FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

立山への旅4

2015.05.20 (Wed)


眠たくなったわって、少し早目に部屋に帰った奥様。
それから暫くして、先生も、残っていたお酒飲み干すと、腰を上げたんです。
パパ、ベッドに腰掛けると、
「先生からのお酒、美味しかったから、少し、飲みすぎましたよ」って。
私が先生のこと、ドアまで、お送りしました。

誰もいないホテルの廊下、
「順子さんのこと、思いながら、今夜はやすみます」って、笑みを浮かべながら先生。
そっと、私のこと、抱き寄せ、腰に手を回してきたんです。
浴衣越しに、先生の身体の温もりが感じられました。

もし、くちびる、求められたら、私、どうしてたのか、自信ありませんでした。
けれど、先生、名残惜しそうに私の身体から離れると、
ゆっくりと、背中を見せたのでした。

00324.jpg


テーブルの上、簡単に片づけ、ベッドの傍らに行くと、
やだぁ、パパ、もう、寝てるわ、さっきの続きどうするのよ。

仕方がないから、私、隣のベッドに横になって、
楽しかった今日一日のことを思いました。
五月の爽やかない新緑、美味しかった昼食。満足できた旅行初日だったのです。

でも、さっき、ちょっとだけだけど、大好きなもの、パパから入れられて、
そして、今日、逢ったばかりの先生たちに、胸、見られて、
なんだか、身体、火照っていることも、感じられました。

15.jpg


私、隣のベッドで小さな寝息を立てているパパに気付かれないように、
そっと、浴衣の胸元を開くと、左手を滑り込ませ、
今だけは、自分ひとりのものである乳房に、手のひらを被せたのです。

ゆっくりと揉んでみると、身体の奥から、淡い快感が広がり、
硬く膨らんだ乳首に、指が触れると、その快感が、更にはっきりとしたものになりました。
私、ひとつ小さな息を吐くいて、右手を下着の中に滑り込ませ、
さっきから膨らみ始めていた柔芽に、指をあてがったのです。

01d561d8-s.jpg


溢れだした蜜液にしっとりと濡れた指先で、いくらも擦らないうちに、息が弾んできました。
右手の指先で柔芽を、そして、左の手のひらで、右の乳房を、
狂おしく自分の求める桃色の悦びに向かって、上手に指の動きを続けたのでした。

1240-23s.jpg


ごめんなさい。パパがすぐ隣にいるっていうのに。
そう思いながらも、悦びは、自分が求めた通りに、あっけなく悶える身体に訪れました。

けれど、目の前がまっしろになるような頂の寸前で、
その瞬間に思い浮かんだのは、思いもよらず、
さっき、ドアの向こうでそっと抱き寄せてくれた、
そう、先生の優しい手の温もりだったのです。

穏やかで、端正な先生の顔と、優しい笑みを思い浮かべながら、
傍らにあった清潔な枕の端を噛むと、
私、自分の身体の求めるがままに、桃色の頂きに昇り詰めて行ったのでした

150110e_0008-580x386.jpg


関連記事
18:52  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

密かに思う極み・・・

パパとの愛の続きを期待していたのに
お酒を飲み過ぎて寝ちゃいましたね(-_-;)

順子さんの火照った体を鎮めるのに
勝手に体が反応して自分でまさぐって
しまうほど順子さんの体は欲しがって
いたのですね(^_^)もし先生に求められたら唇だけではなく、
そのまま体をあずけていたかもしれませんね(^_^;)

すぐに頂きに達して浮かんだのが先生
だったんですね順子さんのオナニー姿
目に浮かびます(^_^)お酒を飲んだ後の
女性の肌ってうっすらとピンクがかって
とてもセクシーですから想像してしまいました。
あきら |  2015.05.23(土) 13:35 | URL |  【編集】

そのまま体をあずけていたかも

あきらさん、こんばんは、
コメント、ありがとうございました。
お久し振りでしたね。

えぇ、旅行先で、お酒も飲みすぎて、
私、危なかったです。
恥ずかしいけど、
自分で、自分のこと悦ばせるの、
今でも、時々、しちゃうんですけど、
この日の夜は、
なんだか、先生に、ちょっとこころ惹かれてて、
危なかったですね。

そうかもしれませんね。
主人、白い肌が素敵だって、
若いときから、そう言ってくれています。
酔ったときは、
また、いい色に染まっているかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
この後も、ちょっと、たいへんでした。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2015.05.23(土) 21:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/310-60865dd6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |