は文化だぁ!」と良家の子女である順子さんは現代で実践されているわけですね。
新章も楽しみにしております。
寒波の厳しさがまだまだ厳しい日々です。皆様におかれましてもご自愛ください。
楽太郎 |  2018.01.31(水) 15:09 | URL |  【編集】

伊集院の由来・・

楽太郎さま
CC:わんぱくさま

いや、今回は珍しくお二方も小生のご意見に同調いただきまして嬉しいです。初めてですよね。

また、楽太郎さまがお気遣いをいただきましたので、この際、「告白」をさせていたただきます。

実は伊集院のペンネームは伊集院光から来ております。これを申せばもうお気づきですね。

そうです。伊集院は楽太郎当時の現圓楽から破門された弟子であります。

バージン★ママを最初に訪れた際、偶然、楽太郎さまが今のようにコメントされており、インスパイアされて導かれるように伊集院を名乗っててしまいました。

楽太郎さま、永らくお世話になっております。
伊集院 |  2018.01.31(水) 23:46 | URL |  【編集】

順子さまを”卒業”

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

今日は、いくらか陽が射しましたが、
これまでの雪、陰のところでは、まだ、しっかりと積もってます。

そうですね。一度、二度、私と身体の関係を持った後、
暫くして、また、逢いたいって連絡してくれる方、少なくないですね。
実際に、お逢いしなくても、お逢いしても、
それは、私にとって、困ったことでもあり、
恥ずかしけど、嬉しいことでもあるんですよ。

ドライ、もしかしたら、そうなもかもしれませんね。
その都度、お互い後悔しないようにって、そうは思ってはいるんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、読んでくださいね。

順子 |  2018.02.01(木) 14:48 | URL |  【編集】

順子さんと関係を持つこと

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そちらの雪のようすはどうですか。
太平洋側も、ひどいみたいですね。

私とまた逢いたいって、別れ際に言われること多いです。
でも、実際は、次のお誘いに応じることって、多くはありません。
もちろん、人妻としてのこともあるし、
その人との時間が、残念だったこともあるからです。

転がらないでくださいね。
よろしく、お願いします。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.02.01(木) 14:54 | URL |  【編集】

背徳な行為

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

東京に住んでいる二人は、人もうらやむほど、仲の良い夫婦ですが、
人目を忍んでのお誘いは書いた通りです。
幸せな家庭と、男の人の望むことって違うこともあるんですね。

鹿鳴館のお話、ありがとうございました。
その時代のお勉強、不足していた私にとってとてもお勉強になりました。

少し前、有名な某国元大統領夫人が、パーティーって、
そんな意味合いがあるって、お話されていましたが、
昔からそんなこと、あったんですね。

楽太郎さんもご自愛され、お過ごしください。
いつも、ありがとうございます。
順子 |  2018.02.01(木) 15:03 | URL |  【編集】

「告白」

伊集院さん、こんにちは。
二度もコメント、ありがとうございます。

伊集院、楽太郎。
噺家のお名前って、それは知っていましたが、
まさか、お二人もそれ使われっていたって、
気付きませんでした。

ただ、伊集院さんが、噺家だったって、
今度、初めて知りました。
ありがとうございました。

これからも、よろしくお願いしますね。
現実では、楽太郎さんと伊集院さん、
今は仲良しに戻ったけど、昔、たいへんなこともあったとのこと。
ここに書いていただいているお二人、どうぞ仲良くしていただいて、
私のこと、励ましてくださいね。

貴重なコメント、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。
順子 |  2018.02.01(木) 15:13 | URL |  【編集】

不倫は高貴な方々の嗜み

順子さんへ こんばんわ楽太郎です。
高貴な方々の嗜みの一つに「婚外セックス」って欧州でも一部では流行ったいたみたいですよ。サバトと言った悪魔崇拝の俗説ぽい表現で魔女が若者を篭絡し乱交させるってこともありますが、まあ、日本でも戦国時代から武将は男娼を囲うことも多々ありましたしね。

