FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

立山への旅2

2015.05.14 (Thu)


ダウンロード


ツアーだったから、広いレストランでバイキングでの夕食。
でも、蟹やお肉がいっぱいで、パパ、大満足だったみたい。
それに、お昼から親しくさせて頂いていた、
福岡からのご夫妻とご一緒に、食事、楽しみました。

53900061000000118.jpg


「お綺麗な奥様で、羨ましいですね」って、ご主人。
「いえいえ、そちらの奥様も、素敵でいらっしゃる」
お互いの奥さんを褒められて、二人とも、嬉しそう。

「先生、ハンサムだから、奥様、ご心配ですね」そう、パパ言うと、
「そうなんですよ、教え子の女子高校生にまで、手を付けるんだから」って、奥様。
「えっ!」
私たち驚いて、顔、見合わせました。
すると、奥様、可笑しそうに笑顔見せて、細い指で、自分のこと指差したんです。

jj292.jpg


いくらか、歳の離れたご夫婦だって思ってましたが、
話を聞くと、奥様、ご主人が若い時に担任した生徒、
在学中からお付き合いが始まって、奥様が短大を卒業してから、結婚されたそうです。

「私が、主人にメロメロだったの」
そう言うと、奥様、ご主人の横顔をご覧になりました。
上を向いたご主人、微笑みが見て取れました。

「まさか、女子高生の奥様と」
「私の方からどうしてもって、まだ、子どもの身体で痛かったけど、嬉しかったわ」

jk623s.jpg


ちょっと、呆れちゃいましたが、それでも、好きなのは仕方がないから。
ご主人も周りのことより、やっぱり、奥様への愛情を優先されたんでしょうね。

二次会を、私たちの部屋でって、主人が誘うと、
気持ちよく応えていただき、時間を約束して、一度解散することにしました。

二人が来られるまで、暫く時間があったんで、
その間、二人でお風呂に入りましたよ。
食事前に、大浴場に入っていたので、
さっと、汗、流すだけのつもりで湯船に浸かったのに、
主人も、浴室に入ってきたんです。

湯船の中で、私を身体の前にだっこして、身体を擦りあわせるパパ。
耳元や首筋に、くちびるが這い回ります。
二次会の後、二人だけの夜が楽しみ、そう思ったのに、パパったら、
私の胸、ゆっくりと揉みながら、
「綺麗な奥さんだよね」だって、駄目でしょ、そんなこと言っちゃ。

cf148b24-s.jpg


バスルームから出て、浴衣着ようとしたのに、
パパ、ベッドの横で裸の私のこと、離してくれないんです。
「ちょっと、いいだろう」って、
後ろから、両手で私の胸揉みながら、腰を押し付けると、
自分のものの先で、私の秘唇を探し始めたんですよ。

駄目! そんなしたら、欲しくなっちゃう。
私、そう、思いながらも、息を乱しながら、パパがしたいように、腰を振ったのでした。

あぁ、パパのもの、入ってきた!
おっきなもの、私の柔らかい私の肉の奥にまで届いて、
その瞬間、鋭い悦びが、私の身体を襲いました。

01948.jpg


桃色の声を出しながら、がくがくって、腰砕けになりそうになったけど、
その時、
ピンポンって、ドアのチャイムが鳴ったんです。

二人、慌てて、浴衣着ましたよ。
けど、私、ショーツは着けたけど、ブラまではとても無理。
素肌に浴衣羽織って、髪、撫でつけました。

関連記事
17:33  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/308-56f6b788

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。