FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

立山への旅6

2015.05.26 (Tue)


標高977mの美女平。
五月だっていうのに、思っていたよりも寒かったです。
私、先生に肩を抱かれながら、パパたちに近づきました。

「ご主人に、痴漢されちゃったわ」って、笑みを浮かべながら奥様。
「えっ!」
「ケーブルカーの中で、お尻、触られちゃったの」
「あれだけ混んでたら、しょうがないよ」って、先生、助け舟。
「乗ってる間、ずっとよ。スカートだったら、危なかったわ」
「パパ、駄目よ、失礼なことしちゃ」
そう、言ってパパのこと、にらんだんです。

09chikangt_uv_elocus.jpg


「まぁ、いいじゃないですか、だったら、僕も、そのくらいいいのこと良いのかなぁ」
「ええ、かまいませんよ、ねぇ、順子」って、パパ、私のこと、見たんですよ。
良いはずないでしょ、パパの奥さんは私でしょって、思いましたが、
「じゃぁ、旅行中は、順子さんのこと、私の奥さんと思って良いんですね」
「ええ、そうしましょうか、いいよね、」って、嬉しそうにパパ。

まぁ、そんなこと、殿方だけで決めたら駄目よって、
でも、その時、先生のコートのポケットの中にあった私の手のひら、
一緒に入れられていた先生の手に、ぎゅって、握られたのでした。
まるで、そのことが決定したように。

5221859997_9c8cc5eb3f_zs.jpg


美女平から、楽しみにしていた室堂へは立山高原バス。
当たり前のように、私の隣には先生が座りましたが、
バスの中は暖房が効いていて、ぽかぽか。
コートを広げて、二人の膝に掛けてくれました。
珍しい缶に入ったワイン、いただきました。
昼間からお酒って、やっぱり、旅行の醍醐味、美味しかったですよ。

img19.jpg


そうしてるうちに、先生の左手、二人の膝に掛けてあるコートの中、
忍び込むように、私の太腿の内側に這ってきました。
暖かいバスの中、ワインの酔いもあって私、
窓の外の景色を見ながら、そんな先生のいたずら、そのままにしていたのでした。
爽やかな高原の空気が、バスの中の私たちにも感じられるようだったんですけど。

Dsc_5252_m.jpg


ウールのパンツだったから、気付いても、余り心配してなかったのに、
段々と両足の付け根のところまで、這い上がってくると、
恥ずかしいところで、動き始めたのです。

後ろの席に座ってるパパたちには、もちろん、分からないと思いましたが、
その分、先生、大胆だったんでしょうね。
両足の間に滑り込んだ先生の左手、
丁度、恥毛の上あたりから、もっと下に潜りこんで、摩り始めたのです。
もちろん、私もコートの中に手を差し入れて、先生の手、拒みましたよ。
でも、先生ったら、後の席に気を遣いながら、
「好きにさせてね」って、私の耳元に口を寄せて、熱い息の中で、そう、言ったのでした。

厚手のパンツの上からだから、素肌に感じるようではなかったけど、
それでも、そんな恥ずかしいとこ摩られているってこと、
やっぱり、たいへんなことでした。
先生のいたづら、コートの下で隠れてて、
うたたねをしている横の席の人にいる、品の良いご年配のご夫婦にも、
全く気づかれる様子もなかったし、
嫌らしい手の動き、先生のしたいように、動き続いたのです。

そのうち、パンツのファスナーの取っ手に、手が掛かり、
そして、それ、引き下ろそうとしてるの、分かったのです。
流石に、駄目だって、思いました。
そんなこと、許せるはずないじゃないですか。
幸い、先生、暫くそんなことしてましたが、私が協力しないことで諦めたみたい。
ふぅ、良かったわ。

先生のいたづら、やり過ごせたって思っていたのに、
暫くしたら、また、右手握られると、
その手を、膝に掛けていたコートの下に引っ張り込まれました。

きゃっ、って、声が出そうになりましたよ。
だって、先生、いつの間にか、ご自分の男の人のもの、
ズボンから、出してたんですもの。
私が、窓の外の景色に、見とれていた間に、そんなこと、しちゃったんでしょうね。
相変わらず、隣の席のご夫婦は、顔を寄せ合ってお昼寝中だし、
後ろの席のパパたちにも、分からないだろうけど、
やだぁ、困るわ。



先生、自分の男の人のものに、私の細い指を絡ませると、
ゆっくりと動かし始めました。
驚く程熱い、先生の男の人のもの、
びくびくって、脈打って、私、目を閉じて、されるがままに、
手を添えているしかありませんでした。

僅かの間に、自分の手が、ぬるぬるとした先生の液で、濡れるのがわかりました。
人妻ですから、どうすれば、男の人が喜ぶのか、知ってるし、
昨日の夜、先生のこと、思いながら、恥ずかしいことしてたこともあって、
もう、仕方のないことのようにして、
先生にされるがままに、それ、絡ませた手を、ゆっくりと動かし続けたのです。

桃色の吐息が、自分のくちびるから、漏れ出すのが分かり、
潤んだ目を、窓の外の流れ去る景色に移したのです。

薄桃色のくちびるを、そっと、分けるようにして、
先生の太い男の人のもの、お口の中に入ってきました。
私、待っていたかのようにして、その先に、舌先を絡めたのです。
私のお口の中の温かさを楽しむようにして、
ゆっくりと、先生の腰が動くと、私、できるだけ良くなってもらえるように、
少しむせながらも、喉の一番奥にまで、それ、咥え入れて、
先生のものに添えていた指の動き、少しだけ早くしました。

150109a_as036tn.jpg


うっ! 言う、先生の曇った声が聞こえると同時に、
先生の男の人の液、私の喉の奥に、弾き出されました。
それは、驚くような量と強い匂いでしたが、
むしろ、私の身体が、欲しがっていたのかもしれませんね。
私、慌てるようにして、手の動きを早めると、
出来るだけたくさん出してもらえるように、
舌先を絡めながら、髪を揺らしたんです。
粘りの強い先生の男の人の液が、ゆっくりと喉を伝うがわかり、
私、懸命にそれ、飲み下していたのでした。

5ec78051-s.jpg
関連記事
14:42  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/312-4385a7cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。