順子さんへ伊集院さんへのコメ返しをお許し願います。
伊集院さんとわんぱくさんのコメントはいつも興味深く拝読してます。しかし、圓楽師匠の前の楽太郎名を想起されるのは伊集院さんは博識ですね。
今後もお互いに順子さんの執筆活動が更に艶福になるように応援しましょうね。
楽太郎 |  2018.02.01(木) 19:28 | URL |  【編集】

順子さんを囲んで

伊集院さん、楽太郎さん、仲間に入れていただいてありがとうございました。
順子さんを囲んで3人で奪い合い、2つのすてきなおっぱいと秘口の3カ所を…

さて、このコメントは、例年行事のルスツで書いてます。
昨日の夕方ついて、今日はゲレンデに
目が覚めたので、皆さんのコメントを読ませていただきました。
スキーの話題をすると去年もそうでしたが、順子さんとだけの話題になって嫌われそうです。
本州は天気悪そうですが、こちらは奇跡的に?天気良さそうです!
わんぱく |  2018.02.02(金) 03:28 | URL |  【編集】

伊集院さんは博識ですね

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「サバトと言った悪魔崇拝」
まぁ、そんなことあるんですね。
伊集院さんだけではなくて、
本当、楽太郎さんも、博識だと思います。

ありがとうございます。
皆さんのコメントのお陰で、このブログ、
なんとか続けることができているって、
そう思っています。
本当にありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いしますね。
順子 |  2018.02.02(金) 15:22 | URL |  【編集】

2つのすてきなおっぱいと秘口の3カ所を

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

やだぁ、三人の皆さんをお相手するなんて、
考えただけでも、どきどきします。
そんなことあるわけないんですけど、
もしかしたら、あるかもしれませんよね。
その時は、優しくしてくださいね。

まぁ、今年も行かれているんですね。
ルスツリゾート。
天気も良いし、雪質も良いでしょ。
いいなぁ、私も行きたい、いつか連れて行ってくださいね。
今シーズンも、近くに行く予定ではいるんですけど、
北海道までは行けそうもありません。
残念です。

皆さんが、これからも私のこと、
支えていただけること、祈っています。
どうか、よろしく、お願いします。
順子 |  2018.02.02(金) 15:29 | URL |  【編集】

新規コメンター大募集!

バージン★ママ読者の皆様へ

我ら三銃士?のカキコの回数が目立っておりますが、どなた書かれても、観音様のような順子様は必ずレスをくださいますよ。

順子様の執筆意欲増進のためにも是非よろしくお願い申し上げます。

ニューカマーの方も心置きなく、開陳してください。
お待ちしておりますよ~~。

PS.順子さまは開チンの方が嬉しいかな?
伊集院 |  2018.02.03(土) 01:04 | URL |  【編集】

はじめまして

順子様、皆様、こんにちは。
はじめまして、柚葉と申します。

伊集院さんのコメントを見て、思い切ってコメントさせていただきました。

去年の夏頃、順子様のブログ
「バージン★ママ」に出会い、それからずっと、読ませていただいてます。

順子様ならではの、言葉の表現が、神秘的で、艶やかなところがとても好きです。
ドキドキしながらも、引き込まれてしまう
順子様の魅力は、文章だけではなく、現実でもすごそうですね。

コメントされている、皆様のお話を聞くのも楽しみです。
博識でありながら、気遣いもできる方たちばかりで、順子様とのキャッチボールが読んでいて気持ちがいいです。

また寒くなってきているので、お体ご自愛ください。
はじめてのコメントで、慣れてなくて、
本当にごめんなさい。
応援しているので、執筆頑張ってください。
柚葉 |  2018.02.03(土) 11:14 | URL |  【編集】

柚葉さん、ありがとうございます!

コメント、それも初めてだと結構緊張しますよね。どこの誰かはわからないのにね・・(^_^;)

brave heart ありがとうございます。これ以上のコメントは、きっと順子さまからいただけるでしょう。

更なるニューカマーも後に続け~~(^_^)/
伊集院 |  2018.02.03(土) 22:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/322-59b67964

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |