FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

みどりさんの彼と3

2018.01.22 (Mon)


パーテイー、お開きになって、後片付け。
思ったより早く終わったんですけど、みどりさん、ベンチから立てなくなってました。
珍しいからって飲んでた、バーボンっていうお酒がいけなかったのかもしれませんね。

dc052026バーボンチョコ


今夜は、みどりさんのところに泊まらせてもらう予定だったので、
一緒に帰ろうとしたんですけど、彼女の脚がふらついてとても無理。
当たり前のように、みどりさんの彼に、一緒に連れて行ってもらうことになったんです。

みどりさんの実家は大阪だから、通えないこともないのに、
学生には贅沢な3DKのマンション。

033_外観(夜)_Y_535


彼と私とで、抱きかかえるようにして、部屋に運び込むと、
ベッドに寝かせました。

彼が部屋から出て行くのを見計らって、
みどりさん、身体締め付けてるときついだろうと思い、
ブラ外して、パジャマに、着替えさせてあげたんですよ。

4b528ee6-s.jpg


彼もいるから、私、一息ついたら帰ろうとも思いましたが、
みどりさん、隣の部屋に、私が泊まる準備してくれているからって、
彼がそう言うから、シャワー浴びることにしたんです。

脱衣場で裸になると、
バスルームで細いシャワーの飛沫を身体に浴びました。

012123.jpg


バーベキュー会場でいたずらされて、
なんだか潤ってしまっていた身体に、シャワーのお湯、気持ち良かったのに、
かちって音がして、ドアが開いたんです。

きゃって、声が出ました。
だって、何も身に着けていない、裸の彼が入ってきたんですもん。

両手で、胸を隠しましたよ。
けれど、隠しきれないふくらみと乳首、彼に見られたのは明らかでした。
それに、彼の身体から突き出た男の人のもの、
おへそに付くくらい、おっきくして跳ね動いていたんです。

04020160-s.jpg


「すぐに済ますから」って、彼、私のこと、抱き寄せると、
太腿に、驚く程熱い彼のものが触れて、私、震えました。

親友と言ってもいいほど仲の良いみどりさんの彼、
その彼と、こんなして裸の身体を寄せ合っているなんて、
絶対に、駄目だって思うのは、当然ですよね。
なのに、彼、私の片方の脚の裏を、バスタブの縁に乗せると、
腰、押し付けてきたんです。

開いた太ももの付け根に、
彼の男の人のものの先が、あてがわれたことがわかりました。

私、髪を激しく揺らして、彼の胸に当てた両手に力を入れて抵抗したのに、
あぁ、私の身体、彼の熱いもの、
一気に身体の奥にまで、迎え入れてしまっていたのです。

020109.jpg


男の人のもの、奥にまで届いたことが知らされた私、
仰け反って顔を上げたところに、彼のくちびるが重なってきて、
探し出された舌を吸われたのです。

01313.jpg


「なんて、絞まるんだ」
そう、唸るように言った彼の腰が、乱暴に振られました。
潤いが足りないだろうと思ったのに、
私の身体、彼のものをもっと奥にまで誘うように、おびただしい蜜液を滴らせていたんです。

ごめんなさい、みどりさん。
私のいけないのよ、彼のこと、もっと、しっかりと拒めなかったから。
胸を揉まれながら、唾液を吸われながら、
私、彼の首に両手を回して、されるがままに、抱かれ続けられたのでした。

「駄目だ!」
そう、小さく言うと、彼、それまで以上に、強く腰を押し付けてきました。
彼のおもむくままに、身体の奥に男の人のもの、注がれることがわかると、
私、思わず、彼の逞しい腰に両手を当て、
その液を迎えるために、嫌らしく腰を動かしていたんです。

頭の中が真っ白になるような悦びを感じ、
それまで以上に、私の身体の中で膨らんだ、彼の男の人のものが何度も跳ね、
おびただしく温かいものが、奥の肉壁に注がれたことが分かったのです。

名残惜しそうに、私の中で脈付きながら動き続けている彼のもの、
その動きに誘われるようにして、
彼のものを咥えこんでヒクついている私の秘唇から、
温かい男の人の液が、少しずつ滴ろうとしていました。


関連記事
15:12  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

これは興奮しますね

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
今仕事の合間にふとのぞいたら、更新頂きありがとうございます。先のコメでもしました通り、雪大変と思いますが、お気を付けくださいませ。

さて、これは凌辱!ですね。けど若い順子さんもセックスの味をわかりだした時なので、心で拒否しても、跳ね上がる若い肉幹に翻弄され、男印を受け入れたのですね。

私も若いときに彼女の友人を同じくしたことを思い出し、興奮してます。
けど、中だしはなかったなぁ…
4もあるのでしょうか?楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.01.22(月) 16:06 | URL |  【編集】

やはりいいですね。

こんにちは。
今年も定期購読させてもらいます。
やはり上手いですね。
では。
海原 |  2018.01.23(火) 11:38 | URL |  【編集】

セックスの味をわかりだした時

楽太郎さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

楽太郎さんがおっしゃるように、
大学生になって、初めて男の人のこと、
迎えた時期、だんだんとそのこと、
身体が知り始めた時だったのかもしれませんね。

あぁ、楽太郎さんにも、こんな経験あるんですね。
若い時って、そんな過ちって、どうしてもあるんでしょうか。
異性の身体を欲しがってしまう、年頃ですものね。

数日前から、こちらは荒れた天候です。
まるで、台風のようです。
どこにも出かけないで、暖かなお家の中で、ごろごろしています。

コメントありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2018.01.24(水) 09:37 | URL |  【編集】

今年も定期購読

海原さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

褒めていただいて、ありがとうございます。
昨年のこと、なかなか、書き進められなくて、
書き溜めていたもの、読んでいただいています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.01.24(水) 09:40 | URL |  【編集】

雪だるま

こんにちは。
今年の冬は、北陸地方の雪は大変そうですね。
金沢の見所、オススメありますか?
海原 |  2018.01.24(水) 12:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/320-0ae37e40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |