FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

みどりさんの彼と4

2018.01.25 (Thu)


抱きかかえられるようにして、
みどりさんが準備してくれていた和室の部屋に運ばれました。

一度、身体を合わせると、女って弱いですよね。
おっきな声出して、抵抗できたはずなのに、
ゆっくりと清潔なシーツに寝かせられると、
私、諦めたようにして、裸の身体を横たえたのです。

02245.jpg


彼、私の太腿をゆっくりと開き、腰を押し付けてきました。
両手で顔を覆って、もう、逃れられない、その時を待つしかありませんでした。

恥ずかしくて閉じようとした両足、改めて広げられると、
その付け根に彼の熱いものがあてがわれ、
バスルームのときと同じように、硬く、太く蘇ったもの、
少しずつ、私の秘唇に埋め込まれてきたのです。

そんな、二人の繋がり合おうとしているところ、彼、見下ろしながら、
「狭いんだ」って、独り言のようにつぶやき、
奥にまで届かせた自分のものをヒクつかせながら、
私の身体の中を、味わっているようにも思えたのです。

se461s.jpg


二人の性器が、しっかりと繋がり合い、
身体の一番奥に彼のものが突き当たるのを感じて、私、大きく仰け反りました。

そのたわわに揺れる乳房を、彼の両手が包み、
脹れた乳首を太い指先が挟み込んで、揉み続けていました。

02802992-s.jpg


「たまならい身体してるんだ」
ゆっくりとした彼の腰の動きに誘われるようにして、
私、それに誘われるように、上手に腰を振り始めていました。

こころとは裏腹に、身体の方は、
自分ではどうしようもないように、させられていたんでしょうね。

無題1


みどりさんがすぐ隣の部屋にいるっていう、
そして、その彼に抱かれているという異常な状況が、
私をそうさせたのでしょうか、
拒みながらも、僅かの間に、悦びの予感を感じ始めていました。

彼の逞しい腰に太ももを押し開かれ、
そして、早くなったその腰の動きに合わせるようにして、
私、身体を悶えさせながら、悦びに昇り詰めること、素直に、彼に告げてしまったのです。

それと同時に、それまで以上に、彼の腰、強くえぐるように押し付けられると、
「俺も!」って、慌てるように逞しい身体を倒してきた彼。
その、彼の広い背中を懸命に抱きしめながら私、
「一緒に!」って、思わず、そう、言ってしまったのでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


彼の本当の恋人が、近くにいること、そのこと考える余裕はなかったんですね。
二度目だというのに、
驚くほとたくさん、自分の身体に注がれ始めた彼の印、
残らず全部出して欲しくて、
私、桃色に染まった身体、浮かすようににして、腰、振っていたのです。


02291.jpg

関連記事
15:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

二回目は確信犯ですね(笑)

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
またまた、仕事の合間に覗いたらアップされていて股間が厚くなり困りましたよ。
この高まりをいつか順子さんの手でおさめてくださいね。

一度目は多少なりとも抵抗したものの、セックスの喜びをしった若い肉体は傍若無人にふるまう男根に魅入られ、抗うことを諦めむしろ楽しもうという背徳の選択をされたのですね。友人が寝ている横で、、、

表の顔は良家の子女、裏の顔は(indecent behavior)な女子ですね。
若い時の順子さんに会いたかった!

続きも楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.01.25(木) 16:58 | URL |  【編集】

楽太郎さんごめんなさい

私的には、順子の成長過程を知る上で読ませていただいてますが、興奮するのは、旦那さんがいて、お子さんもいる中、他人の精液を受け入れるお話に興奮しますし、私のも受け入れてもらいたいと思うのであるのです。
わんぱく |  2018.01.26(金) 05:47 | URL |  【編集】

順子さんの手でおさめてください

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、私の手で、どんな高まりをおさめるんでしょうね。ふふ。
ごめんなさい、何もしてあげられなくて。

本当に、当時のこと思い出すと、
お勉強のことは当たり前だとして、
後、男の人とのこと、いつも、こころにあったの、
恥ずかしいけど、正直なところです。

思うに、これまで、男の人のことで、
満たされていなかった時期って、なかったように思います。
それが、いいことなのか、そうでないことなのか、
分かりませんが。

若い時の自分に逢うことができたら、
その時の自分に、今の自分は何て言うんでしょうか。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2018.01.26(金) 15:15 | URL |  【編集】

私のも受け入れてもらいたい

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

女としての身体とこころが、
成長していく過程でもあった学生時代のお話。
確かに、今とは違う抱かれ方だったんだろうなぁって、そう、思います。

大切な夫以外の男の人と、人妻である私とのこと、
わんぱくさんはお好きなようですけど、
よろしけれれば、若い時のことも、
読んでみてくださいね。

わんぱくさんに抱かれる私。
いつか、そんなときってくるかもしれないですね。
優しくしてくださいね、楽しみにしています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。

順子 |  2018.01.26(金) 15:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/321-a3cdad51

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |